【手巻き寿司】まひる視点

 次期国王の一角になる王を教育するべく、アサト教官の鬼の訓練がはじまった。それは、失恋でボロボロになっていたときと比べると一皮むけたような感じだ。少し何かがふっきれたような明るさがアサトにはあった。決して空元気ではなく、アサトらしい笑顔がそこにはあった。作り笑いではない本当の笑顔がある。最近、アサトは後継者育成教育に目覚めたようだった。国のために記憶を集めるのではなく将来国を担う若い力を育てることが国のためになる、そういった話を最近よくするようになった。


 王の一角になるには学ぶことがたくさんある。まずは国の歴史、教養、礼儀作法、言葉やマナーから時の力を使う拳銃や剣の使い方。心と知性と体を作ることがまずは先決なのだ。ヨルトならば学ばなくとも身についているマナーや教養だったりするが、ゼロから育てることの面白さがあったりする。


 ライチとザクロはそう言った意味では白紙から始まるプロジェクトだ。年齢もまだ小学生程度だし、ライチはほとんど学校に通ったこともなく知識が乏しい。ザクロは我流の独学で知識はあるが、自分に興味のあることばかり深く知っているという感じで、一般教養を幅広く学ぶ必要性があった。2人とも従順に何でも吸収する力があるので、メインで教えているアサトは生き生きしていた。もちろんその道のエキスパートに任せる分野も多々あるけれど、それを総合的にプロデュースする仕事はアサトだった。彼は以前より生き生きしている。私は、そんなアサトを見ることが少し楽しくなっていた。


「まひる、わしは18歳だろうと10歳だと娘だと思ってかわいがっているからな」

 国王が10歳の姿の私に向かって意外な言葉を放った。


「知っていたのですか?」

「もちろん、今の妻が生活が厳しく、わしと結婚したことも全部わかっていたよ。でも、わしも再婚する必要があった。だから、結果往来じゃ」

「母に悪気はないのです。罰するならば私を罰してください」

「娘がほしかったのでな、何人も娘がいるみたいで変身できる娘はありがたいのじゃ」

「罰するというわけではないが、これからもアサトを支えてほしい。あの子は昔から我慢していい子を通してきた。だから、欲しいものを欲しいといえないかわいそうな子供だった。人一倍打たれ弱いのがアサトなのじゃ。ようやく記憶に変わるエネルギーを作り出す機械を実用化できそうなんだ。今まで記憶の力に執着していたアサトも解放されるだろう」


「もちろん、妹……姉として支えるつもりです」

「義理の姉なのだから、恋愛は自由じゃぞ」


「な、なにをおっしゃるのですか?」

「この国に義理の姉弟が結婚してはいけないなんていう決まりはないからの」

「……私は別にそんなつもりは1ミリもありません」


 ついムキになって返答してしまった。バカみたい。


「まひる、ライチにここの問題教えてやってくれないか」


「了解」

 私は即席先生になる。私は密かに人知れず勉強をしていた。18歳程度の知識はつけておかないとと思っていたからだ。


「やっぱりまひるは人一倍努力家だ。子供のふりをしながら陰で勉強していたのだから」


 アサトはさりげなく思ったことを口にする。それは優しい時間を運んでいるように思う。時間は使い方次第で優しくも恐怖にも楽しくもつらくも変わる。それは過ごし方や考え方次第で同じ時間なのに全く違う時を過ごすことになる。


「まひる、僕は国営のレストランを展開するよ」

 アサトがはじめて自分の夢を語った。


「国営のレストラン?」

「貧しい子供や国民に開かれたレストランを低価格で何店舗か展開したいと思っているよ。レストランから経済を活性化させたい。雇用も国民の就職につながるし、食は生きる源だからね。記憶の力にだけ頼らずに多方面から国を建て直したいよ」

 アサトの瞳は希望にみちあふれていた。


「アサトにぴったりね」

「まひるは何かやりたいことはないのか?」


 私は、誰にも話したことのない夢をはじめて口にする。


「そうね、もう少しここの国の食材でおいしい味が表現できないのか料理を研究したいな」

「たしかに、ここの味は日本に比べたらおいしいとは言えないからね」

「この国が少しでも良くなるように、僕たちが何かできるかもしれない。だから学ぶことは常に必要なのだよ」

「おいしい料理が食べたいという欲求が、結果みんなのためになるのかもしれないわね」


 二人の共通の夢が重なり合った瞬間だった。それは、心が通じ合うということとも共通していた。



 ※【手巻き寿司】

 ごはん、のり、たまご、ほうれん草、かんぴょう、さくらでんぶ。彩華やか。お好きな具材でラップに大きなのりを敷いて、ごはんを乗せて作ってみてください。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます