コンチ……なにそれ?

作者 坂井令和(れいな)

149

53人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

コンチって何だろう!?から読み始めましたら、もうとにかく坂井さんの脳内変換具合が面白くて面白くてずっと声を出して笑っていました。
こんな同僚がいたらすごく毎日楽しいかも!?
頭が空っぽになるくらい笑えてとてもすっきりしました!!
素晴らしい作品をありがとうコンチ!!

★★★ Excellent!!!

――わたしはカクヨムに投稿した。
ここから始まる想定外のエッセイ。

美人OLとギャル、セクハラ課長、イケメン。
登場人物のキャラも個性的ですが、会話がコミカルで面白い。

カクヨム機能(ルビ、文字数)についても触れてありますが、やはりあの言葉の印象が強すぎてヤバいですね。

最初から最後まで、存分に楽しませていただきました。


★★★ Excellent!!!

この作品は一見、おちゃめなFカップ美人OL酒井さんのユーモアあふれるエッセイ風物語に仕上がっておりますが……それは仮初めの姿。

その正体は、偉大なるコンチ学の第一人者である「レディ・コンチ」の先鋭的研究をとりまとめた、一大スペクタクル論文なのでございます。
(※個人の感想です)

「コンチってなに? 猥談?」なんて、そんな下種な考えは、ごみ箱に捨ててきてください。実にアバンギャルドで遊び心に満ちた刺激的な実験が、至るエピソードでなされています。

上コンチ、中コンチ、下コンチ……。
多種多様なコンチが、あなたを暖かく迎え入れてくれることでしょう。
読み終わった時には、きっとあなたも、素敵なコンチウィルスに感染しているはず。

さあ、共に純朴な学徒となって、コンチ学への入門の扉を開きましょう!
レッツ・コンチ!

★★★ Excellent!!!

この作者様ほどカクヨムを楽しみ、探究し、自由自在につかっている人はいないでしょう。

ルビの振りかた、文字数、視覚的効果などいろいろ勉強させてもらっています。

しかし、そんな理性的な反面、作者様には〝狂気〟も感じます。

世のなかで一番恐ろしいのは、理性をもった狂人と言われています。

つまりこの作品における本当の恐怖とは、SNSではなく、魔法の言葉コンチでもなく――作者自身なのです!

★★★ Excellent!!!

ご安心ください、10回繰り返してもあの言葉にはなりません。
ただ、コンチへの情熱をMAXまで広げてみると、ここまで芸術的になるものかと感動して止みません。

さあ、今こそコンチの扉を開いてみてください。
ちなみに公衆の場では避けた方がいいです、いろんな意味で(笑)

★★★ Excellent!!!

「コンチ」という危なげのある謎の言葉に取り憑かれた作者様が色々なことをするお話です。
ですが決して馬鹿げているだけのお話ではなく、カクヨムにおけるルビの活用の仕方など、参考にさせていただける部分もたくさんありました。こういったセンスにいつも脱帽しております。

★★★ Excellent!!!

コンチ文学の草分けとして後世まで語り継がれるであろう名作です。本作により私のコンチ観はコンチから覆されました!

――冗談はさておき、ユーモア小説としてとても面白いです。作者さんの実験精神と遊び心とバカバカしさ(失礼!)に舌を巻きました笑

コンチ三つ付けさせていただきます。

★★★ Excellent!!!

 カクヨムアホ文学の草分けにして重鎮を為す作者が満を持して発表を開始したアホエッセイ。
 その鮮烈なアホさ加減はかのBBC放送で公表された『モンティ・パイソン』シリーズに勝るとも劣らない。つまり作者はケンブリッジ級のアホである。
 かかるアホさ加減を清純なる未成年に公表することを甚だ危惧する次第であり、だからこそ私だけで独り占めしようと思う。

★★★ Excellent!!!

どこでもカクヨムを開くわたし。
トイレで、ああ、わかるわかる。
面白いとトイレから出られなくなって、お腹痛いキャラみたいになってて……

そしていまわたしは、トイレの中からこのレビューを書いていますが、その数分前に思い切り吹き出してしまい、家庭内での人権を失いました(よく失ってる)。

それにしても、ルビの使い方がうますぎる。
さすがです、酒井先輩。

★★★ Excellent!!!

遂に完結!いつも様々な試みに果敢にチャレンジする坂井令和さんの持味が最後まで貫かれていました!お疲れ様でした!そしてみんな最後まで読んでコンチを叫んでね!(〃^ー^〃)

手塚「手首をよこせ!」乳久「乳首をよこせ!」麗奈「コンチを置いて立ち去りな!」田中はコンチを聞き間違えた!坂井令和さんのコンチ小説!最終回直前!お見逃しなく!おすすめです!ヽ(・∀・)ノ




次のコンチコンチ研究課題はどうしましょう。すみません!見当もつきません(゜ロ゜)。みんなも一緒に考えましょう!(〃^ー^〃)

友よその答えは風に吹かれている。



遂に始まったコンチパンデミック?タイトルまで改編させるコンチ恐るべし!あなたの日常もコンチまみれに?おすすめです!




ブルドーザ級のコンチ押し!土俵際のヒロイン!ここから・・作者の腕の見せどころ!刮目して待て!坂井令和さんの新作お楽しみ下さい!




ある日珍ワード【コンチ】にとりつかれた?ノベル大好きOL麗奈さんの日常を描く坂井令和さんのコメディです!展開予測不能!坂井ファン必読の新作になっております!おすすめですヽ(・∀・)ノ




崇めよ!カクヨムを席巻する坂井令和さんの新作!小説に込めた情熱と心意気!涙はなしだせ!笑って熱くなる作品です!おすすめです!カクヨムGO!(お気に入り)SNSって怖いね(´・ω・`)

★★★ Excellent!!!

酒井麗奈がキャラになり、
(もちろん本名ではない)
虚のなかに一滴、実をたらしこむことで
なんとも不思議。
坂井令和(れいな)さんが
「全てがアホになる」の登場人物に
見えてくるではありませんか。
あの小説のほとんどが
現実であったというショック。
(そんなわけないし、さっきと言ってることちがう)
超絶技巧ここに極まれりといった趣です。

★★★ Excellent!!!

SNS、便利だし楽しいし知り合いも出来るし·····でもお手軽なツールだからこそ、怖さもありますよね。
誰もが不安を覚えるからこそのお題だと思います。
ですが·····
恐怖は必ずしも、向こうからやって来るばかりとは限らない!

そこに目を付けた作者様の着眼点は流石です。
サラッと読んでください。是非。