カクヨムの天使

作者 菊地徳三郎

怖いのは作家自身

  • ★★★ Excellent!!!

私は運が良いと思う。
小説というものを書き始めてすぐに、★がガンガン入る状態というのを経験した。

嬉しいというより怖かった。
あの時怖いと感じたからそうならずに済んだだけで、もしもあれが無かったらこの主人公と同じようになっていたかもしれない。

★が入る、レビューが入る、うれしくなって何度も何度も確認して、反応が無いと何度も何度もページをリフレッシュする。
それだけで一日が過ぎて行ったら、それはもう作家じゃなくて廃人だ。

究極のところ「書きたいから書いている」のだけれど、書いたからには「読んで欲しい」のがクリエイターだ、それは誰にも等しくある欲求だろう。当然私もその例に漏れない。
問題はその欲求を作家自身が制御できるかどうかだ。
言い換えるなら、欲求を制御するか、欲求に制御されるか、だ。

それを決めるのは他でもない、作家自身なのだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

如月芳美さんの他のおすすめレビュー 693