夜、走る ~オール読物新人賞一次通過~

作者 白鯱

何のために働くのか、何のために生きているのか

  • ★★ Very Good!!

世の中には自分が知っている世界のほかに様々な景色があって、一人一人の在り方にも見た目にはわからない深いわけがあるもの。
営業マンとして真っ直ぐに生きてきた主人公が、たった一度の失敗で転落した先に見た、未知の世界。そこは意外にも、賑やかであたたかな人間味溢れる人物たちの住処だった。
行く先も見えない孤独な生活の中で、自分なりに答えを見つけてゆく中年男性の再生の始まりを描いた純文学。
癖のある人物たちが何とも愛おしい、肯定的な筆致が心地よい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

青い向日葵さんの他のおすすめレビュー 393