アンカーはネズミの中 ―理帆のゆうれい事件簿―

作者 葉味山ゆかり

14

5人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

この作品を読む視点は人によって違うと思いますが、全て読んだ後に評者が思うのは、物語を編むことを小説を読むという行為によりメタ視点で扱った小説ということ。

小説が目の前にあり、読めばいい、という訳にいかないのがこの小説の骨子。読むという行為に困難がいくつも立ち上がり、主人公たちが乗り越えていく度に私たちが読む物語が編まれていく。

作中で読まれる小説は複数人で書き継ぐリレー小説ですが、主人公たちの困難を乗り越えていく姿も、また複数人で書き上げた物語なのです。

作中の主人公たちの心理も細やかで深いのですが、物語の構造もまた独自性の高い作品なのです。

★★★ Excellent!!!

小学六年生の理帆は、霊的に特殊な力を備えている。
その妹珂帆は、姉が大好きなのに姉との関係に悩んでいる。
同級生のニシトは理帆に対して淡い恋心を抱くが、自らの姉との思い出があり。
ヒナタは一見ほんわかとしていそうで、理帆にある思いを有している。

小学生の、心を縛りつけるもの。
人生の入口に立ち、初めて覚える他者への悩み。

だけどそんな四人に転機が訪れます。
それは、図書室で発見された一冊の文集。
少しずつ現れてくる、過去の文章。
その文集を通じて、四人は有機的に交わり、互いの悩みを理解していくのです。
彼ら彼女らはどのようにして、自らのゴールへとたどり着くのか――?

本作は想定読者を少年少女に置いている作品だと思いますが、大人が読んでももちろん楽しめます。それは先述のとおり、丁寧な心理描写がなされているから。わたしたちがかつて歩んだ時代ではなく、わたしたちが今歩む中で感じる不安や苦しみ、そういったものが見事に表現されています。
個人的に好きだったのは珂帆。彼女が姉を愛している気持ちは行動を通して切々と伝わってくるのですが、同時に姉の能力に対しての恐れも感じることができる。この複雑な心に悩みながらも明るく生きていく姿は、読んでいて胸を打つものがありました。

わたしたちは生まれてから成長していく中で、まずは自分のことについて悩みました。痛い。ほしい。お腹がすいた。学校に行きたくない。
だけどいつの頃からか、他者の存在というものが自分の中で大きくなってくるのです。
これは成長であり、そこに初めて潜った時は鬱蒼と茂る森に迷いこんだような気にもなりました。どうしてあの子のことで悲しまないといけないのだろう。どうしてあの子のことがこんなに気になるんだろうと。
この森は時折人生に訪れるのですが、初めて抜けた時の爽やかさはとてつもないものです。ぜひ、最終話「第二十筆者」でその時の… 続きを読む