いつか読まれる日を

作者 大葺道生(旧名:ボルネオ太朗)

その本の人生(本生?)はこれから

  • ★★ Very Good!!

自分の輝ける場所に落ち着いた者は運が良い。
だが、全く的外れな場所に連れて来られてしまったら?

人間にそれがあるように、本にもそんな事態が起こり得る。

現役時代に全く活躍できなかった『彼』だが、第二の『本生』に活躍の場がありそうだ。
津山君が『彼』に追いつくその日まで、もう少しの辛抱だよ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

如月芳美さんの他のおすすめレビュー 640