【あんみつ かぐや姫の葛藤】

 「今日は、仕事と結婚の間で揺れ動くキャリアウーマンのお客様です」


 アサトが予知する。あれ以来、何事もなかったかのように、夢香とアサトは接していた。夢香のアサトへの思いはまだ残っていたし、このままフェードアウトするわけにはいかなかった。


♢♢♢


 私は、人生の岐路になっている。これから、どうやって生きるのか、選択次第で大きく変わるだろう。私は、大手一流企業と言われる会社に勤めている。結婚適齢期でもあるが、仕事も脂ののった時期に差し掛かっている。結婚するか、仕事一筋で行くか。もう少しあとに結婚するか、迷っていた。


 色々思い悩むと甘いものが食べたくなるものだ。こんなところに、いい感じのレストランができたのかな? ちょっと休憩しても大丈夫な時間帯だった。一息入れよう。そう思って、ビジネススーツに身を包んだ私はお店に入った。まさか、普通ではない不思議なレストランだとも知らずに。


 私は、今年30歳になる、バリバリ仕事をこなすキャリアウーマンだ。付き合っている彼から、恋人から夫婦に昇格しようなんていうビジネス感あふれるプロポーズをされた。しかし、私は仕事を恋人と思って生きてきた。今の時代、共働きで、育児休暇を取って働くことも可能だ。しかし、きっと今までのように全力で仕事に取り組むことはできなくなってしまう。私は、不安でいっぱいだ。結婚というリスクに対して。もちろん彼も好きだし、家庭や結婚への憧れはある。子供を産むことができる年齢は限られている。私はどうすればいいのだろう。


 そう、思い悩みながら不思議な雰囲気のレストランへ入った。心地いい鈴の音と共に私は呼ばれるかのようにここに足を踏み入れた。


「いらっしゃいませー」

 店員は二人とも高校生かな、若いなぁ。一人は小学生じゃない? きっとこんな悩みになんて無縁なんだわ。若い人たちには、絶対無縁だ。でも、奥の方に一人不気味な客がいるけれど、この店に不似合いだなぁ。


 なぜか飛び込んできたメニューがあった。とても気になる名前だった。

「かぐや姫の葛藤って何ですか? 珍しいスイーツですね」

「あんみつですが、白玉とマシュマロが混在しています。まるで今のあなたのように、おいしいもの二つに囲まれたあずきの上に、生クリームまで乗っていますよ。和も洋もよくばりたいお客様には、大人気です。ひとつに選ぶというのは難しい問題ですよね」


 若いくせに、この店員、心が読めるの? ちょっと鋭すぎて怖いかも。そう思っているうちに、あっという間に注文したあんみつが目の前に現れた。


「これで、100円なの?」

 メニュー表にオール100円と書いてあったので、確認してみた。


「もっちろん」

 小学生が答えた。女子高校生はバイトかな? そんなことを思いながら、あんみつを見つめてみた。たしかに、白玉の他にピンクや水色のマシュマロも入っていて、あんこも入っているけれど、生クリームも入っている。和洋折衷になっていた。いいところどりの塊のあんみつ。見た目も色鮮やかでとってもおいしそうだ。


「いただきます」

 ひとくち食べてみる。これは、なんともおいしいあんこだ。今まで食べた中で一番おいしいあんこではないだろうか? あんこマニアの私が言うのだから、間違いない。幸せな和洋折衷の世界にいざなわれる。


「こちらのメニューは、マシュマロと白玉、生クリームとあんこの融合でございます。マシュマロの色味は果実から着色していますので、香りはフルーティーなのです」


 竹に入ったデザートは確かに見た目も斬新で、普通のあんみつとは一線を画している。


「マシュマロのパステルカラーが華やかさを添えて、竹の入れ物は涼しげですね」

「竹から出るかぐや姫の葛藤がより一層味を際立たせております」

 何言っているのかな? かぐや姫の葛藤?


「きっとかぐや姫も不本意だったのではないのでしょうか? 求婚者の一人と結婚したいという葛藤もあったはずです。しかし、月に戻るという仕事があったのですから、仕方ないのでしょうが」


「かぐや姫がどんなに美しくても、悩みがあったのかもしれないですね」

 なんとなく、適当に相槌を打ってみる。


「こちらのカフェはもしも、これからこうしたらどうなるか、という一例を体験できます。過去や未来に一時的に行くことができるのです」

「???」

 私は意味も分からず、目を丸くした。



 虹色ドリンクの説明文を渡された。

「虹色ドリンクって過去か未来を体験できてねがいもかなえられる不思議なドリンクって書いてありますが、お金はかかるのですか?」

「無料ですが、お代は記憶の一部です」

「不思議な名前ですね。七色でしょうか?」

「虹は七色といわれますが、実際はもっと細かく色は存在していて、七色にはならないのですがね。目で見ることができる色合いは限られますから、あえて虹色という名称にしております」


 若いのに落ち着きがあって、何か余裕すら感じるわね。

「じゃあドリンクを一杯ちょうだい。私、結婚と仕事のことで迷っているの。もしもの未来を見せてちょうだい」


「もしもの未来は、その時代で1度しか見ることができませんし、体験したことがその通りになるとは限りませんよ。人生はちょっとしたことで大幅に変わることもあるので、幸せになる未来とならない未来は紙一重なんです。体験した上でねがいを決めてください」


「結婚したバージョンをちょっと見てみたいなぁって。私、いじめられた子供時代の記憶がいらないのよね」

「了解しました。未来を体験してきてください」

 詐欺か何かだったりしないよね。とりあえず、ドリンクを注文しよう。

「虹色ドリンクください。いじめられた記憶なんていらないから、それで」

「かしこまりました。虹色ドリンク1杯」


 店員が言うと、小学生の女子が、

「虹色ドリンク1杯入りましたあ~」

 ってちょっとかわいい声で確認していた。そして、女子高校生が作るのかぁ。バイトっぽいよね。というか、この店、めちゃくちゃ怪しいけど、100円スイーツは儲けものだわ。


 あっという間に虹色のえもいわれぬようなドリンクが目の前に置かれた。今まで、このようなドリンクは飲んだことも、見たこともなかった。初体験というのは少々緊張するなんて思いながら、一口、飲んでみた。


「あぁ、おいしい」

 そういいながら、私はあっという間にいらない記憶と共に異世界かどこかへいざなわれる感覚に襲われた。




※【マシュマロあんみつ】

 パステルカラーのマシュマロと白玉、生クリームとあんこの融合。竹の器に入った和洋折衷デザート。マシュマロには果汁で色をつけている。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます