およげ、おっさん!

作者 春川晴人

56

20人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

9月になったら、削除してしまうと、作者さんが近況ノートでおっさっていた。
ところが、10月、たまたま立ち寄ってみたら、おっさんのセカンドシーズンが開始されていた!

おっさーん――なんでおっさんなんだよ。
怒らないでね? わたくし小さいおっさんの話はよく知らないです。
でも、グッピー使いのおっさんはハイスペックですてき。

おっさーん!
残暑の酷暑に、グッピーの水槽に飛びこむおっさん。
なんならアニサキスも退治してくれちゃうおっさん。
もう、愛おしいな。

★★★ Excellent!!!

 シュールレアリスムの代表格である、ルネ・マグリット。もし絵画ではなく小説を書いたとすれば、まさしく今作のようなお話になるのではないだろうか。
 もちろん、サルバドール・ダリのほうが合点がいくと思われるかたもいらっしゃるかもしれない。それほどインパクトのある作品である。わずか500文字でこれほど面白さと滑稽さ、そして衝撃を与えてくれるお話を書かれる春川さまには、もう脱帽しかない。