お姉ちゃんが好きでもシスコンですよ。

作者 猟虎戀太郎

彼ら互いの想いが届きますように、そう私は願っています。

  • ★★★ Excellent!!!


 主人公の彼、夏樹君は年齢的に言えば中学生。
 けれど、学校には行ってないんです。

 ―――――引きこもり、と世間では言うんですよね。
 
 理由は様々だけれど、似たような理由でなるものは多い。
 それは、いじめです。
 
 まさに、悪そのものですよ。
 無口、根暗、引っ込み思案で、おまけに身体も小さい。
 いじめをする側の人間からすれば、格好の的。

 だから彼は、ひとつの防衛手段として学校に行くのをやめた。
 弱虫だろうと何だろうと好きに呼べばいい。
 事実、僕は逃げているのだから、と痛々しいほどの心中を語る。

 胸に刺さりました。
 悔しかった、私がその子の前にいたのなら守ってやりたいとさえ思いました。
 
 私は唇を噛みしめ、物語の冒頭を読み進めていくうちに夏樹が『AOBA』とネームプレートの掛かった姉の部屋の前で立ち止まったんです。
 
 ―――――『夜はあまり手つけないんだから、お昼くらいはしっかり食べときなよ。追伸・今日部活で遅くなるかもだから夕方になったら洗濯物取り入れといて』と、書き置きが書いてあったのを思い出し、どれくらいぶりに入ったか覚えていない姉の部屋に足を踏み入れました。

 そして―――――……。

 幸か不幸か、夏樹君の物語が動き出します。
 
 長く伸ばされた茶髪に、整った顔立ちと少し垂れ気味の瞳。
 制服のスカートから伸びる脚はすらりと細く、その身長は同年代に比べたら少し高め。高校の制服に身を包み、驚きの表情が隠せない、特別な存在。

 ―――――夏樹君の姉、青葉さん。

 それから……って、これ以上はネタバレですね。

 情景描写も細かくて、引きこもりの夏樹君の普段の様子や、姉青葉さんの夏樹君に対する心理描写はもちろん、細かい息遣いがわかるほど丁寧に描いているのは、読者は違う意味ハラハラドキドキしてしまいますよ。

 そう、気になって仕方ないんです。
 彼、夏樹君の物語が……。

 ―――――彼ともし友達になれるなら、私も友達になりたいです。
 
企画者:白雪❆より(綴野つむぎちゃんになりきってのレビューです!)
https://kakuyomu.jp/works/1177354054890462658

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

白雪❆さんの他のおすすめレビュー 454