第32話 検証

思いついたら直ぐに実行だ。


死体の腕を投げつけてみるとは、我ながら馬鹿なことを考えたものだ。

俺も冷静ぶっているだけで、内心焦っているのが見え見えではないか。

まぁ、誰も見ていないが。


「すいません、少しお借りします」


手を合わせて謝りを入れると、近くで潰されていた冒険者らしき死体から左腕を拝借する。


人の死体はアニメやドラマで観てきたものとは大違いだ。

血の臭いは鼻に付くし死体のグロさ、その他諸々の悪感情に吐き気がしてくる。


「っくーーーっんぐ!」


口の中に戻ってきたモノは無理矢理飲み込んで、歯を食いしばって我慢する。

ーーまだ気持ち悪い。が、今は気にするな。いや、気にするなって言っても無理なのだが……耐えろ、俺!!


「っん、ふぅ」


OK、落ち着いた……かな。


今も握っている腕の感覚が気持ち悪いし、とりあえず投げるか。

実験だ、実験。

死者を冒涜するなとか言われても関係無いんだ。勝って生き残る為なんだ!


建物の陰から出て血の滴る腕を振りかぶる。


「イッケェーーーーーーぇっ!!!」


ーー

ーーー

ーーーーグチャッ!


全力で投げられた腕は綺麗な放物線を描いてとんでいき、地面に落下した。


単純に距離の問題で届かなかった。


アヌビスのガラス玉のような目がギョロリとこちらを向く。


「ひっ?!!」


俺は直ぐに建物の裏まで逃げ、隠れた。

息を潜めて、身を縮める。緊張感から自分の心拍数が上がっていくのが分かる。

しばらく隠れていると、大した脅威では無いと判断したのかアヌビスはミーネとの戦闘に意識を向けたようだった。


俺は静かに広場を離れた。

黒腕が追ってきていないのを確認して足を止める。


「はぁああ……無駄に疲れた」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます