カクヨムの天使

作者 菊地徳三郎

物書きの心の奥に潜む怪物を見事に表現!

  • ★★★ Excellent!!!

 山があるから登るというように、書きたいから書く。それだけで評価は全く気にしない、という人もいらっしゃるかもしれない。けれどやはり多くの物書きは、読んでもらいたいから書くのでしょう。物書きの書きたい気持ちと、読んでもらいたい気持ち、評価を期待する気持ちが赤裸々に綴られています。
 その化け物に囚われすぎないように折り合いをつけて自分の作品を書いていきたい。と改めて思わせてくれるさくひんでした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

楠 秋生さんの他のおすすめレビュー 479