東京ロンリー

作者 陽子

19

7人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

久しぶりに感じた、この感情。これをなんと表現すればわからず、ただだらけたレビューになってしまいそうで怖い。
まず、俺はこの作品を見る前にエアコンの温度を二度下げた。
そんなことは意味なかった。
ただ、暑い。熱い。

自分で自分の感情を表現できないのはとても癪に障るが、ただ心臓を掴まれているような息苦しさと、読後の安堵と、何かに追われているような焦燥感がある。
この感情の表現のしようがない。
だから、他の人にそれを表現してほしい。俺の代わりに。

この物語はそういう話だ。

★★★ Excellent!!!

舞台は民主主義が廃止され、政変された日本。
人を人とも扱わない社会の中で、少年が悲運の中、立ち上がるというお話。

意外性があり、予測をさせない展開になっています。
思わず登場人物に想い入れをしてしまうような構成になっている為、彼らの心情には心に来るものがあります。

彼らの行く末を共に眺めに行きたい。
そう強く思える作品です。