ねがいがかなうレストランは過去か未来へ行くことができる 

作者 響ぴあの@5分で読書発売中

386

134人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

オムニバス形式で綴られる本作品は、各話で素敵なお料理が登場します。中には珍しいものもあるけれど、聞くところによると、本当にあるメニューなのだとか。

本作のメインは、不思議なレストラン。記憶を代償に、過去か未来に行くことができます。どんな記憶でも構わない。誰だって、私だって忘れたい記憶なんてたくさんあります。
ですが、忘れたい記憶はあっても、忘れてはいけない記憶もある。そんな当たり前のことを、気付かされた気がしました。

キャラクターも魅力的で、どこか不思議なアサトさんにまひるに、そしてヨルト。物語が進むに連れて明らかになる彼らの背景にも、注目です。

素敵なお話をありがとうございました。

★★★ Excellent!!!

願いを叶えるために何かを代償にするというと、ささやかな利益のために重大な犠牲を払うというストーリーが圧倒的に多いように思うけれど、まさかの逆。
叶えたい願いは自分の中にあって、それに気づけば人は変われるんだよ、ということをたった100円で教えてくれる。なんとも優しい物語です

★★★ Excellent!!!

童話と料理と記憶と時間。全く異質なものが、見事に融合していて、作者の発想に脱帽。後半のラブストーリーは一気に読み進めたくなります。レストランの客が抱える悩みと消される記憶の関係、物語の根底にあるテーマ「時間」に、作者のメッセージを感じました。

★★★ Excellent!!!

主人公夢香が悩んでいる時に訪れたお店は普通の店ではなかった! 
そこで夢香は不思議な体験をする。
美味しい料理は夢香の悩みにぴったり。
そして、過去と未来を垣間見ることのできる虹色のドリンク。代償は一部の記憶。

夢香はその店でボランティアで店員をすることに。
そこには色々な悩みを持つ人々が来ます。
その度に提供される食事が本当に美味しそうで、食べたくなります!
また、記憶を代償に見るそれぞれの過去や未来。記憶がなくなったことで、未来が変わることも……。
記憶について考えさせられます。

食事について、とことんこだわっているこの作品。いただきますからごちそうさままでの幸せな時間。食事って本当に大切だなと考えさせられました。

またお店は時の国という異世界の人間、アサトとまひるがしているのですが、その時の国の後継者をめぐる物語と、アサトの弟であるヨルトとアサト、夢香を中心とする恋愛も後半楽しめます!

様々なスパイスの効いた美味しい物語を召し上がれ!!

★★★ Excellent!!!

 異化とは分子をバラバラに分解してエネルギーを取り出す行為を指す。食事や呼吸はその一環である。
 同化とはバラバラに分解された分子の部品を目的に沿った分子に作り直す行為を指す。光合成や成長ホルモンはその一環である。
 本作に登場するレストランは、単なる食事だけでなく過去か未来の可能性を……代償を払った上で……部分的に実現する。その意味では、異化と同化を並立させて実現することになる。
 そして、本作の異化と同化を隔てる薄い壁は夢であろう。主人公の名前もそれを示唆している。つまり、ある意味で来客は食事と同時に自分の夢を食べ、組み立てられ実現された自分の人生の可能性を我が身に与える。それが、どのような血肉になって実現するかは本人次第だ。
 不思議なレストランであり、是非とも実在して欲しいレストランでもある。
 登場人物一同に触れるとネタバレになるので差し控えておこう。
 必読本作。 

★★★ Excellent!!!

記憶を代償に過去か未来を体験させてくれるレストラン。
そこには願い事のある個性的な人々がやって来ます。
彼らに出される料理は不思議で美味しそうなものばかり!
主人公も客の一人でしたが、ひょんなことからそのレストランでアルバイトをすることになります。

グルメ有り、不思議有り、恋愛有りで最後まで飽きさせない物語☆

登場する料理がどれもとっても美味しそうで、お腹が鳴りっぱなしです!
お腹が空いている時に読むのはお勧めしません。飯テロ小説なので(笑)

★★★ Excellent!!!

不思議なレストランで、願いを叶えることについて、メニューを開くようにわくわくさせながら魅せてくれます。

目次をご覧ください。

先ず、お腹が空くことでしょう。

そして、一話毎に読みたくなる。

これは、大切なことですよ。

その読後のお味は、ご自身でお確かめください。

是非、ご一読ください。

★★★ Excellent!!!

一つの記憶を代償とすることで、過去か未来のどちらかを体験し、ねがいを叶えてくれる不思議なレストランに集う人々のお話。作中に登場するどの料理も美味しそうなだけでなく、意味があり、きちんと個性的な登場人物達のストーリーに関わっているのが秀逸です。「食べる」ということについて考えさせていただきました。

★★★ Excellent!!!

未来を見てみたい、願いを叶えたい、誰もがもつ願望だと思います。
願望とは時には、自分自身の思い出はどうにもならないほど強い力を持つこともあります。

この物語は、異世界と現実世界の狭間にあるレストランが舞台。
そこでは過去の記憶を代償に未来を体験できると言います。
もしも過去を代償に未来を体験できるなら……たくさんのレストランに訪れるお客さんの物語から、その『もしも』を体験できるでしょう。
もちろん、いい未来もあればそうでないものもあります。
物語でありながら、深く考えてしまいます。

また、このレストランに隠された秘密も徐々に明らかになっていきます。
お客さんの物語とはひと味違う想いを感じられるでしょう。

そして外せないのが、物語に登場するおいしそうな料理。
絵本のように映像や味が浮かんできます。
登場する料理を味わうのも、一つの楽しみ方です。

もしも未来を体験できるレストランがあるなら、その入り口はここにあります。
未来という壮大なテーマと、作者さまのメッセージが込められたこの作品をぜひご一読ください!

★★★ Excellent!!!

異世界と日本の間にある不思議なレストラン。

そこを訪れるものは、記憶を代償に過去や未来を見ることができます。

そのレストランを手伝うことになった夢香は、アサトとヨルトという謎めいた兄弟に出逢い恋をします。

本命はどちらなのか?

次々に登場するキャラクターやメニューがとても魅力的!

ファンタジーな物語の中に、深いメッセージが込められた、とても考えさせられる作品です!

★★★ Excellent!!!

女子高生の夢香は不思議なレストランに招かれ、そこでボランティアで働くことに。
次々とやってくる個性的なお客の願い。
珍しいけど実は本当に存在するメニューの数々。
さらには、このレストランには秘密と目的があって……。

ねがいをかなえるレストランという舞台も面白いですが、夢香を取り巻く時の国の人たちとの関係がさらに魅力的です。
先が読めずに驚いてばかりでした。

このレストランのメニュー、レシピも書いてあるので試してみてはいかがでしょうか。

★★ Very Good!!

個性的で魅力的な異世界のメニューは、リアリティーがあり、よく作り込まれていて、ワクワクします。
記憶と引き換えに、あなたはどの料理を選び、どんな夢を叶えますか?
童話のストーリーにちなんだ各エピソード展開は、素晴らしいくらいに元童話とリンクしています。それでいてあふれるオリジナリティ、高クオリティの世界観!
ぜひ、お試しください!

★★★ Excellent!!!

 まず驚かされるのは、圧倒的な筆力。
 やさしい表現力、作者のやさしい視点に癒やされる!

 もちろん物語の設定や、展開にもぐいぐい引き込まれていく……。 

 ネズミの嫁入りのように、「結局今がいいってことか〜」と、それでも十分に満足できるところに、イケメンの気になる一言。物語の壮大さを匂わせ、気になる、気になる……。
 ヒロインが必要とされる理由とはいかに!?
 ネタバレがあったりしたら読みに行ってしまいたいくらい……。ダメだ、ダメだ……。
 まだ始めの方なので、楽しみにじっくり読みます! 

★★★ Excellent!!!

記憶を代償に過去や未来を体験できるドリンク、今の私であれば、飲みたいようで飲みたくない。

ただ、招かれるお客は、様々な事情を抱えていて、不思議なレストランで食事をとり、不思議な体験をします。この着想やストリー展開は、とても面白いです。

私は学生時代に「夢」の研究をし、自分でも明晰夢を体験できるのですが、その世界に通じているような気がします。

まだ連載中の作品ですが、お客の物語の合間に、レストラン側の物語が時々挟んであります。個人的にはお客が体験する不思議な話以上に、レストラン側の物語がどう動くのか、とても興味があります。

★★★ Excellent!!!

不思議な料理を出すレストラン。記憶を代償に過去や未来、もしもを体験する事ができます。
どこ記憶を差し出すか、その先の光景を見て、お客さまたちが何を想い、どんな選択をしていくのか……。
そこにあるドラマが、とても魅力的な作品です。

出される料理もファンタジーでありながら、そのお客さまに合ったものが出されます。
次はどんなものが出てくるのだろう?
このお客さまは、何を見て、どうするのだろう?

そんな物語が集められたレストラン。三ツ星です!

★★★ Excellent!!!

不思議な店員さんが切り盛りする、不思議なレストラン。
そこでは日本の食材だけでなく異世界の食材も使われ、説明を聞くだけでお腹が空いてきそうな、おいしそうなメニューが次々と供されます。

このお店が提供するサービスは、お食事メニューだけではありません。
「虹色ドリンク」という不思議なドリンクを飲むと、過去でも未来でも、自分が思い描く「もしも」の世界を体験できるのです。
しかも体験後、願いをひとつかなえてくれるのです。
自分が差し出した、記憶のひとつと引き換えに。

なんでも願いをかなえてくれる、というと本当に夢のような話ですが…
ここに、「自分で選択できる」ことの怖さがあります。
その願いは、本当に自分を幸せにしてくれる願いなのか?
差し出したその記憶は、本当にいらない記憶だったのか?

さまざまなお客が、さまざまな体験を経て新たな人生を踏み出します。
自分だったらどんな願い、どんな記憶を選ぶだろう…と、考えずにはいられません。

イケメン店員・アサトを巡る異世界王家の行く末も、数多くのドラマが用意されていて、いっときも目が離せません!
ちょっとした隙間時間に、ドリンクの一杯でも飲みながら、不思議なレストランへの旅を楽しんでみませんか。

★★★ Excellent!!!

異世界と現実世界の間に存在する不思議な幻のレストラン。
記憶の一部と引きかえに過去と未来の体験ができ、願いごとをひとつ叶えることができる。

もしも現実世界にこのようなレストランがあったなら、あなたならどうしますか?
とても興味をひかれますね。

そのレストランには女子高生のバイトと謎めいたイケメン店長が働いています。
美味しい料理のお品書きは童話のお姫様の名前が入っていて、なんとも可愛らしい。

不要な記憶と引きかえに願いごとが叶うなら、いいことばかりのような気もしますが、必ずしもハッピーエンドとは限らないところが、この作品の面白さでもあります。

なぜ彼らは人の記憶が必要なのか。
その理由も徐々に明らかに。

短編集のような構成で、一話一話のストーリーがしっかりと描かれていて、読み応えがあります。


(アサトVSヨルト 拝読後のレビュー)

★★★ Excellent!!!

記憶の一部と引き換えに摩訶不思議な体験ができるレストラン。
日本と時の国の狭間に存在するというそこに訪れた夢香は、色々あってこの不思議なレストランでバイトをすることに……。
様々な悩みや想いを抱える方々が来店し、美味しい料理と一時の不思議な体験をしては帰っていきます。それによって前を向く人、思い直す人、決意する人……色々な方がいるものの、このお話のすごいところはそうはうまくいかないという人生の深さも描いているところです。ホッと一安心で幸せになるだけではなく、意外な結末が待っていたりとハラハラドキドキさせられます。だからこそ余計にいままで歩んできたもの、今後歩むものを大切にしようとも思わせられました。
幻想的な料理に絡む人々の色濃い群像劇。
美味な料理とともに是非その人生の味も堪能してみてください。意外な人から意外な味がするかもしれませんよ。

★★★ Excellent!!!

日本と異世界の狭間に存在する幻のレストラン。
記憶の一部と引き換えにIFの体験ができるその場所で、高校生の夢香は、アサト、まひるとアルバイトをすることに……。

連載中「ずんだ団子 ジャックと豆の木」読了時点のレビューとなります。

夢香を主人公とした物語ですが、様々な悩みをもった人間がやってくる群像劇形式です。
1つ1つが短編のような感覚なので、程よいリズム感で読み進められます。

ですが、普通の悩み解決物語とはぜんぜん違います。
読者として先の展開を想像しながら読んでいくのですが、どれも意外性な展開で毎度驚かされます。
作者様の引き出しの多さ、着眼点の秀逸さに思わず唸ってしまう作品です。

そして、毎話登場する料理やスイーツが本当に美味しそうで。
拝読するたびに、おなかぐーです。
洗練されたグルメ・ファンタジーと言えますし、特に女子の心を鷲掴みにするメニューばかり。

気になったら、ぜひこの幻レストランへご来店を!

★★★ Excellent!!!

 まず、毎回出て来るメニューが不思議であり、美味しそうです。見た目もそれこそインスタント映えしそうなくらい綺麗だったりインパクトあったりします。
 
 登場人物も不思議です。そして、私はレストランのマスコットキャラとなっている、俺氏が気になっています。

 最初はお客様として訪れてた俺氏。いや、その後もお客様なんですが。

 この不思議なレストラン。簡単に行ける場所ではないんです。でも、俺氏は念を送って何度も訪れ、ついには常連。マスコットキャラで福の神みたいな存在になっています。

 主人公の夢香ちゃんも、最初はお客様だったんですが……っと、ここからは皆様の目で確かめて見て下さい。
 毎回投稿されています。是非是非読んで下さい。

 カクヨムコン5長編部門参加作品です。

 
 
 

★★★ Excellent!!!

このレストラン、面白いです。記憶を代償に過去や未来体験……。ちょっと怖いけれど、興味は尽きないですね。

あさましい人間であったり、短慮な人間であったり、実は外見と違って素晴らしかったり、わたしは黒羽さんが気に入りました。
味が合っていいですよ。一緒にぐひひ、と野心家になってしまいそうです。

難しいテーマだと思います。

ただ書くと、ファンタジー・グルメ に集約されるし、未来過去記憶の作品はごまんとある。それをミックスさせているので、程よく緊張感も、ゆらぎも、作品の基盤となる「ねがい」もある中で、最新話。

――誰かが誰かの代償を負い、世界は廻っている。

世界の理ですね。そこには「利己的遺伝子」や「自己欺瞞」など過去に作家たちが追って来た大きなテーマが隠されている気がします。

そして、出て来るお料理がおいしそうです。
色々な読者さま向けにきちんと書かれています。
絵本を開くような可愛いレシピ名や、謎めいた主人公に、不思議なレストラン。

一度訪れてみたいです。わたしなら、どう考えて頼むのかな?

全ての人が幸せである世界は難しい。
それぞれの幸せを大切にしよう。そんな意味合いも感じました。


★★★ Excellent!!!

テンポはミデアムな印象で、心地よく読める。こういった料理の様々な題材が特筆される。構成力が展開を彩っている。筆者が楽しみながら書いているところが想像出来る。
僕もスープを題材にした童話を書いたことがありますが、やっぱりこの作品の完成度は違いますね。憧れます。僕はスープの固さ、柔らかさ、固形物や液体を使い分ける主人公達と、鼻のきくブタが材料を持ってくるブタ思考マシンの話を描きましたが、筆者はこう来るかという感じで驚かされた。

★★★ Excellent!!!

誰だって過去や未来が気になる事ありますよね。
この作品に出てくるお店では自分の記憶の一部を失う代わりに、
過去や未来に行けます。

出てくる料理やお菓子に色んな効果もあり、ワクワクし、リアルに欲しい。

毎日投稿されていますが、続きが気になり、ジレンマする事も良くあります。
レビューを書いている今現在も早く明日になって欲しいです。

ここは人を拒まないお店です。

アナタも来店してみませんか?


そして、私と一緒に更新が待ち遠しくなりましょう(笑)

★★★ Excellent!!!

時の国と日本国を繋ぐレストランは過去と未来に行くことが出来ます。
メニューの虹色ドリンク、シンデレラのオムライスなど魅力的な料理が沢山。
タイトルになっているメニューと構成が緻密で思わず「私も食べたいな」なんて思ってしまいます。
是非ともお読み頂きたい作品です。

★★★ Excellent!!!

飯テロ小説です。面白いジャンルです。

シンデレラのオムライスなど、独創的なメニューがでてきます。

過去にいける不思議なレストラン?
メッセージ性あります。
高校生にも繋がる要素を盛り込んでいて、朝読書にいいですね。

沢山の名言と飯テロ!

★★★ Excellent!!!

まだ連載中の作品です。
時の世界と日本世界の間にある幻のレストラン。
普通の人間は入ろうと思っても入れません。
そんな不思議なレストランで、ひょんなことからお手伝いをすることになった夢香。
この先、どんな展開が待っているのか楽しみな作品です。