第5話 魔法行使

まず前提として、魔法とは世界の真理を捻じ曲げて発動する力のことらしい。

スキルという物もあるが、こちらは世界の真理に認められた、正当な力だと書いてあった。

しかし、それを知ったところでどうもしないのだ。

どうせ、宗教的な概念だろうし、この事は忘れてもいいだろう。


上例のような前置きを流し読みして、魔法の使用方法や威力、詠唱などの項目を念入りに読んでみた。


結果、幾つか分かったことがある。

1つ、この本には雷魔法の記述がされていないということだ。

つまり、記述が無いということは、詠唱が分からないということだ。


2つ、これは前のことが原因となることだが、詠唱が分からないと魔法が使えないのだ。

しかし、決して手がない訳ではない。


魔法とは、基本は体内の魔力を代償に発動しているらしい。

詳しいことは記述されていなかったが、使えば使う程、体内の魔力総量は上がっていくらしい。

ただし、増加する魔力総量の上限は人によって決まっているとのこと。

初級魔法1発程度の魔力しか持っていない者から、上級魔力を何発撃っても魔力が枯渇しない者まで、上昇率はピンからキリだ。


そして詠唱。

詠唱という行為自体は何の意味もないらしいが、この詠唱に魔力を乗せることで効果を発揮する。

例外もいて、詠唱自体を必要としない者が稀にいるのだとか。

俗に言う『無詠唱魔術師』だ。

俺はこれを目指すことにした。


この本によると、無詠唱魔法は詠唱ではなくイメージに魔力を乗せるのだと言う。

そう聞くと簡単に思うかもしれないが、それは否である。

ここでいうイメージは、単に『見たことある』とかではダメなのだ。

正確に意識する能力や集中力、メンタル的な部分も関わっているからこその“稀”なのだ。


俺は本を閉じて目を瞑る。


考えていても仕方がない。

早速、無詠唱魔法を試してみることにした。


(雷、雷のイメージ……電撃的な?)


何も発動する気配がない。


ーーーーー


この後も数回試してみたが、特に何か起きることもなかった。

発動する気配すらなかった。


だが、俺は諦めんぞ!

異世界と魔法はラノベファンのロマンなのだ!


この日から、魔法の練習が俺の日課となった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます