第十二話 厨房の珍事件


 あむあむ。スピカとルナは無言で包装紙のテリヤキバーガーを食べる。

 二人とも、恐い顔で、お互いの食事シーンを見ようともしない。


 俺は焼き魚を箸で食べて、すごいと驚いた。味の再現度が現実と限りなく近い。満足度はむろん得られないが、味はよろしい。


 待ち時間が省略された焼き魚定食とテリヤキバーガーはすぐに届けられた。今、俺ら三人は食事中だ。


「味がいいね? ハンバーガーも美味しい?」


 俺が聞くと、こくりとスピカが頷いて、ルナも小さくコクとする。しかしまたルナの顔がくしゃとなり、テリヤキバーガーを食しながら、うえぇ、と泣いてしまった。泣き方が完全に幼稚園児のあれである。


 恐らく、妹よりも兄の質問に対する反応が遅れたのが嫌だった。スピカの方は知らんぷりを演じていたが、やっぱりこらえきれなくて涙がぽろぽろした。


 姉妹喧嘩は特に珍しいことじゃない。毎日、喧嘩している。勃発の理由がテリヤキバーガーというのも、とても愛らしい。


 しかし、店内のプレイヤーたちが、まるで正月のお日様でも拝むようにシーーーンとご静聴してくる。おい、普通の人間を呼べ。俺のリアルが消える。


 その時、厨房からどよめきが聞こえた。他のプレイヤーはこの展開に覚えがあるのか、ほぼ知らんぷりでこちらをじっとり眺めたままだ。ギョッとているのはこのテーブルの俺、スピカ、ルナくらいである。状況が異様すぎるわ。


 ちなみに三人にはステータスのバフがかかっていた。


 俺が《観察力UP》妹スピカが《集中力UP》姉スピカなんて《釣り吉》とか、まず今夜は使わないスキルになりますます不機嫌になる。


(たたた、大変だわ? スノウラビットのお肉が焦げちゃった!)

(在庫はないのか!)

(ないないな〜い! ぜ〜んぜん、ないわ〜〜っ!)


 演技がすごすぎてミュージカル風になっている。

 ぱたぱた厨房から出て来たのは、さっきのにゃんこウェイトレスである。ぱっ、口に片手を当て、ぐる〜と首を回して俺らを見つけた。走るのも大股でふざけてんのかと勘違いする客もいるぞ絶対。大雑把なモーションである。


「あなた方、そこのお兄さんと双子ちゃん!」


 ところで、ここにいる全員が兄と双子である。このイベントは初心者に対して起こる確率の高いもので、俺ら以外、全員が知らぬ顔だ。その全ての目玉がこちらに向いたままで、緊張感が並みのボスバトルを超過している。平常心で飯を食えない。


「どうしたのですか!」


 動揺しつつまじめなスピカが応答する。こういうところ、お人好しだ。


「スノウラビットのお肉が焦げちゃったの。その、取って来てくれない?」


《→はい》


「わかりました!」


 銀の前髪をフワとして、正義の目でスピカは二つ返事で了解した。


《→なぜ自分らに?》


 選択肢を選び、妹スピカは質問を続ける。


「どうしてわたしたちのもとに?」


 目をにっこりして、にゃんこウェイトレスは照れ笑いした。


「えへへ? だって、うさぎさんみたいにかわいかったし!」

「あ、あはは〜っ?」


 とりあえず笑っておくのやめろ。世渡りが上手。


「だって、にぃに?」


 ともかく俺の右腕を抱くスピカである。むにっ、おっきいおぱいの質感はとてもリアルだ。


 すると、左のルナが悲しげな目でこちらを見てくる。

 また、泣かれてしまっては大変だし。かといって構ったら今度はスピカが勘違いするかもしれない。


 だから、俺はルナの目を見て、にっこりした。笑うのはあまり得意じゃないが、有効なシーンで活用していく。


 みるみるルナは真っ赤になって、自分の金髪ツインテの尾でお顔を隠した。かわいいモーションだ。


  to be continued...

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます