【シンデレラのかぼちゃごはんオムライス】

「いらっしゃいませ」

 日本の東京にこんな素敵なレストランがあったなんて知らなかった。しかも、全部100円ってどういうこと? メニューは不思議な名前のものばかり。美しい店舗の雰囲気とおいしそうな香りのする店内に入ると、異世界へといざなわれそうな気持になる。私は、うきうきした気持ちで店に誘われるように気づくと足を踏み入れていた。ドアを引くとカランカランと心地いいベルの音が鳴る。いい香りがする。私の嗅覚は比較的当たることが多い。当たりのお店に出会った予感がする。


 素敵なカフェを見つけたので、つい入店したのだが、店長さんもとても素敵なお兄さんだ。ここから素敵な恋が始まるかもしれない。なんてすぐ考えてしまう。


 私は高校生1年生の女の子。時野夢香ときのゆめか。自分で言うのもなんだが、白馬の王子様に憧れているタイプの恋愛脳の女子高校生だ。常に出会いを求めているし、惚れっぽいと思う。どちらかというと、これから素敵な男性に出会って、そのまま結婚して、素敵な人生を歩みたいと勝手に思っている。自立とか私には必要はない。愛があればいいのだ。家庭に入って専業主婦になるのは大歓迎って思っている。特に夢も将来への展望もないどこにでもいる女子高校生だ。


「メニューはどちらになさいますか?」

 素敵なお兄さんにメニュー表を見せられたのだが、なぜか目に飛び込んできたのはシンデレラのオムライスという文字だった。

「シンデレラのオムライス……?」


 思わず、聞いてみる。こんなメニューは他のお店で見たことはない。シンデレラは、小さい時からずっと大好きだった物語だった。まさに、恋愛脳を構築したという原点ともなった絵本だった。頑張っていれば素敵な王子様に見初められ裕福な暮らしができる。でも、シンデレラの王子様は彼女のどこを好きになったのだろう? 顔なのか? スタイルなのか? 話が合ったのだろうか? 正直シンデレラの見た目が王子を虜にしたのかもしれないとしか思えなかった。だって、あんなに短時間で話が合うから求婚されるという理屈も変だし、魔法使いのおばあさんに王子が惚れる魔法でもかけてもらったのではないのか? そんなことを最近思うようになった。幼稚園児の頃は何も思わず受け入れていたストーリーも歳と共に見方が変わるものだ。


「こちらは、シンデレラをイメージしたオムライスでございます。きっとお客様のような王子様を待っている女性のお口に合うかと思われます」


 私のこと、知っているかのような見透かした発言。値段を見て驚いた。全て100円なのだ。どんなに立派な料理でも甘美なスイーツでも100円だ。


「これ、全部100円ですか?」

 イケメンなお兄さんに全てを見透かされていそうな不安もあい混じりながら、質問してみた。

「当店のメニューは全て100円でございます」


 にこやかな店主と共に小学生くらいのかわいい少女がオーダーを確認した。

「シンデレラのオムライス1つ入りましたー」


 私は、小さな少女に向かってほほ笑みながら、お兄さんに質問してみる。

「どういった感じの食べ物なのでしょうか?」


「カボチャライスが中に入っているオムライスです。ガラスの靴をイメージしたソースをかけています。百聞は一見にしかずですよ」


 イケメンお兄さんが、オムライスを作っている少女のほうに目をやった。後ろのほうで、少女がなにやら作っている。小学生に作ることができるのだろうか? しばらくすると、見たこともない美しいオムライスが目の前に現れた。透明なガラスの靴を彷彿させる比較的小さいオムライスが、美しい透明なハイヒールの形の入れ物に入っているのだ。しかも、ソースは透明なゼラチンで作られていて、表面には金色や銀色で彩られた飾りもついていた。よくお菓子の上に乗っている金色の粉のようなものだ。


「いただきますっ」


 一口ほおばると、カボチャ味のライスが口の中で優しく広がる。甘さは自然な味わいで、カボチャの甘さとソースの甘さが甘党の私には絶妙だった。ほっこりした甘さに心奪われ、食事に夢中になってしまった。この店は不思議なことばかりだ、何か質問してみようかな。

「こちらは材料は何か特別なものを使っているのですか?」

「こちらの世界にあるゼラチンと砂糖を使っていますが、なかなか手に入らない材料は僕たちの国から持ってきました。普段は日本の食材を使いますが、あなたは特別なお客様なのでおもてなしの特別材料を作りました。


 シンデレラの淡い恋心の味わいを表現するために、城にある夜露を使いました。金や銀の粉は、幻想の花の花粉を使いました。現実甘くはないですが、せめて食べ物くらい甘くてもいいと思うのですよね」


 僕たちの国? 外国かな? なんだか不思議なことを言う人だな。

「城にある夜露、幻想の花の花粉って何ですか?」

「とっておきの隠し味です。夜露はこちらの水あめのような甘い味に近いですね。幻想の花の花粉は、味はないのですが、美肌効果があります」


 本音を見せないイケメンお兄さんはスキのない笑顔でほほ笑んだ。きっと私をからかっているのね。そう思うことにした。


「お客様はもしも、あの時……という後悔はございませんか?」

「えぇ、もしも高校入試に落ちていなかったらっていうことはいつも頭をよぎります。あの時合格していれば、もっといい高校生活や未来が待っていたと思うのです」

「もしも、合格していたらという世界を当店はご用意可能ですが」

「どういうことですか?」

「ここは、もしもが体験でき、ねがいがひとつかなうカフェとなっております」

「またまたご冗談を」


 私は、このイケメンおにいさんにからかわれているのだと思い、笑って聞き流そうと思った。しかし、おにいさんは真剣な顔をして、メニュー表を出してきたのだ。ひときわ目を引くドリンクがあった。


「虹色ドリンク?」 

「これを飲むと、過去か未来のもしもの世界が体験できます。実際、虹色程度に人生の道はたくさん広がっています」


「もしもの世界、面白そう」

「もしかしたらこうなったかもしれないというひとつ別の人生を体験できるのです。もしもを体験するならば、ひとつだけ、あなたの記憶を私にください」


「記憶ですか、ひとつくらいあげてもかまいませんよ。おいしいものは大好きです。虹色ドリンク、おいしいですかね?」


 私は好奇心でドリンクを飲んでみたくなった。無料だし、飲むだけならば、どんな味なのか見た目も気になる。写真に撮って友達に自慢しちゃおう。


「見た目は虹のような色合いです。味は、こちらの世界にはまだない味なので、表現は難しいですね。何かを得るためには、何かを捨てることも必要です」 


 こちらの世界という言葉はちょっとひっかかったが、私は細かいことを気にしない性格なので、無料ドリンクを飲んでみようという気持ちで、頼んでみた。


「いらない記憶はありますか?」

「結構どうでもいい記憶ってあるけど、なくなると困る記憶って何かなぁ?」

「初恋の記憶は必要ですか?」

「そうね、初恋は小学一年生のときだったけど、その人転校して二度とあえなかったし、あげちゃってもいいかな」


 すると魅惑的なおにいさんの微笑みが私の心に突き刺さる。

「初恋の記憶いただきます。虹色ドリンク1杯承りました。素敵なもしもを体験してください」


 すぐに、虹色ドリンクが出てきたのだが、見た目は7色の層になっていて、とてもきれいな色合いだった。色は毒々しくないパステルカラーの色合いだった。カクテルで、2色が2層になっているような感じに近いだろうか。見たことのない魅力的な不思議な色合いだった。1口飲んでみる。


「いただきます」

 その1口目は、何とも言えないこの世のものとは思えない味わいだった。


 甘いのだが、ほどよい果実感があり、飲んだことのない味わいを感じさせるジュースだ。多分、この世界にはない味だろう。でも、大好きになりそうなおいしさがある。


 ひとくち飲むと、少し意識がふんわりする。なんだろう。この感じ……。


 ※【シンデレラのかぼちゃごはんオムライス】

 かぼちゃの甘みと米が絶妙にマッチ。かぼちゃごはんをたまごで包み、透明なゼリー状のソースをかける。ソースに混じる金銀の粉が美しい。


 (ソースに使った隠し味)夜露、幻想の花の花粉


 


 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます