【白雪姫のりんごラーメン】

 最近売れっ子の若手美人女優の「姫野美雪」がやってきた。若干20歳のアイドル上がりの女優だ。私は芸能人に接するのは初めてだ。こんなに何不自由なさそうな女性でも悩むのだろうか。順風満帆に思えたメディア越しに見た様子とは違うようだ。本当はサインや握手を求めたいところだが、そんなことをしたら接客業失格のような気がして、気が付かないふりをする。実際街中で有名人にあっても気づかないふりをするパターンはわりとありそうだ。子供の学校の保護者に有名人がいたとしてもきっとみんな本人の前で騒ぎ立てないだろう。本人も黄色い声をかけられるよりは、みてみぬふりをするほうがいいのだろう。


「過去に戻ったり未来を見ることができるって本当?」

 女優が話しかけてきた。テレビでしか見たことがない人が目の前にいて、話していることに私は緊張していた。テレビで見るよりきれいと聞くが、実際その通りだ。


「本当ですよ」

 アサトさんはどんな相手にも対応を変えない。神対応のスペシャリストだ。


「でも、普通はタイムトラベルなんて無理ですよね」

「ここのレストランは普通じゃないので」

「そうですか、少し怖いですが、未来を見たいのです。ねがいはかないますか?」

「ねがいがあるのですか? 未来を見てねがいをかなえる代償は記憶の一部をひとついただくことになります」

「理想の男性に出会ったみたいのです。私、人を好きになる自信がないのです。以前嫌な経験をしてから、なかなか私がイメージする男性に出会えないのです。記憶ならば必要がないものを差し上げます」


 出会えない、それは女優ゆえの高望みのような気がした。どう見てもモテそうだし、出会いもあるだろう。それなのに、好きになれないなんて、一般的な彼氏を求める出会いのないモテない女子からはブーイングの嵐だろう。


「ちゃんと恋人ができて、結婚しているのかどうか知りたくて」


 あんたさえ妥協しなければ、結婚したい男山ほどいると思うのに。私の心の声は鋭い。鋭利な刃物だ。


「あなた、美人なのに、どうしてそんな心配をするんですか?」

 私は、耐えかねて思いをぶつけてしまった。


「正直私の外見ばかり見て内面を見ない人ばかりです。体目当ての男性も多くて、男性不振なのです。人間として魅力あふれる人に出会えないかもしれないから独身かもしれないし。女優の仕事も辞めたいと思っています」


 つい私は、女優と対等に対話してしまった。なんて贅沢な人なのだろうと一般女子代表で説教したくなってしまったのだ。女優になりたい人がごまんといるのになぜ辞めたいのだろう、やはり贅沢な女なのだ。


「その美貌なら言い寄ってくる人の中に良い人だっているはずですよ」

「私は狭い世界しか知らない鳥かごの鳥です。そんな私は普通の人と出会うことは確率が低いのです」


 自分で鳥かごの鳥といっているあたり、苦手なタイプだ。

「理想が高すぎるのかもしれませんよ」

 私は核心を突く。


「そうですね、私結構理想は高いので」

 ほら、やっぱり理想が高すぎるのだろう。この女優はわがままなのだ。


「お食事はどうしますか?」

 アサトさんがタイミングを見計らって注文を取る。


「おなかすいたので、がっつりで」

 意外なことを言う。


「ラーメンなんかいかがですか?」

 ラーメンがあることに私は驚く。ここはレストランというより何でも屋食堂と言ったほうがいいだろう。


「ラーメンが食べたかったの。食事制限があって、あまりがっつりしたものは食べられなかったので」

「じゃああっさりとりんごラーメンはいかがですか? ヘルシーで低カロリーな一品ですよ」

「じゃあおまかせします、100円で何でもありなんですね」


 女優はとてもうれしそうに微笑む。やはり美しい。

「このラーメン、りんごの果汁を練りこんだ麺に醤油スープをベースにして、りんご果汁が入っています。本物のりんごが上にのっています」

「名付けて白雪姫のりんごラーメン。これを食べると病みつきになってしまう恐ろしい一品ですよ。毒入りではないですが、中毒性があるので気を付けてください」

「まぁ面白い、いただくわ」


 この女優さんは顔に似合わずチャレンジャーで珍味好きな変わり者なのかもしれない。私が感じたその予感は当たることになるのだが――

 

「白雪姫のりんごラーメンですよ」

「面白い!! こんな素敵なラーメンに出会えるなんて。いただきます」


 それは、ここでしか食べられそうもない一品で、りんごを切ったものが上に乗っている。冷やし中華で言う、すいかが乗っているような感じだ。たしかに冷やし中華の上のすいかは中華に合う。ラーメンの麺の中にりんご果汁が入っているとはなんと手が込んでいるのだろう。そのさっぱり感があっさりとした味わいを醸し出すのかもしれない。


「ベースは醤油なのね。一見、合いそうもないりんごとラーメンという組み合わせが素敵だわね」

「一見合わないと思われるものでも、相性がばっちりというパターンもあるので」


 まひるが心を込めて作ったドリンクが出来上がったようだ。

「虹色ドリンクできましたー」

 まひるが小さな体でコップを運ぶ。

「きれいなドリンクね。本当に虹色。見たこともない色合いだわ。私、一度だけ好きになった人がいるの。でもね、その人暴力的で怖い思い出しかないの。白雪姫は一度死んでも王子様が助けてくれたでしょ」


 あんなに美人なのに好きになった人に暴力を振るわれるなんて、美人だから幸せとは限らないのかもしれない。意外と豪快に虹色のジュースを一気飲みをする女優姫野。人は見た目だけではわからない。繊細そうに見えて実は豪快だったり、神経質そうに見えて実は鈍感だったりするのかもしれない。人の奥深さを知ったと思った。


「ドリンクおいしいですね~」

 そう言うと、ドリンクがなくなるころに美人は眠りに落ちた。

 私たちはモニターで彼女のタイムトラベルを見守る。


 ※【りんごラーメン】

 りんごの果汁を麺に入れ、本物のりんごをトッピング。りんご果汁が入っている醤油をベースにしたラーメン。あっさりした味わい。中毒性あり。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます