ねがいがかなうレストランは記憶と引き換えに過去か未来へいくことができる

作者 響ぴあの

食べる。それはただ空腹を満たすだけの行為ではない。

  • ★★★ Excellent!!!

一つの記憶を代償とすることで、過去か未来のどちらかを体験し、ねがいを叶えてくれる不思議なレストランに集う人々のお話。作中に登場するどの料理も美味しそうなだけでなく、意味があり、きちんと個性的な登場人物達のストーリーに関わっているのが秀逸です。「食べる」ということについて考えさせていただきました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

PURINさんの他のおすすめレビュー 1,368