【ジューシートマトドリア】

 私が学校帰りにお店によると、店内はいつもより緊張感が走っていた。理由を聞くと今日は特別な日らしい。未来の朝と夜の王となるかもしれない人が来るのだから。


「候補者を呼んでいます。まひるもよく知っている人たちですよ。2人呼んでいます」

「私の知り合いで能力が高い人いたかな?」

 かわいらしい10歳の姿になったまひるは少し考えたようだが、それらしき人物は思いつかなかったようだ。まひるは営業モードになる。


「こんばんはー。お招きされたライチ参上!!」

 元気に店に入ってきたのは時の国のライチという10歳くらいの女の子だった。


「アサト、美味しいの食べたい! 腹へったよ」

 言葉づかいは男っぽく育ちがいいとはいいがたい。この女の子を候補として考えているのだろうか、まひるは少し疑問だった。


「ライチ、今日はドリアでいいですか?」

「うまいメシが食べたいなぁ」


 不思議な異世界の客がやってきた。時の国から来た常連客のようだが、見た目は小学生くらいの女の子供だ。名前はライチっていうのかな? 一見普通なのだけれど、髪の毛の色がピンクだ。やっぱり私たちとは違う人種なのだろう。


「新人か?」

 私に対する言葉遣いは荒く、ぶっきらぼうな女の子だ。男っぽいとでも言ったほうがいいのかもしれない。見た目は、かわいい顔をしているので、しゃべらないほうが人気が出そうなタイプだ。


「こちらは、日本世界からやってきた夢香さん。2時間程度のボランティアをしてくれています」

「日本の国の住人か。料理ができるのか? 日本世界はすごく飯がうまいっていう話だ。期待するぞ」


 期待されても、ほとんど料理初心者ですが。そう思い、苦笑いを浮かべた私。

「私、家では全く料理ってやらなくって……。今修行中です。アサトさんに教えてもらっているから」


 私のいいわけに、

「なんだ、使えないなぁ」

 直球な言葉で言われると正直辛い。それにしても毒舌ガールだ。本当にお腹が空いているらしく、元々やせっぽちな少女は少々ぐったりしているようにも思えた。


「はい、召し上がれ。トマトづくしですよ」

 アサトさんがおいしそうなドリアをテーブルに並べた。熱々だ。


「ジューシートマトドリアです。たっぷりとろーりチーズが乗っているので、チーズが大好きなライチにぴったりのドリアですよ。さらに、中身はトマト入りのジューシーライスが入っています。フルーツトマトとリンゴも横に飾りました」


「冷凍トマトをすりおろして、はちみつをかけたしゃりしゃりデザートよ。カルシウムとビタミンがたっぷりよ」

 まひるがデザートを運ぶ。


「わあ、おいしそー。めっちゃ腹減ってるからさ、いただきっ」


 一口食べると、ライチが目をつぶって大きな口をあけて叫ぶ

「めっちゃジューシー!! やっぱりうまいよ、ドリアっていう食べ物」

 艶やかなメニューをひとくちひとくちあっという間に口の中に運ぶ。見た目は小さいけれど早食いなのか、皿の中身があっという間になくなっていく。そのとき、ライチがスプーンを床に落としそうになった。


「やべ」

 と言った瞬間たしかに、スプーンは手のひらから離れて床に落ちたと思った……のだけれど、手に戻っていたのだ。


「ライチちゃん、今、スプーン落ちなかったの?」

 私が不思議な現象に質問する。

「落ちそうになったけれど手のほうに戻したんだぞ」

「そんなことができるの?」

 私はライチという少女の超能力のような不思議な力を見せられたという印象しか残らなかった。

「オイラ、ものを自由に動かす力を生まれつき持っているんだよな」

「超能力者?」

 私は目を見てじっくり尋問したくなってしまった。


「それは初耳だわ」

 まひるが友人の意外な一面を知ったらしく興味深そうに見つめていた。

「オイラの能力は秘密にしておけってかーちゃんに言われていたからな。今はうっかり使っちまったがな」

「すごい力を秘めた少女ですよ。ライチ。あなたには素質があります」

 アサトさんが公認するような言葉をかけた。

「冷たいデザートもトマトなんだけど、甘いんだよね。はちみつがトマトの酸っぱさを抑えていていい感じだ」


「お母さんは、今日も仕事が忙しいのかな?」

 アサトさんが優しく聞いた。

「まあね、うちのかーちゃんは仕事がかなり忙しくて、料理は自分で作れっていうけれど、あんまり上手に作れないから、アサトのごはんが恋しくなるんだな」


「なんだか、子供食堂みたいですね。今、子供の貧困って結構問題になっていて、お金もないし、栄養のあるものを食べることができないという子供がたくさんいるんですよね、そういった子供たちに無料で食事を提供している場所が私の世界にはあるんです」


 私はふと最近ニュースで目にした話を思い出して、アサトさんのやっていることと同化させていた。


「たしかに、うちは子供からはお金はとらないし、ボランティアレストランみたいなものだからね」


「今日はザクロ君は来ないの?」

 まひるが同年代の友達らしく気軽に話し始めた。


「手伝いが終わったら来るって言ってたよ、まひるも毎日大変だなぁ」

「私は、お兄ちゃんのお手伝いが楽しいから手伝っているだけだよ」


 まひるはこんなときばかり、アサトさんをお兄ちゃん呼びする。化けの皮を被るのが本当に上手だ。




※【ジューシートマトドリア】

 トマトを混ぜたごはんにとろーりチーズをかけたドリア。

 カラフルなフルーツトマトとりんごを添えて。

 カルシウムとビタミンが豊富。


【冷凍トマトのしゃりしゃりデザート】

 冷凍トマトをすりおろしてはちみつをかけたひんやりデザート。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます