【炭酸ピーチティー】

 アサトさんがまひるにデートを促されたらしく、私たちはデートをすることになった。たしかに、あれ以来一度もデートはなく、恋人らしいことは何一つなかった。一応、口では付き合っていると言っても、実質メッセージを送りあうことも時の国に帰ったアサトさんとはできないし、そんなにどうでもいいことを送ることなんていう間柄には進展していなかった。まひるは18歳だけあって女心をわかっている。アサトさんは恋愛に関してはさっぱり淡白だ。


 結局前回と同じいちごのカフェにいったのだが、行ってみるとそこには良く見慣れた金髪長身のヨルトがいた。ありえない、なんでこんなところに。しかもヨルトの彼女まで。


 アサトさんは奥のほうの席に座ろうと、すたすた歩いていく。私は、みつかりませんように、なんて無駄な願いを唱えながら忍び足で歩く。この店は狭いので、見つからないなんていうことは絶対にありえないのに。


「ヨルトじゃないか」

「アサトかよ」


 久々の再会だがヨルトがいることをアサトさんは店に入る前に気づいていたように思った。もしかしたら後継者が決まったことを話すいい機会だと思っているようなそんな感じだ。アサトさんは常にビジネスモードで、私はそんな彼にはたとえデート中でも、プライベートな隙間がないように感じていた。彼との壁はそこなのかもしれない。本当に愛されているとか好かれているという自信はゼロだ。


「もしかして、おにーさま? それに夢香ちゃん、久しぶり」

 相変わらずテンションの高い彼女に少し閉口する。


「デートか? ラブラブだな」

 ヨルトのからかいは相変わらずだ。

「後継者は決まったよ」

「そうか」


 ヨルトはあえて後継者が決まったことを初めて聞いたふりをした。そうか、私と頻繁に連絡していたということはアサトさんには内緒にしているのか。今更だが、あまり気にしていなかったけれど、アサトさんは私がヨルトの服を借りたとか、メッセージを送りあっていたと知ったらやっぱりやきもちを妬くのかな? アサトさんはそこまで私のことが好きじゃないだろうから、もし知ったとしてもそうなんだ、という程度の反応のような気がしていた。あえて隠していたわけでもなかったけれど、普通の男性ならば他の男と仲良くしていたら不機嫌になるだろう。ヨルトは私のことを恋愛対象に見ていないし、超絶かわいい彼女がいるのだから問題ないのだろうけれど。


「なに? 後継者?」

 ミサが聞く。

「身内の話だから気にしないで」

「お兄様、お話聞きたいからここに座ってくださいませ。夢香さんも」

「あ、はい」


 断る理由もないので、言われるがままに座ったが、少々気まずい。ヨルトも視線を合わせようとしない。


「ヨルト、いつもが世話になっているようだね」

 意外なことを口にする。しかも、僕の夢香という表現が少し意外だ。この組み合わせ、微妙。だいたい、この兄弟は不仲だと思うし、ヨルトの彼女と私もそんなに仲良しでもない。


「ヨルトお気に入りのお店なのよね。フレーバーティーがおすすめよ」

「じゃあ炭酸ピーチティーにしようかな」

「僕も夢香と一緒で」

 店員さんにオーダーする。

「ヨルトはコーヒーが好きだからってブレンド注文したんだよね」

 ミサ、距離が近い。ヨルトにくっつきすぎだって。心の中でつっこむ。


「俺さ、将来はアンティーク古書カフェをしようと思ってるんだ。アサト、母さんがたまには顔見せろって言ってたぞ」

「こちらのことは僕に任せて、ヨルトはこの世界で夢を実現しろ」

 腹をくくったアサトさんは覚悟を決めたようだ。もうヨルトとは違う世界で生きていくということを。


「そのつもりだ。アサト、そちらのことは任せたぞ」

 兄弟の誓いを私たちの目の前で行っていいものだろうか? 正直ミサさんなんて意味もわからないだろう。まさか、この人たちが時の国の王子様なんて思うはずがないのだから。

「俺、大学で建築学を学ぶつもりだ。自分の店を設計してみたいっていうのが夢のきっかけだよ」

 ヨルトが夢を語る。


「夢のきっかけなんて、ささいなことかもしれないよね、何かと出会ったことがきっかけで夢が見えて、そのためにがんばるっていうのって素敵だよね」

 私は同意をした。


「僕は父の後を継ぐよ。今、帝王学を学んでいるんだ」

 アサトさんの自国愛は深い。


「炭酸ピーチティーお持ちしました」

 あまくて酸っぱい香りがたまらない。フレーバーティーって不思議だ。酸味、甘みが絶妙な香りや味で口の中に広がる。じゅわっとした食感と味覚に口全体が支配される感じが病みつきになる。冷たい紅茶の炭酸は初体験だった。


「ミサさんは? 進学とか考えているの?」

「私は、女子アナウンサーになりたいんだ。だからなるべく偏差値の高い大学を狙ってるの。やっぱりマスコミにOB,OGがたくさんいる大学がいいでしょ」

「夢香さんは?」

「私は、図書館司書と栄養士に興味があるんだ。何か資格がほしいなって」


「ヨルトは来年受験だから、カフェをするならば僕が手伝っても構わないよ」

 アサトさんが兄らしい優しさを見せる。


「アサトには幻のレストランがあるだろう? 俺は普通のカフェがやりたいだけだし。それにしても、夢香いつもよりおとなしいな、やっぱり恋人の前だと緊張してるとか?」

 ヨルトの意地悪な口調でいじってくる。恥ずかしい、アサトさんの前なのに。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます