カクヨムの天使

作者 菊地徳三郎

132

48人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

書き手の心に棲む魔物。
自分自身にすら理解ができない、それでいてどうしようもなく自分を突き動かす、恐ろしい魔物。
その生々しい姿が、この物語の中にはっきりと描き出されています。
主人公が取り憑かれていくその心理状態は、書き手としてあまりにもリアルで……背筋が寒くなる思いがします。
そして、そのラストの衝撃に、脳が強烈に揺さぶられる。
脳の奥で、何か巨大な振動がずっと続いていくような余韻が、いつまでも残ります。

物を書く人には、ぜひ読んで欲しい。
——そして、読み手の方にもぜひ知って欲しい。書き手が心にどのような魔物を棲まわせながら、一つ一つの作品を書いているか。

小説を愛する全ての人に、強く勧めずにはいられない作品です。

★★★ Excellent!!!

 「小説」という代物が、紙媒体からネットに移行して久しい。
 劇的に変わったのは舞台だけではない。
 素人でも、自分で書いた作品を世間に公表できるようになった。

 本作は、そんなweb投稿小説の妙を、たった二話でこれ以上ないほど絶妙に捌いてみせる。

 (ここから、ア・リトル・ネタバレ)

 私が脚本家養成校に通っていた頃、講師が、
「ターミネターがB級でなくA級作品になれたのは、クライマックスの後に、もう一山作ったから。トラック爆発で敵ドッカーンでgood!だったら、見向きもされない。むしろ、その後にさらに死闘を放り込んで成功した」
 と言っていた。
 本作に通ずる点である。
 主人公が”アレ”した後に、あのレビューがあるから、本作が引き締まる。
 コクのある余韻を楽しめる。

 (ネタバレ終了)

 最近、短編のレベルが上がってきたよねえと読む側に回って嬉しく思っている。
 クッソ長いラノベが長らく幅を利かせていたが、そろそろバブルが弾ける予兆かもしれない。

 「大袈裟な」って?

 本作を読んでも、そう言えますか?
 
 ……とキツイことが言えちゃうほどの名作っぷりに惜しみない拍手なのです!

★★★ Excellent!!!

カクヨムの天使、という謎の人物からのレビューから始まるお話。

ここで書かれていることは一見ノンフィクションではないかと思うほど、日常をリアルに表現しています。

私たちはいつでもこの主人公になりうる危険性を孕んでいます。
その上で私たちはどう生きるか、間違わないためにはどうすればよいか。

そんな大切なことを教えてくれる「超絶」ホラーです。

★★★ Excellent!!!

普通の人が、何かを記したい想い一つを胸にスタート出来る『カクヨム』

主人公はその中である程度の読者を得ていたにも関わらず、ある一人のレビューに翻弄され、やがてたどり着く先は……

小説やエッセー、論文から企画書まで世の中には様々な文章がひしめき合っていますが、そのどれもが根底に『認められたい』や『認めてもらわないと困る』書き手の想いが詰まっています。

かく言う私も『カクヨム』初心者……
仕組みを知り、PVで読者数を知り、いただいた星やレビューに一喜一憂する一人……『明日は我が身』とならないよう心掛けたいものです。

カクヨム初心者の方、ある程度慣れた方にぜひ読んでいただきたい作品です。

★★★ Excellent!!!

かつて夜空を眺めた時、手を伸ばしたことはありませんか?
闇の中で煌めく星々に手を伸ばして掴み取る。でも、その星は手の中に入ってはいない。欲しいと思うけど届かない。求めてやまない衝動は、人類を宇宙に羽ばたかせた。

と同時に私の中でイカロスの翼を思いだしました。

カクヨムで書いている以上、星をもらう事で歓喜するのは皆同じと思います。でも、この主人公が求めてやまないのは、たった一人の評価。
多くのカクヨム作家とは真逆の行動をとっているにもかかわらず、その事を笑う人はいないでしょう。
物事の価値は、その人が作るのです。そして、妙に頷くでしょう。

己の命を燃やして生まれた作品。
これは、強烈な力でその人に届きました。真似することはお勧めしません。ですが、作品に力を込めて送り出す。そこには自らの命を燃やして生まれる煌めきがあるに違いない。

私の中で、憧れる自分がいたことを否定しません。