【ずんだ団子 ジャックと豆の木】

「整形手術を検討している女性が今日のお客様ですよ」

「アサトさんは今日来るお客様がわかるのですか?」

「知ったうえで招いているのですから、偶然ではなく必然です」

「アサトおにいちゃんってすごい予知能力を持っているよね。心がよめるっていうかさ」


 まひるが笑いながらすごいことを当たり前のように言う。

 私はヨルトから聞いていたから、心が読めるということや予知能力を知っていたのだけれど。でも、アサトさんは私の心を読んでしまったら、ヨルトのことがばれるんじゃ?  私は少々心配になった。


「アサトさんはいつでも私の心を読むことができるのですか?」

 さりげなく聞いてみる。

「いえ、私は困っている日本人の心をキャッチしてその人の未来を見るので、誰の心でも読んでいるわけではありません」

「読まれたら困ることがあるの?」

 まひるが聞いてくる。まずいな、核心をつかれている。

「困ることなんてないけれど……まひるちゃんは能力持っているの?」

「あたしはまだ子供だからそんなに能力は開花してないけどね、時を動かす力は持っているよ。だって、虹色ドリンクはまひるが作っているんだよ」

「え……そうなの?」

「まひるは能力が高いので、過去や未来に移動させる力があります。虹色ドリンクを作ることができるのはまひるだけなんですよ」

 この小さい子ども、あなどれない。私はじっと警戒しながらまひるをみつめてしまった。


 ♢♢♢


 カランカラン、とドアの鈴が鳴る。美しい建物とインテリアの素敵なレストラン。あるようでない、はじめて入るレストランという感じだ。テレビなどでは見た事がある豪華さがちりばめられたレストランだ。私の名前は清野かおる。


「もしもが体験できる虹色ドリンクって本当にあるんですか?」


 変なことを聞いているようで、少し遠慮がちに聞いてみる。


「体験したいことがあるのですか?」

「未来を見たいのですが、見たい時間は指定できますか?」

「好きな時間に行けますが、本当にずっとその時間にとどまることはできません。そのかわり、ここへ戻ったらねがいをひとつかなえることが可能です」

「未来を見るだけでいいんです。個人的なことなのですが、ちょっと迷っていて……」

「なんでも100円ですよ、こちらのスイーツなんていかがですか?」

「ジャックと豆の木のずんだもち? 私、ずんだはこどものころに食べたことがあるんですよね。甘い味わいが懐かしいなぁ」

「ずんだってご当地グルメなんですか? 私、ずんだって知らないです」

 女子高生店員が無知ぶりを発揮する。


 店員の一人にも関わらず、ずんだを知らないとは、無知だな。緑の食物という程度にしかずんだを知らない女は美容と食に気を遣わなくても異性にモテる人生なのだろう。それなりの美しさ、私にはほしくても手に入らない産物だ。


「みどりのあんこもちみたいなものですが、これは枝豆にをすりつぶして甘みをつけたものなんですよ。ずんだシェイクなんかもあるそうですよ」

 店員のリーダー的な美しい男が説明している。古代ギリシャの石像にいそうな顔立ちで、この男は普通以上の美貌を生まれながらにして持っているのだろう。私とは正反対の位置にいる人間だ。


「すっごくおいしいんですよ。なんで全国スイーツにならないのかなって思っちゃうくらい。成分が美容にもいいのですよ」

 私は、ひがみの心を打ち消すべく、ずんだについて熱く熱弁していた。


「大豆は畑の肉と言われ、タンパク質、ビタミン、カルシウム、マグネシウム、カリウム、鉄などが豊富で、枝豆のヘルシーパワー!! が詰まっていますよ」

 リーダー店員は知識が豊富だ。この人も努力型美貌の持ち主? いや、そんなはずはない。美しさというものは残酷だ。努力なく生まれ持った顔立ちが影響するのだ。無頓着でも美男美女の人はこの世の中にいるのだ。


 完成して間もないやわらかな餅を差し出した。本物の餅はあっという間に堅くなると聞く。これを放置していればすぐ堅くおいしくなくなるのだろう。


「お早めにお召し上がりください。もちは劣化が激しいので、おいしい時間はわずかです。ずんだもちの隠し味は練乳です」

 皿に盛られたずんだもちはえもいわれぬ色の鮮やかさを放っていた。


「いただきます。ここのずんだはきらきらしていてまるで緑の草原みたい」

 目の前のずんだもちの表現があまりにも壮大で見ていたバイト女子が少し面食らった顔をしたが、ずんだもちをずっと見ていたら、本当に緑の芝生が広がる様が見えてきたように思ったのだから間違ったことはいっていない。


 今まで食べたずんだもちとは違うはじめての味わいだった。初めての出会いは初めての感覚を私にもたらす。柔らかいもちと甘いずんだのハーモニーが融合する。その様はまるで音楽を奏でるように口の中でメロディーを奏でる。食べ物を食べて音楽が聞こえる。そんな感覚はこのずんだもちがはじめてかもしれない。


「ジャックと豆の木のお話を知っていますか?」

「童話ですよね。たしかまめをまいたら天にも届くくらい伸びて巨人の家に行ってお金持ちになるという話ですよね」

「何事も勇気をもって踏み出さないとなにも変わらないということを表したいいお話だと思いますよ」


 ぎゅっと握った手に力を入れ、思いつめたようにひとこと切り出す。

「みらいのもしも体験させてください、虹色ドリンクっていうのでしょうか、書いてありましたよね」

「未来を体験することは可能ですよ、しかし、記憶の一部が代償となります」

「記憶ならば、私がモテないブスだという記憶をあげます」

「記憶いただきます、虹色ドリンク1杯はいりました~」

 小学生女子の声が響く。


 虹色ドリンクがすぐにできて、私は怖がることもなくあっという間に飲み干してしまった。まさに一気飲みだった。きっと新しい自分に出会いたいのかもしれない。



【ジャックと豆の木のずんだもち】

 ずんだもち(枝豆、砂糖、もち)

(隠し味)練乳

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます