【金と銀のお菓子】

「過去に戻るドリンクがほしい、ねがいもかなえてほしい」

 そう言って慌ただしく20代くらいの男性が落ち着きのない様子で店に入ってきた。

「いいですが。お食事は何にしますか?」

「過去に戻るドリンクだけでいいよ。過去に戻してくれ」

「もしもの世界はあなたの記憶の一部をひきかえになります。体験後にねがいを言ってください」

「黙っていてほしいんだが……俺、ここだけの話、さっき人身事故を起こしたんだ。俺は本当にいますぐ事故を起こす前に戻りたいよ。そして、事故の事実をなかったことにしたい。ねがいをかなえてもらえば事故の事実もなくなるだろ。だから、俺は犯人じゃないし、罪もなくなるよな? 記憶は一部でいいのか?」

「はい」

「じゃあ、被害者の辛い顔の記憶で。あの顔が脳裏から離れないんで困っていてね、そんな記憶でいいのかい?」


 男の手は震えていた。ひき逃げしたわけだから、動揺をしているのは当たり前だが、逃げるということは罪が重くなるのに、人間とはいざとなると弱い生き物だと思う。動揺と焦りが男を過去へと駆り立てる。でも、このねがいをかなえることは犯罪に加担することではないだろうか? 少し不安になった。


「了解しました。しかし、過去に戻っても必ずいい結末になるとは限りませんよ、虹色は七色以上に色があるので、何通りも過去も未来もあるということを表しています」

 アサトさんが念を押す。


「もしもが体験できる虹色ドリンク入りまーす」

 まひるが大きな声でオーダーを確認した。


「こちら、ドリンクができるまでお好きなお菓子をおひとつどうぞ。これは、サービスです。糖分は疲れた頭を休めさせてくれますよ。あなたの罪は口外しませんからご安心を」


 そこには、金と銀の紙に包まれたお菓子が並べられていた。

 男は金のお菓子をつかんだ。

「このお菓子、みたことない金色だ。中に何か入っているな」

「それは、シュワっとする粒を入れています。まるで炭酸みたいでしょ」

「じゃあ銀色のほうは?」

 男が質問した。


「これは、食べてみないとわからないようにしています。後にならないとわからないことって結構ありますよね。金の斧と銀の斧どちらを選ぶという話がありますが、あれには答えはないのです。僕はどちらを選んでもいいと思っていますよ、個人の好みですから」


 男は貧乏ゆすりをしながら、先を急いでいるようだった。

「とりあえず、過去に戻ることができるドリンクを早く飲ませてくれ」

「必ずしも良い結果になるかはわかりませんが、どうぞ」

 まひるは素早く虹色の不思議な色合いのドリンクを作り、手渡した。

「素敵な夢の世界へ行ってらっしゃい」


 男は、渡されるとすぐにごくごくと飲み干した。普通、リセットできないのが、人生だ。元に戻すボタンがあるわけではないのだから。困ったときはワラにもすがる思いなのだろうか? しかし、幸運にもここは本当に過去に戻りやり直すことができる。


 私は男を見守った。すると、男は心地よくなったのか、少し酔ったような感じで眠ってしまった。これが虹色ドリンクの効果なのか。目の前ですごいものを見てしまった。でも、この男は夢の中で人生をやり直しているのだろう。アサトさんが小さいテレビのようなモニターを持ってきた。


「見てみましょうか?」

 アサトさんの提案に私はうなずく。人様の夢を見るなんて申し訳ないような気持ちもあったが、見てみたい。そう思った。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます