カクヨムの天使

作者 カクヨムの天使

426

155人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

この物語に登場する女性は、いい意味で特徴がない。どこにでもいる、私達の分身のような人だ。
だからこそ、私達の未来がこうなる可能性を秘めているという事実に恐怖した。
彼女というより、もはや自分の未来がこの物語には書かれているように感じ、焦る様な気持ちでスクロールして読み続けた。
物語を書く人ほど、この話の結末恐ろしく、自分のことのように感じるだろうと思う。

あと、レビューにいいねできるという機能を学ぶことができました。ありがとうございます(笑)

★★★ Excellent!!!

小説を書くのが好きな主人公は、ある日『カクヨムの天使』というユーザーからレビューを貰います。
それはまさに珠玉のレビュー。
魅力的な言葉に満ちたレビューは主人公を完全に虜にしてしまいます。

あった事もない『カクヨムの天使』に夢中になる主人公ですが……。

小説を書いたことのある人ならば、きっと分かるはず。
ぜひ読んでみて下さい!

★★★ Excellent!!!

この作品は、コメント欄にある様々な意見によって初めて完成するのだと思う。これを読んで普段作品を発表する側の人間がどの様な感想を持ったのか?

自分の小説に珠玉のコメントを返してくれるカクヨムの天使。読者に翻弄される作者の心理描写にリアリティがあって、今は読者となった作家達の感情を引き摺り出す。
恐怖、共感、拒絶、そして自分の中にカクヨムの天使を見つけて自戒する者……。

私はこれを読んでいる間、作中のストーリーとコメント欄との対比が、まるでそれらを含めた作中劇のように作用し、自分を含めて鳥瞰させられている錯覚に陥っていた。

その上で自分ならどのような感想を持つのか、たまには自問してみるのも面白い。

★★★ Excellent!!!

主人公が小説投稿サイトを利用しているアマチュア作家ということで、感情移入がすんなり出来て、だからこそ恐ろしくてたまらない作品でした。
自分も一歩間違えればこの主人公のようになっていたかもしれない。
そう思うと震えが止まりません。
自分の中の見たくない部分を直接突き付けられている生々しさがありました。
主人公が狂っていく様はまさにリアルの一言に尽きます。
後編で明らかになるこの作品全体の『仕掛け』に気付いた時にはぞっとしました。
自分が狂気に染まる前に、見つけてもらいたい作品だと思います。

★★★ Excellent!!!

カクヨムで小説を投稿している主人公。
サイト内での評価もぼちぼち、いつも読んでくれる仲良しもいて満足している。仕事もまあまあ順調、特に困ったこともなく充実した日々を送っていた。
そこへ、ひとつ、とても嬉しくなるレビューが届いて……

主人公の行動は異常なのかもしれない。
でも共感出来てしまうところもある……もしかしたら私も……?

ホラーです。がつんと来ました。カクヨム利用者なら一読の価値ありです。

★★★ Excellent!!!

自分の発言や創作物に対してよりよい評価を受けたいという気持ちは、多かれ少なかれ誰の心にもありますよね。
時には公平で客観的な視点という鞭でもって躾ておかないと、このように暴走しかねないという怖さを感じました。
自分が盲目的になっていると気づけないのは恐ろしいですね

★★★ Excellent!!!


 ネット小説を書く上で評価の価値は切っても切れないもの。プロへの指針の一つであり、また自分の作品の価値を確認する手段でもある。それは人それぞれが意味を持つのだろう。

 ならば……たった一人のフォロワーに評価して貰いたいと考えるのも、また一つの価値観だと思う。
 この物語の主人公はそのたった一人の評価の為に壊れていった……そんな、ホラー要素があります。

 小説と自らの作品を愛する者ならば、その暴走の理由もまた僅かながらに理解できるかもしれません。
 このお話はネットによる盲目な心に諭す側面もある……そんな気がします。

 特に書き手さんは一見の価値あり。己の立ち居地を見つめ直すきっかけになるかも。

★★★ Excellent!!!

初めてレビューをいただいたときの喜びって覚えてますか?

良いのかな、こんなに良いこと書いてもらって良いのかな、ちょっと舞い上がっちゃうかも、って。当時は良いねボタンもありませんでしたし、それが読専の方だったりすると、お礼のしようもなく、とにかくもう画面にありがとうございますありがとうございますって頭を下げていました。

いまは私もレビューを書くようになりました。わざわざノートにお礼をしに来てくださる方もいれば、良いねボタンを押してくださる方、さまざまです。何のアクションがなくても私は全然かまいません。ファンレターくらいの気持ちで書いていますので。でも、そのレビューがきっかけで他の人にも読んでもらえたら嬉しい。

私とレビューとの距離感はこんな感じなのですが、本作の女性は少々異なるようでして。レビューといいますか、レビュアーさんへの思いが尋常じゃないといいますか。

これはホラーですよ。
でもきっとカクヨム作家なら「その気持ち、ちょっとわかるかも」って思ってしまうはず。

★★★ Excellent!!!

面白かったです!
文章も読みやすくて、内容もカクヨムで執筆活動をされている方なら身に覚えが有りそうな体験がベースになっていて、カクヨム好きは特に主人公に共感できるのではないでしょうか。
それにしてもラスト、あんなことになるとは……
驚きの展開でした☆

★★★ Excellent!!!

ある日突然、「カクヨムの天使」と名乗るユーザーからレビューを貰った主人公はその時からずっとその人物ばかり考える日々を過ごす。しかし、それが苦悩の始まりであったことは主人公本人は知らなかった。
下手したら実際にありそうな話かもしれないカクヨムストーリーです、衝撃のラストに注目です。

★★★ Excellent!!!

私は運が良いと思う。
小説というものを書き始めてすぐに、★がガンガン入る状態というのを経験した。

嬉しいというより怖かった。
あの時怖いと感じたからそうならずに済んだだけで、もしもあれが無かったらこの主人公と同じようになっていたかもしれない。

★が入る、レビューが入る、うれしくなって何度も何度も確認して、反応が無いと何度も何度もページをリフレッシュする。
それだけで一日が過ぎて行ったら、それはもう作家じゃなくて廃人だ。

究極のところ「書きたいから書いている」のだけれど、書いたからには「読んで欲しい」のがクリエイターだ、それは誰にも等しくある欲求だろう。当然私もその例に漏れない。
問題はその欲求を作家自身が制御できるかどうかだ。
言い換えるなら、欲求を制御するか、欲求に制御されるか、だ。

それを決めるのは他でもない、作家自身なのだ。

★★★ Excellent!!!

ここカクヨムなどで作品を投稿している「書き手」なら共感することばかりです。

誰かに読んでほしくて作品を公開している以上いただける評価やレビューはとても嬉しいものです。

またそんなレビューをいただけたなら、と次回作を創作します。

「書き手」ならみんなそうでしょう。
ただその創作意欲が少し間違った方向に向かってしまうと……。

これはフィクション。
こんなことあり得ない。
とは言い切れない現実があります。

なんのために創作するのか。
あらためて考え直させられる素晴らしい作品です。
自身の創作にあたって背筋が伸びるような読後感。

感謝をこめて最大級の評価とレビューをこの作品に。
皆さんもぜひ読んでみてください。

★★★ Excellent!!!

 山があるから登るというように、書きたいから書く。それだけで評価は全く気にしない、という人もいらっしゃるかもしれない。けれどやはり多くの物書きは、読んでもらいたいから書くのでしょう。物書きの書きたい気持ちと、読んでもらいたい気持ち、評価を期待する気持ちが赤裸々に綴られています。
 その化け物に囚われすぎないように折り合いをつけて自分の作品を書いていきたい。と改めて思わせてくれるさくひんでした。

★★★ Excellent!!!

物語を創作する事は楽しい。
それは人間の根源的な楽しみである。

だがそれが他人に評価されるか…

その悦びは一気に麻薬的、悪魔的な悦びとなり、純粋な創作の楽しみとは、似て非なる物になる。

ネットにて創作が可能になり、創作と評価の悦びと不安を、テンポ良い文体で、誰にでも起こりうる恐怖として、見事に短編にまとめあげた傑作。

★★★ Excellent!!!

作家はとかく友人には欲しくないタイプだと言われますが、その卵ですらない私もまったく共感するところです。

臆病なくせに猛進する、反応が来れば余計にそれは加速する。そういう怖さを経験した方は多いのではないでしょうか。

でも、それを作品として完結させているのが何よりすばらしいと思います。
エンターテイメントにしたくない感情をまとめあげた、その筆に感謝です。

★★★ Excellent!!!

自分の評価と他人の評価の違いにうろたえるカクヨム作家の業を、これでもかと抉ってみせます。
読者は読みながら、この作者に自分の日常を覗かれたのでは…という恐怖さえも覚えながら、一気に最後まで読ませます。
ここに描かれたのは、作者によってカクヨム作家に仕掛けられた罠なのかもしれません。

★★★ Excellent!!!

書き手の心に棲む魔物。
自分自身にすら理解ができない、それでいてどうしようもなく自分を突き動かす、恐ろしい魔物。
その生々しい姿が、この物語の中にはっきりと描き出されています。
主人公が取り憑かれていくその心理状態は、書き手としてあまりにもリアルで……背筋が寒くなる思いがします。
そして、そのラストの衝撃に、脳が強烈に揺さぶられる。
脳の奥で、何か巨大な振動がずっと続いていくような余韻が、いつまでも残ります。

物を書く人には、ぜひ読んで欲しい。
——そして、読み手の方にもぜひ知って欲しい。書き手が心にどのような魔物を棲まわせながら、一つ一つの作品を書いているか。

小説を愛する全ての人に、強く勧めずにはいられない作品です。

★★★ Excellent!!!

カクヨムの天使、という謎の人物からのレビューから始まるお話。

ここで書かれていることは一見ノンフィクションではないかと思うほど、日常をリアルに表現しています。

私たちはいつでもこの主人公になりうる危険性を孕んでいます。
その上で私たちはどう生きるか、間違わないためにはどうすればよいか。

そんな大切なことを教えてくれる「超絶」ホラーです。

★★★ Excellent!!!

普通の人が、何かを記したい想い一つを胸にスタート出来る『カクヨム』

主人公はその中である程度の読者を得ていたにも関わらず、ある一人のレビューに翻弄され、やがてたどり着く先は……

小説やエッセー、論文から企画書まで世の中には様々な文章がひしめき合っていますが、そのどれもが根底に『認められたい』や『認めてもらわないと困る』書き手の想いが詰まっています。

かく言う私も『カクヨム』初心者……
仕組みを知り、PVで読者数を知り、いただいた星やレビューに一喜一憂する一人……『明日は我が身』とならないよう心掛けたいものです。

カクヨム初心者の方、ある程度慣れた方にぜひ読んでいただきたい作品です。

★★★ Excellent!!!

かつて夜空を眺めた時、手を伸ばしたことはありませんか?
闇の中で煌めく星々に手を伸ばして掴み取る。でも、その星は手の中に入ってはいない。欲しいと思うけど届かない。求めてやまない衝動は、人類を宇宙に羽ばたかせた。

と同時に私の中でイカロスの翼を思いだしました。

カクヨムで書いている以上、星をもらう事で歓喜するのは皆同じと思います。でも、この主人公が求めてやまないのは、たった一人の評価。
多くのカクヨム作家とは真逆の行動をとっているにもかかわらず、その事を笑う人はいないでしょう。
物事の価値は、その人が作るのです。そして、妙に頷くでしょう。

己の命を燃やして生まれた作品。
これは、強烈な力でその人に届きました。真似することはお勧めしません。ですが、作品に力を込めて送り出す。そこには自らの命を燃やして生まれる煌めきがあるに違いない。

私の中で、憧れる自分がいたことを否定しません。