行きは宵々、帰りは半分

作者 umekob.

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第3話 歩いたのは宵闇へのコメント

    初めまして、この度は自主企画に参加してくださってありがとうございます!
    あらすじに心惹かれて拝読しましたが、めちゃくちゃ好みのお話でした…!アカネさんとレイちゃん、人外とヒト、そして青年少女…年の差…私にとっての好きがたんと詰められてました( ´∀`)
    この二人が今後どうなっていくのかドキドキしますね!
    素敵なお話を読ませてくださってありがとうございます♡

    作者からの返信

    はじめまして陣野さま!
    素敵な企画をこちらこそありがとうございます!

    いいですよねえ、人外と少女…!そして年の差…!!
    私の趣味全開です。。笑

    こちらこそ、読んでいただきありがとうございました!
    これからものんびりと二人の日常を書いていきます〜!

    2019年9月20日 22:34

  • 第2話 貰ったのは名前へのコメント

    世界観がすごく好きです…!
    人外と少女、年の差というのが好物すぎて一気に読みました。笑
    また見に来ますね!

    作者からの返信

    読んで頂いてありがとうございます!!

    私もこういう、妖怪とか物の怪の類が出てくる世界観めっちゃ好きでして…!!(´>///<`)
    人外のお兄さんと女の子の組み合わせも、良いですよね…!! 良いですよねぇ…!!
    私の好みをそのまま小説にした感じです(笑)

    続きものんびり書いていくので、また覗きに来て下されば嬉しいです!

    2019年8月3日 10:27

  • 第2話 貰ったのは名前へのコメント

    アカネさん、かわいすぎか!!!
    確かに普段、自分が「普通」と思っているものについて質問された時って、どう説明していいのか迷うことがありますよね……

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!!
    アカネ兄さん、雰囲気は怖そうなのに中身はとにかく無邪気です(笑)

    普通と思っているものの説明、難しいですよね…!(;▽;)
    アカネは今後、この世界についてレイに教えてくれますが、レイは「見える景色」について色々教えなければならないので、意外とレイの方が大変かも…。笑

    2019年8月3日 10:21

  • 第1話 分けたのは光へのコメント

    途中まで「怪談などでありがちなパターンかな?」と感じていたので、意表を突かれて驚きました。主人公が「帰りたくない」と言い出すのは、斬新なパターンですね。
    しかも「それならば五体満足で済むのか」と思いきや「半分あげる」とまで言い出す。二度の捻りがあった感じで、面白かったです。

    作者からの返信

    読んで頂き、ありがとうございます!
    怪談のような妖しげな雰囲気を出しつつも、なぜかホラー展開には転ばない作品です笑

    本来ここまでで終わる短編だったのですが、光を分け合った二人のその後を、今後少しずつ書いていきます(*^^*)

    コメントありがとうございました!

    2019年7月18日 11:09