Andel Adventure Note

りると

作者の戯言

初めまして。

ここでは裏話的な何かを書こうと思い今に至ります。

この話の書こうと思った理由です。(唐突)

片付けをしていた時に私が小さい頃に物語構成を適当に書いていたのが出てきまして、それを書いたことを覚えてはいませんでしたが、読んでいる間に書きたくなり書いた、というなんとも言えない理由で書き始めました。

そう思うと私は小さい頃からお話を作るのが大好きな子でした。笑

今も大好きですが。

人生濃すぎとよく言われ、精神の病気を持っていますが、少しずつでも書いていきたいです。

これからもよろしくお願いします。


(内容薄いですがこれから増やしていこうと思ってます)


第六話執筆中の戯言

ついにレビーザ図書館の中が公開されるお話を書いています。

これを機に洋風建築や和風建築等について調べたのですが、擬洋風建築なるものがあり、めっちゃかっこいいんですよ。

いつの日か表現してみたいものです。

町が変わると建築方法が変わる、というのはさすがに建築方法の知識を詳しく知らない僕にとってはつらそうですし、さすがに無理がありすぎるので、世界ごとに変わるようにしようかと思っています。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る