---本編---

プロローグ

この町は森に囲まれている。

多少交通の便がいいだけで何も無いところだ。…ぼくはこの町が好きだ。家の前の通りを左にまっすぐ行くと、森に入る。そこを少し入ると川が流れていて、古い橋があって。川と一緒に眺めるのが僕の日課だった。両親にはとても愛されてとても幸せな人生だと思う。だが、八ヶ月前母とお散歩でここに来ている間にお留守番をしていた父が、その日からどこかに行ってしまった。


「少しでてくるよ」


という置き手紙を残して。

その二ヶ月後。母は父を探して僕を置いて家を出て行った。父が出て行った後、一ヶ月間母は何もできなかった。ぼーっとしたままご飯も食べず、食べれても後から吐いてしまったりしていた。日々苦しみ続ける母を見るのは僕にとっても苦痛だった。それから僕は一人では何もできず、近所の人にご飯をもらったり作り方を教えてもらったりして、食いつなぎ、半年が経った。この半年で、家にあるお金を全てかき集めた。


このお金を持って僕は、今から両親を探す当てもない旅に出る。

これはそんな僕のお話。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る