難しい言葉、または造語の解説

洋紅色ようこうしょく

『洋紅色(ようこうしょく)とは、深く鮮やかな紅赤色のことです。別に『ようべに』とも読まれるとおり、江戸後期に西洋から伝わった『紅色』のことで洋名は『カーマイン』。


カーマインは、メキシコのサボテンに寄生するコチニール(カイガラムシの一種)の雌から得られる紅色の色素で、江戸後期にオランダ経由で輸入され、絵の具や化粧品、食品の着色料にと現代でも幅広く使われています。


コチニールの別名を『臙脂虫 えんじむし』といいますが、その名のとおり『臙脂色 えんじいろ』の元になっています。『臙脂色』はより暗く深みがある色ですが、古くからの伝統色『臙脂色』と明治の文化人に流行したハイカラな『洋紅色』にカーマインという共通項があるというのもじつに面白いものです。』


〔Explanation of a color〕

“The Youkoushoku, is a deeply vivid crimson red. Separately, as also it is read as “necessary base to”, in the late Edo period was introduced from the West Yomei in the “Beni-iro” things “Carmine”.


Carmine is a red dye derived from the cochineal female parasitic to the Mexican cactus, are imported in the Netherlands through to the late Edo period, paints and cosmetics, are also widely used in modern times and the coloring of food.


Cochineal aliases called “Enjimushi,” but it will be the original, as “Enji-iro” in its name. Of the traditional color of the old “Enji-iro,” said Meiji cultural figures classy “Youkoushoku” which was popular in the there is a common denominator that Carmine is not quite interesting.”


引用

https://irocore.com/youkoushoku/


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る