【桃太郎のジェラート】

「僕の後継者も含めて王候補を2人探さないとね。今日はまた新たな候補者を一人呼んでいます」

「どんな人が来るの? また一癖あるキャラクターの濃いタイプだったりして」

 私は恐る恐る聞いてみた。昨日は夜の王の候補者選びに失敗している。


「今日は女子高校生。後継者候補は多いほうがいいから、今後も人柄を見ながら探して行くつもりだよ」

 静かなカフェに少し緊張がほとばしる。今日は特別なお客様なのだから。


「ちょうど色々思い悩んでいるみたいだし」

 アサトさんが冷めた目で窓の外を見つめる。


「ったく、ちゃんと見極めてよね、昨日の男みたいなロックバカは勘弁だわ」

 まひるが子供の姿でため息を漏らす。


 カランカラン。心地いいベルの音が鳴る。アサトさんが選んだ候補者が来たのだ。

「こんにちは、お店やってるか?」

 入ってきたのはショートカットのボーイッシュガール。服装も男性が着てもおかしくないシンプルなTシャツにジーンズといういでたちだった。なんとなく運動部に入っていそうな感じの女子だ。


「いらっしゃいませ、何にしますか?」

 私が声をかける。私たちはじっとそのボーイッシュガールを見つめる。

 私は、緊張しながらメニュー表を差し出す。すると、ひとつの文字が浮かび上がり、それが食べたくなるというアサトさんの技があるのだ。


「うーん、じゃあ目に入ってきた桃太郎のジェラートってやつをもらうよ、本当に100円かい?」

「はい、すべて100円です。部活の帰りですか?」

「わかる? ボクさ、バスケやってるんだけど、喉が渇いて疲れたなぁと思った帰り道に偶然いつも通らない道を通ってここをみつけたんだよね。100円だなんてラッキーだな」


「ボク?」

 つい私は聞き返してしまった。女の子なのに僕なのかな?


「ボクのくせなんだよね。つい私って言わないでボクって言っちゃうんだ」

 人懐っこい雰囲気で優しい笑い方は好印象な人だと感じた。


 アサトさんの物語ネタがはじまる。

「桃太郎って知ってますよね。鬼ヶ島で鬼を退治するのに仲間を募って退治に行きますが、僕たちも今、仲間を探しています。桃太郎って退治したあとどうなったのでしょうね?」

「めでたしめでたしだろ?」


「でも、その先の日常は読者は知らないですよね。桃太郎が本当に幸せだったのか、そうじゃないのか?」

「言われてみればそうだな」

「物語には終わりがありますが、我々の日常って生きている限り終わりって基本ないですよね」

「あんた正論いうな」

 ボクっ子がつっこむ。


「犬やキジやサルとずっと仲良く助け合っていてほしい、そんな願いを込めた桃太郎ジェラートです」

 そう言うと、アサトさんは、まひるがササっと作った桃のジェラートを出す。

 桃の果実100%で作ったジェラートは甘いけれどさっぱりしていて、舌触りはなめらかで最高だ。というのも実は味見をさせてもらった。あまりにも輝きが宝石級でつい食べたくなってしまったから。


「まじか、うまそうだな、ええ? きなこがかけてある? いただきますっ」

「これはキビ団子のキビをかけています、ここのレストランは物語から発想を得てメニューを作っているのです」

 育ち盛りという感じの女子と男子の間にいるような女子が大きな口をあけて頬張る。

「う、うますぎる!!!! これ、罪だな」

 その様子を見ながらアサトさんが質問する。


「あなたは何か悩みがあるのですか?」

「え? そんな風に見えるか?」

「いえ、なんとなくですが、誰しも悩みはつきものなので」


「まぁ、大学をバスケの推薦で行くか、バスケを続けていくべきか、すっぱり辞めるかっていうことで悩んでいるんだけどね。けがの後遺症もあるし、体をケアしながらなんだけどさ。悪化したらバスケを辞めざるをえなくなるしな。でも、好きなことは続けたいっていう悩みがあるってことだよ」


「もしも、あなたがバスケで後遺症がなければ――の世界があれば見てみたくないですか?」

「ケガをしなかったらという世界に連れて行ってくれるのか?」

「そうです。ねがいをかなえることも可能ですよ」

「入り口のところに書いてあったドリンクだろ」

「ええ、無料ですが代償は記憶の一部です」


「やっぱり昨晩の夢で見たとおりの展開だな」

 女子高生がにやりと微笑みながらみつめてくる。予知夢だろうか?


「ボクはいつも予知夢を見る。子供の頃からだが、昨日はここにきてあんたらに記憶を取られる夢を見たんだ、過去には戻らないよ。記憶はなくしたくないしな」

「いらない記憶で結構ですよ、ねがいはケガの後遺症をなくすでもいいですし」

「バスケをはじめるきっかけの記憶を奪われるっていう展開だろ?」


「あなた、本物の能力者ですね」

 アサトさんが驚いた顔をした。

「僕にもあなたの予知夢のことは読めませんでした。あなたは知っていてここに来たのですか?」

「気になったんだよ。それに、とても重要な事項を伝えたいという夢だったしな」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます