【幸せのお茶漬け】

「おひさしぶりでーす」

 女性の元気な声が店内に響く。久々の来店、女性の方は二回目の来店だ。印象深い二人なので記憶に残るお客様だ。一人は人気女優の姫野美雪、もう一人は常連客となってしまった人気作家の黒羽さなぎだ。


「今日はおそろいでお越しですか?」

「はじめてのデートはここで、と思ってこの店探していたんですよ」


 美人女優は以前よりも生き生きしていた。実際、さらに売れっ子になってテレビで見かけない日はないくらいCMにも複数出ているし、ドラマでは高視聴率をたたき出し、映画でも主演を務めるなど活躍は幅広い。


 でも、横にいる黒羽という不気味な雰囲気の男はまだまだ世間的には認知度は低く、ウェブ小説で拾い上げされ書籍化の打診がきたという程度にしかまだ時間は流れていなかった。少々未来が変わっており、新人賞ではなくウェブ小説での拾い上げということがまず違う。未来は虹色程度には果てしなくパターンがあるという話の通りになった。見た未来が全てではない。しかし、二人の願いはかないつつある。


 女優、姫野美雪はどこで黒羽と知り合ったのだろう。まだ映画化されるまでには至っていないはずだ。姫野は明るく楽しそうだが、横にいる暗そうな雰囲気と不気味さしか醸し出していない男は迷惑そうな感じで、どう見ても楽しそうではない。しかも、二人が並ぶと外見的には釣り合いが取れそうにない。黒羽は相変わらずの上下黒ジャージといういでたちにぼさぼさの髪の毛、目は前髪に隠れていて全く見えない。猫背姿勢も変わらずだ。黒羽は背が低い上、猫背なのでハイヒールを履いた姫野と並ぶと同じくらいかもしれない。いや、姫野よりも黒羽は小さく見える。


「いらっしゃいませ。今日は二人でのご来店ですね」

「ぐひひ……どうも。おかげで夢はかなったけれど、この女が付きまとう未来は知らなかったし、迷惑っすね、ケケケ……」

 相変わらずのくせのあるしゃべり方をする黒羽。白い歯が光る。

「あの日、未来で読んだ本、未来の俺氏の作品だろ、ぐひひ……」

「気づいていましたか?」

 アサトはいつもどおりの涼しい顔だ。


「ぐひひ……俺氏の本名って黒羽っていうんだよ。本名は「なぎさ」なんだ。なぎさを並び替えれば「さなぎ」、これは以前から考えていたペンネームだし。ケケケ……頭脳戦な生き残りの話も考えていたんだよねぇ。未来の世界で見かけてさあ、これ、俺氏の作品だってテンション上がったよ」

「じゃあ未来を見て、確信したのですね、自分には才能があるって」

「ぐはは……まぁ、才能はあるっちゃあると思ってたさ。でも、それってうぬぼれとかよくある勘違いってやつかもしれないしね。あんたらのおかげで自信が持てたよ、ぐひひ……」


 薄ら笑いを浮かべながら猫背気味で椅子に腰かける男は、目が髪に隠れたままで、髪の毛を整えることもしない、見た目なんてどうでもいいという雰囲気全開で初デートに来たようだ。


「デートですか、おめでとうございます」


 それを聞いて、女優の姫野が残念顔をする。

「デートっていうより、無理やり連れてきたというのが正解なのよね。映画化されるまでは数年かかるだろうし、少しでもこの世界のどこかにいる彼に早く会いたくて、ネットで黒羽さなぎって検索したらさ、ウェブサイトで小説書いていたんだよね。だから、毎日彼にメッセージを送って会いたいと口説いているの。口説いているのは現在進行形。今日は編集部に用事があるっていうので外出するのを見計らって待ち伏せしただけなんだから」


「ぐひひ……この人、まじで怖いし……自宅も特定されるし」

 悪寒を感じるしぐさをする黒羽の言うこともわからなくもない。普通はストーカーな女に付きまとわれたら迷惑だろう。しかし、相手は名の知れた美人女優だ。


「私、毎日彼にメッセージを送っているのですが、鬼対応なんですよね」

「ケケケ……この人、ドン引きするくらい怖い女っす」

「有名女優だということも知らなかったの?」


 まひるがあきれながら質問した。最近は18歳でいることが多い。本当の自分を見せているのかもしれない。


「ぐひひ……俺氏、あんまりテレビとか見ないし、芸能人わかんないっつーか、この人本当に有名人か? ケケケ……」

「この人、普通の男ならば会えただけで泣いて喜ぶレベルの有名人よ。好かれているんだから少しは彼女に関心持ちなさい」


 まひるが彼女がいかに有名ですごい人なのかを説明する。本当に黒羽にはもったいない女だ。豚に真珠、馬に念仏とはこのことだ。


「黒羽さんもこのレストラン来たことあるの?」

 姫野が意外な顔をする。

「ケケケ……常連客だし」

「常連客? 私は二回目なの。ここで未来に行ってあなたに会って一目惚れしたっていう流れなんだけど」

「ぐはっ? どんな流れだよ。俺氏、人間に興味ねーし」

「私が黒羽さんに興味あるんだから、二人でこの店に来たかったの。黒羽さんを知るきっかけになった店なんだから」

「姫野さんがここに来たいと念を送ってくれたので、今日は招待しました。無料でごちそうしますよ」

「ぐははっ!! ここの料理超うめーからな。今日の気分はお茶漬けだ。お茶漬けを出しておくれぃ!!!」


 食欲だけは人一倍ある黒羽はさっそくお茶漬けを催促する。黒羽が食べたい食事は基本、家でも食べることができるメニューが多い。黒羽は食べ物に関しては大食いで雑食系なので基本何でも食べる。好き嫌いがないことがこの男の自慢かもしれない。しかし、人間に対しては絶食系らしく、ヒトに興味がない。重大な欠陥を持ち合わせた奇才だ。


「私も同じお茶漬けを。生の黒羽様に会えてうれしゅうございます」

 この女優は本当に変わった性格であり変わった感覚を持ち合わせているようだ。不気味な奇才にはこの手の風変わりな女性がお似合いなのかもしれない。


「あれ、以前いた小さな女の子は?」

 姫野が以前の印象深い女の子、まひるを思い出した。

「あの子のかわりに、今日は超絶美人な女性がいますから」


 アサトがまひるに視線を向ける。まひるはそういった甘い言葉が苦手なようで苦い顔をした。


「今日は幸せ茶漬けでも作りましょうか?」



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます