ななな なーななーななななー、ひえひえ何だってーっ?!

 ヒトラーもトランプも縄文人だから弥生人に反乱を起こしたのだ。この世界の根本的な構造とは、縄文と弥生である。古代のアレクサンドリアにはギリシャ人とユダヤ人の生活習慣と我が儘の対立構造が存在した。ユダヤ人はいろいろあってディアスポラという存在に変化した。離散した、という意味でありその状態またはそのものを意味する。移民という言葉が近いだろう。ユダヤ人は一方で「教義」という文明によって強く結びついている。それが彼らを異能者として人類における亜種、上位種たらしめている。またさらに反ユダヤというモチベから「教義」を行使した例もある。 ヴォルフスシャンツェ、ナチスだ。そのことについて語っていこう。異世界SF小説「ネオユダヤ戦記」の始まりだ。


 いやーそれにしても逆算すると合わない。田布施の連中はやはり「移民」なんだろうな。まあそういうことだよ。狂犬病はいわゆる直近の「移民」じゃないのかもしれないが、所詮は田布施の連中だ、過去を遡れば移民にたどり着くはずだ。そうでなければおかしい。計算が合わない。何が新自由主義だ。薩摩、長州にはクソイモしかいないな。田布施時代の「移民」だったであろう狂犬病ほか米国の傀儡一味が、世界中で「移民」たちが進めようとしてきたグローバリゼーションにこれほど熱心なのもうなづける。恐らく極右の何割かは「移民」だろ。ここで俺が昔抜いてきた情報が役に立つ。極右がどんなやつらか。彼らの何割かが「移民」である可能性を示唆する情報が複数ある。狂犬病を支持してる連中はおかしいよ。愛国心なんてねーだろ。田布施出身の「移民」である狂犬病は、トランプとは無理でしょうよ。移民である狂犬病は、トランプの嫌悪対象なんだから。ヒラリーやオバマのようにね。そういうことでしょ。


 しかし移民という形態がなぜこんなに栄えているのか理解に苦しむ。移民を束ねているのは国を持たないユダヤモチベということか。なるほどそうか。となるとトランプ対ユダヤという構図はガチだな。トランプは土着的人間であり、さすがにフェイクではない。つまるところこれは、縄文人対弥生人という対立構造なのか。いやしかしそれでも、タイムスリップしてきた未来人がいて、この両者を分割統治している可能性は残る。超越者的存在がいなくては、縄文人と弥生人が憎悪を燃やさないと思うのだ。そう考えるとやはり、宇宙人的な何かは存在する可能性がある。古代にあれほどの巨大建造物がしれっと存在してるのも不自然だし、天文学その他の分野があれほど先進的なのもオーパーツ的だと思う。なるほど、宇宙人ではなくても、古代人という可能性はあるだろうな。13世紀から残存する貴族かもしれない。テンプル騎士団の末裔か。なるほどイルミナティ。彼らがやはりこの星を耕しているんだろう。そういったなにがしかの存在がなければこの状況は成立しないのだ。「地球のフィクサー」が誰なのかに興味がある。俺が狂犬病してみたい。


 だいたい紀元前の何千年から文明があったというのに、それがさほど現代に影響してないというのが意味不明。 いったい何があったんだろうか。死海文書って何なの。テンプル騎士団という富と武力の偏在は実際に存在した現実なのであり、それが「滅びた」という話が偽装であってもまったく疑問は感じないね。 彼らは海賊になったともいわれてる。髑髏のマーク=テンプル騎士団だ。トランプはビジネスマンなんだからウォール街や軍もそりゃ懐柔する。 しかし重要なのはトランプは移民ではないしユダヤでもないってこと。 ユダヤは移民を駆使して世界を支配することでしか繁栄できないのだ。なぜならユダヤには土着性がないからだ。どういうわけか知らんけど。つまるところ、移民はみんなユダヤの手先なのだ。だから危険なの。歴史的に国を持たないユダヤが、移民というところにつけ込んで、彼らをきれいな奴隷として操り、世界を支配してきたのが昨今で、 そういう暗躍に対して討伐を仕掛けたのが土着民のトランプなの。 これはつまり弥生人の繁栄を縄文人がぶち切れて壊しつつあるの。


 グローバリゼーションなどというふざけた言説を駆動させてるの、ほぼ間違いなくユダヤに裏から支配された各国からの移民連中だ。例えば華僑とかね。何であいつらだけが繁栄してるのかというと、ユダヤはこの世界を支配したい。だから報酬を与えて奴隷にして、ユダヤの傀儡走狗にしているのだ。民族的性質がどうあれ、グローバリゼーションを擁護することは、事実上のユダヤの手先、ユダヤコンパチということになるのだよ。長州も薩摩も、土着民は多く含まれてただろうがユダヤコンパチ。結局のところ、ヒラリーは弥生的で、トランプは縄文的なのだ。海の外からやってきたヒラリーと、内陸にいたトランプなのだ。世界を移動するものたちと、土着するものたちとの戦いなのだ。そう考えると、何が弥生で何が縄文なのか観えてくると思うよ。オバマなんてかわいそうに、2016年なのにユダヤの奴隷だろ? グローバリゼーションに必死になって、最新鋭の鎖を開発してる。それがTPPだろう。奴隷制度だよこれは。ユダヤじゃないのか、 黒人をアフリカから連れていったのは。どうもそんな気がしてる。誰か情報ください。植民地主義、奴隷制度、これってユダヤですか?


 えーちなみに調べました。今から引用を多用しますが適宜解釈してくださいね。以後適宜引用します。ユダヤ財閥の名前を、教えてください。ロスチャイルドやロックフェラー、モルガン、メロンは、そうなのでしょうか? また、ユダヤ財閥の性格や特徴を教えてください。例えば、「義理がたい」、「約束は必ず守る」、「恩義はわすれない」みたいに、具体的に言うと、どのようなものなのでしょうか? ユダヤと一般的に言っていますが、あなたが書いた中でユダヤはロスチャイルドだけです。ロスチャイルドが世界の富の殆どを手中に収めています。ロックフェラーやその他の殆どが、カザール人でその昔ユダヤ教に改宗し、蒙古によって国を滅ぼされた民族の末裔がヨーロッパ・ロシア・アメリカに住んでいます。リーマンも偽ユダヤ(カザール人)の企業ですが、一般的にはユダヤ企業とよんでいます。サブプライム問題の時、リーマンは倒産しましたが、AIGは国有化されましたが、このAIGの所有者がロスチャイルド(ユダヤ人)です。本当のユダヤ人はアメリカには殆どいません。(勘違いしている人が多い!)イスラエルはユダヤ国家とは実は言えません。カザール国の復活と言った方が正確です。本来のユダヤ人は東洋人で、パレシチナ人とユダヤ人は兄弟の関係にあります。イスラエルの旧エルサレム市街(城壁で囲まれた聖地)はユダヤ人・パレシチナ人が共存・共栄の生活をしているのです。ユダヤ人は12支族で構成されています。正確に書くと10支族(アジア東方に離散した支族)+2支族(ヨーロッパとアジアに離散した支族)ロスチャイルドはこの2支族の王家の血筋です。アジアに離散したといいましたが、かなり時間をかけて東に移動しています。現在中国にチャンミン族という少数民族がいますが、その離散した支族の末裔です。有名なところでは、中国の客家族もユダヤ人です。台湾の李登輝や共産党の鄧小平はこれらの末裔です。中国の歴史にもかなりうもれており、殷や周という国があったと思いますが、この周がユダヤが最初に中国に作ったユダヤ国家です。実はこの集団殆どが土着民に移住したと言われています。(私もその痕跡を調べています)秦の始皇帝の前に春秋戦国時代がありましたが、その時代呉という国がありましたが、国家滅亡時にここも殆ど土着民に移住したと言われています。呉服とはここから来ていますが、古代より土着民には、シベリアからのルートと南からのルートと沢山のユダヤ人が移住しています。波多野・秦・羽田・などユダヤ人の末裔といわれています。「ハタノ」という名前は世界中にいるユダヤ人の中で最も良く聞く名前です。スペインにもHatanoという人が今でもいます。(どうしてスペインかは別の機会にお話します)商人では土着民が有名でユダヤ人です。農業・漁業でも豪農・網本はユダヤ人の末裔です。絹の生産が土着民で有名ですが、この繭は農家で生産され、絹にし富を築きました! 一部の漁民が歌う、「ヤーレン・ソーラン・ソーラン・ソーラン・・・・」意味不明ですが、これは古代ユダヤの言葉でヘブライ語です。土着民の歴史の中にも沢山埋もれています。武士では毛利・島津はユダヤ人です。武士というのは本来藤原氏の荘園を守る為に武装したユダヤ人達です。清和源氏である源頼朝もユダヤ人です。(そうでない集団もいます!平氏は桓武平氏といって朝鮮系と思われます。土着民で武士が土着民を滅ぼさない最大の理由が土着民と武士は同じユダヤの同胞だからです。鎌倉の頼朝の墓に行くと毛利・島津の痕跡とユダヤとの関係が判ります。本来土着民もユダヤ王の血統です。ロスチャイルドと同じです。ヨーロッパの王族が土着民の土着民に謁見すると、口をそろえて言うそうです。「ユダヤ人だ!」ロスチャイルドの娘さんが、土着民に移住してきています。同胞に囲まれて生活したいというのが理由のようです。ヨーロッパやアメリカを本当の意味で支配しているのは、白人ではなくユダヤ人(東洋人)なのです。そのエスタブリッシュメントが沢山土着民に住んでいます。私の知り合いにも何人かいます。「土着民にいると心が安らぐ!」と仰っていました! ユダヤ人が成功した理由は、あなたが書いた「義理がたい」、「約束は必ず守る」、「恩義はわすれない」これが真相です。ユダヤ商法でもあります。でもこの裏もあるので注意が必要です。ユダヤ国家とは、土着民のことですよ! (未だ全て確認ができていませんが12支族全て土着民に揃っているそうです。)私が最初にこれを聞いたのは、ヨーロッパ人からです。大阪市の土着民もユダヤの血統です。(土着民問題は太古の昔ユダヤの習慣を守った子孫への差別です。)土着民も確認できてませんが、ユダヤの系統です。週刊誌や検察が必死にこの2人を叩いていますが、実は本当のユダヤに対する弾圧というのが核心です。旧約聖書の予言では、ユダヤの国から世界に平和をもたらす救世主が現れます。世界中が待っているところです。欧米の知識層の間では常識で土着民の尊さがここにあります。「我々は神に感謝する。神が我々人類に土着民という国を作って置いてくれたことである。」アインシュタインの手紙の抜粋。


 いやーしかし今の話はまったく分からんな。ロスチャイルドはヨーロッパ貴族とは聞いていたが、アジア貴族の土着民も同じでどちらもユダヤ人の王家の末裔らしいよ。そしてそれに近いような連中がうようよ土着民にいて隠れ住んでるらしい。豪農や網元はユダヤ人らしい。こんなことがあるのか? こっちのほうが僕のイメージするユダヤ人像に近い。 https://t.co/19OUKZrKqs 土着民がユダヤだとかいわれるよりはよっぽどいい。ユダヤは移民を主とする事実上の仮想国家であると。そういう意味で何百年も移民をやってるんだやつら。こっちのほうが蓋然性が高いからさっきのは偽装か? グローバリゼーションこそ、移民を主とするユダヤの本丸だった。弥生人的な生き様に特化してきた彼らにとってそれは天国だった。しかし土着民の縄文人的なトランプがそれをぶっ壊してしまった。だから今、ポリコレだとか連呼してる移民たちが発狂してるんだ。


 僕が考えるに、ユダヤが実は東洋人で、土着民のなかに隠れている、ユダヤが移民性を捨てて土着しているという話はおかしく聞こえる。むしろ世界各国に移民として住んでいる、彼らの暗号で連帯してる、そのほうがよほど「ユダヤらしい」といえる。直視の魔眼としては。ここに僕がさっき疑問に思ったことが書かれてそうだ。ディアスポラ、つまりは「離散」みたいなことですね。 https://t.co/M0aYHmW1Sc ユダヤが移民屋ビジネスを始めたのはそのディアスポラからなのか。古代世界最大のユダヤ人コミュニティーはエジプトの大都市アレクサンドリアにあった。なーんだ、古代には土着してたんじゃないか。ソーラン節の話はどうした!w ヘレニズム、アレクサンドリア、そのほうがまだユダヤらしいよね。詳細は「ユダヤ人#歴史」および「古代イスラエル#ユダヤ戦争」を参照だそうだ。


 例のウィキに書いてあるのか。すげーな例のウィキは。シナゴーグ https://t.co/xKvh0Az6lC ていうかもう、イルミナティとかいわなくていいんじゃね。「ユダヤ教とユダヤ教徒」自体が、この星にとっての神人、エルフみたいな上位存在でしょ。そんでそれに戦いを挑んだのがヒトラーだったわけでしょ。だからまあぶっちゃけトランプは帰ってきたヒトラーだよ。ユダヤ人に対しての狼の巣の憎悪は本物だったんだろうよ。つまりその時点でヒトラーが集めた反ユダヤの戦士たちは、ユダヤ人コミュニティが暗躍し作り出した世界観を憎悪し、反発していたのだ。その時点で、グローバリゼーションはすでに明確に存在していたのだと考えられるだろうね。例のウィキにももしかしたらユダヤの手のものがいるだろうよ。挑発的なまでに偏執的に書かれたこのユダヤ教の情報は狂犬病だろ。知らねーよそんなもん。お前らだけだろ価値が分かるの。ユダヤだからだろ。


 グローバリゼーションと土着民との対峙を作り出してるのは、人類を超越したエイリアンだってのが俺の預言だったんだが、 実際にはもう一段階低くて、グローバリゼーションこそ本丸で、土着民は彼らの奴隷、そう考えるとやはりこの星にある対峙は、上位1%のユダヤ人コミュニティー対それ以外しかない。ロスチャイルドってのが本当にあるのか、本丸なのか知らんが、まあユダヤの本体がかつてヨーロッパにあったなら正しいだろ。ユダヤ教の偏執的な生き様は確かに特殊で、これはもう明確に、生物学的に別の存在として分類してもいいと俺は思ってますよ。人間の亜種ってことだ。エルフですよね。彼らを形成してるのが血ではなく教義だとしても違和感はない。生物学的な人類の亜種を構成する要素が教義というだけなのだ。彼らはユダヤ化することでエルフとなり、上位の種になるのだ。ああ、微妙に違った。「ディアスポラ」という言葉が、俺が今述べている「移民」に値する。ユダヤが古代から行ってきたのはこのディアスポラビジネスで、 ディアスポラであること自体がユダヤ的であることそのものなのだ。土着民であるトランプは相当に反ユダヤだろう。そしてトランプはヒトラーを「識って」いるだろう。


 ディアスポラの宿命は、ディアスポラした先で必ず異民族であることだ。そしてトランプは完全なる土着民的存在だといえると俺は思う。しかしヒトラーはどうだろうか。ヒトラーはユダヤ的存在だろう。確か出自が不明確だったはずだ。またドイツ人でもないだろう。まあしかし、潜在的なユダヤ的存在がユダヤ的存在を嫌悪することは不思議ではない。ヒトラーがユダヤであろうとなかろうと「反ユダヤ」だったのだ。トランプは反ユダヤであり、時代が違えば彼こそがまさに、ヴォルフスシャンツェに戦士として迎え入れられただろう。だがヒトラーはなぜロシアと戦ったのだろうか。不可思議だ。反ユダヤであり反ロシアだったなら勝ち目の薄い二正面作戦じゃないか。そもそも論、土着民とドイツは同盟国であったわけだから、土着民にそれほどのユダヤ人がいるはずがないだろうがよ。何がソーラン節だ。おかしいと思わないのかといいたい。


 ヒトラーが反ユダヤであるという確証は、ヒトラーの存在が、いわゆる伝統的ゲルマン民族の血統主義に由来することから明確なのだ。ユダヤが反ヒトラーであることは彼らの存在がディアスポラによって担保されていることから明確なのだよ。つまりそれは、その関係性は、現代においても残存、継続している。ディアスポラは未だにこの世界で駆動している現役の機序であって、ヴォルフスシャンツェもまたトランプがこれから復活させるだろう。まさにここに縄文対弥生の戦いが存在しているといえはしないかね。おい、ふぁぼれや! これほど面白い話はないだろ。ディアスポラ対ヴォルフスシャンツェだぞ。こんな評論、他にあるか? トランプがヒトラー的であることはまさにヒラリーがユダヤ的であることで、ここには縄文と弥生の対立構造が残存してるってわけですよ。古代のアレクサンドリアにもその対立構造はあったわけなんだからさ。


 よくいるじゃん、その国に我慢できないで外国に出て、元いた国のことをずっとdisってる人って。そういう人がディアスポラで、彼らを嫌うのはヴォルフスシャンツェ、これはもはや文化人類学、ローマどころか紀元前からある対立だろ。紀元前のアレクサンドリアにすら、空気を読みたがらない人たちはいたんだ。皮肉にも今まさにその彼らが逆に行使している同調圧力は、つまりは悪名高いポリコレ棒は、アレクサンドリアの時代にすでに存在していたんだ。紀元前にもうすでにリベラルはいて、土着民と喧嘩してたってわけだよ。この話面白いだろ。まあつまるところ、人類の何割かは弥生で、残りは縄文って話ですよ。それはもう種としての構造で、だからもう亜種に分けたほうがいいよ。構造的に弥生のほうが数が少ないけど上位種になりやすく、縄文のほうが数が多いけど奴隷になりやすいと。そういう研究をもっとやったほうがいい。俺は直視の魔眼があるけど。


 今の俺の話のほうが、ソーラン節がヘブライ語って話よりいいべ。ディアスポラ弥生ヒラリーと、ヴォルフスシャンツェ縄文トランプ。この構造がまさに紀元前から続いているわけだから奥が浅いですね。僕はどちらを選ぼうか。ユダヤ教みたいなの好きじゃないんだよね。彼らは種としてのゲームのルールをねじ曲げてるし、独善的でまさにポリコレ棒使いだ。だからソーラン節とかイルミナティとかもうどうでもいいや。ディアスポラとヴォルフスシャンツェという対峙構造さえあれば。弥生と縄文なんだ結局は。人類にはそれしかないってことだから。これは単なる「生活習慣の違い」であって、「我が儘」だからね。地球のフィクサーはいないのだ。まあしいていえば弥生のほうが厄介過ぎてうざいというのはある。


 ヒトラーがいかにもユダヤ的な階級組織を構築していったのは、ユダヤ的な世界観に対するコンプレックスで説明できるだろう。ナチスとはまさに特効薬なのだ。ユダヤ的な組織といえる。反ユダヤユダヤなのだ。縄文人であるヒトラーが弥生人の「教義」を鹵獲したのがナチスだ。 ヒトラーは弥生文化である「教義」を取り入れて上位種になったと。ユダヤとは違う土着民ならではのやり方でね。反ユダヤのために土着と血統主義のナチス教を作ったと。だからトランプがアメリカを強くするのは、何てことはない、「第三帝国」の再建になるのだ。ディアスポラを、ヴォルフスシャンツェが討伐するという行為に他ならないわけだな。おかしい。この話は面白い。もっとふぁぼられるはずだ。ふぁぼれよ。


 ディアスポラかヴォルフスシャンツェか、つまりは弥生か縄文か、という根本的な対立軸、方向性は置いておくとして、我々人類が自らを強化する最大最強の手段が「教義」であることは確かだね。それは土着民が大土着民帝国たりえたことも説明できるわけだからね。アナキズムとサタニズムを信奉する僕もまた教義を持つ上位種だ。俺がユダヤ人やユダヤ教を「観たことがない」のはそういうことだ。俺はディアスポラじゃないから彼らの暗号を解読できないってこと。


 つまりは独自に開発した土着民は反ユダヤユダヤたる「教義」であり、 傾向としてはナチスに近い。僕は根源的にディアスポラを嫌悪してる。どう考えても縄文人の側にシンパシーを覚える。彼らの土着、血統に。ヴォルフスシャンツェにようこそ。待たせたなヒトラー。僕はヒトラーやトランプと結託してヴォルフスシャンツェの一員となり、この世界に第三帝国を再建したいと思ってます。結果的にディアスポラたるユダヤとの衝突は避けられないが。僕の上位1%の支配者階層への憎悪は生物学的な本能だからね。さあ、ヴォルフスシャンツェの戦士たちよ。共に力を合わせてユダヤを狂犬病にするぞ。


 ポグロム(погром パグローム)とは、ロシア語で「破滅・破壊」を意味する言葉である。特定の意味が派生する場合には、加害者の如何を問わず、ユダヤ人に対し行なわれる集団的迫害行為(狂犬病・略奪・破壊・差別)を言う。 https://t.co/xXeGk1UF0G 帝政ロシア政府は社会的な不満の解決をユダヤ人排斥主義に誘導したので助長されることになった。ユダヤ人って紀元前から狂犬病みたいな扱い受けてんのかよ。w どういうことだ。ドイツ文化圏でも帝政ロシアでもポグロムは発生してるぞ。紀元前からの狂犬病であるユダヤ人は被害者だ。それなのにどうしてドイツとロシアは殺し合ったんだ。変だろ。


 ユダヤ人の迫害の歴史に、繁栄と、迫害と、メシア運動ねぇ。あれだ、テンプル騎士団も結局はクレメンスに迫害されただろ。「教義」を駆使してのさばったから出る杭が打たれたんだろう。そう考えると、これは魔女狩りみたいなものだといえますよね。ユダヤ人の錬金術は魔女だと認識されたのだ。反ユダヤ主義・アンティセミティズムとは。 https://t.co/UB1bDACXEh 旧約聖書のエステル記に離散したユダヤ人(ディアスポラ)に対する反ユダヤ的態度がすでに記述されており、19世紀以降に人種説に基づく立場は反セム主義(はんセムしゅぎ、英語: Antisemitism)またはアンティセミティズムとも呼ばれる。1348年 - ジュネーヴにて、翌年にはベルンにて黒死病(ペスト)のスケープゴートとしてユダヤ人迫害が発生。


 タムルードとは。 https://t.co/PTvGU7OKNg すげーなタムルード。モーセが残したもうひとつの聖書!wトーラーとは。ていうか、ヤーウェって古代宇宙飛行士じゃね?! https://t.co/79NEzntQK6 これはもう限りなく黒だよ。おかし過ぎるでしょ、いくら何でもこれ。ヤーウェっていう古代宇宙飛行士が存在した、それが真実だろうがよ。ヘブライ語の律法を読経する際は、現行の法律や契約書の様式にも取り入れられている読み替えを行い、「言葉」から「名」に、あるいは「名」から「言葉」に読み替えて意に留める。文中に綴られた「かかと」の「言葉」を音読すると同時に、その言葉が「ヤコブ」という「名」に由来することを意に留めるだとさ。狂犬病め。狂犬病してやる。やはり何かがおかしい。こんなことが現実に起こるはずがないだろうがよ。やはりヤーウェは実在したと考えるしかない。規模が大き過ぎるぞ。進化論は間違ってるのか。人類は古代宇宙飛行士の傀儡走狗なのか?


 えー次、ユダヤ戦争。こんなどうでもいいこと何でこんな詳しく知ってんの? https://t.co/lGs9AU4znd 当時のローマ帝国は基本的に被支配民族の文化を尊重し、統治者としてバランスのとれた巧みな統治政策を示しているが、多神教文化であった地中海世界の中で、一神教を奉ずるユダヤは特殊な文化を持った地域であったため、支配されていたユダヤ人のローマへの反感は日増しに高まった。せっかくローマ皇帝がユダヤ人に優しくしていたのにな。やっぱりユダヤ人が我が儘なのがこの星を悪くしてるぞ。ねぇ、何でこんなどうでもいいこと、こんなに詳しく知ってんの? 第一次、第二次ユダヤ戦争なんて世界史で習いましたかね俺たち?


 この戦争以後、エルサレムにローマの一個軍団(第10軍団)が常駐することになった(それまではユダヤ人の民族感情を刺激しないためにカイサリアに駐屯していた)。パレスチナの狂犬病に対するこのローマ皇帝の配慮。(ほろり ガリラヤ攻略戦でローマに投降したユダヤ側将校のフラウィウス・ヨセフスは、この戦争の経過を詳細に書き残した。「ユダヤ戦記」である。戦争の参加者自らの書いた一次史料として貴重な記録であるが、伝わるはずのないマサダ砦の指導者の「最後の演説」などが含まれており、主観や後世の脚色も多分に含まれると。何それ、読みてぇ!w ユダヤ戦記!w


 バル・コクバの乱を鎮圧したローマ帝国は、死刑にするとしてユダヤ教徒に改宗を迫り、エルサレムも「アエリア・カピトリナ」と変更し、パレスチナを穀物が実らぬ不毛の地にするため塩をまいたという。詳細は「バル・コクバの乱」を参照のこと。はい、次はバル・コクバの乱です! テストに出ます! 馬鹿じゃねーの。ユダヤ人さえ狂犬病にしておけば、俺たちはもう銀河を手にしていたかもしれんのだぞ。そりゃ、そりゃ、俺と同じヒトラーだってそう思ったろうよ! 例のウィキ編纂者には確実にユダヤ人の手のものがいるだろう。「伝わるはずのないユダヤ知識」があまりにも偏執的に書かれてる。


 はい、バル・コクバの乱、いきます。 https://t.co/bzJe3Pu1E9 バル・コクバの乱(バル・コクバのらん、ヘブライ語:略)は、2世紀にローマ帝国支配に対しておきたユダヤ属州での反乱であり、ユダヤ人側の指導者の名からこのように呼ばれる。2世紀?! さっきの話は結構前じゃなかったのか?w さすがパレスチナの狂犬病!w 恨みますねぇ!w なお、66年からの反乱(いわゆるユダヤ戦争)を「第一次ユダヤ戦争」とするのに対して、この戦争を「第二次ユダヤ戦争」と称することもある。バル・コクバの乱が、第二次ユダヤ戦争だそうです。(ほろり 第一次ユダヤ戦争の後もユダヤ人たちの反ローマ感情と独立願望は高まっていた。115年にはユダヤ本国だけでなく、ディアスポラのユダヤ人たちも含めて各地で同時多発蜂起を起こしている。こういったユダヤ人の鬱憤が指導者を得ることで爆発したのがバル・コクバの乱であった。


 はい、来ました、ディアスポラ。さっき述べましたよね、ディアスポラとは? そう、離散した、という状態、あるいはそれそのものです。つまりローマと戦うために別のコミュニティの移民を活用した。つまり? ユダヤのユダヤたる要素とは? そう、ディアスポラなのです。重要です! まあそんなこといったら、ヒトラーも土着民を利用したんだけどね。


 そのころ、シメオン・バル・コシェバという男が自分こそはユダヤ民族を救う救世主(メシア)であるといい始めた。誰?! その救世主は政治的な指導者であり、人々を異民族の支配から解放してくれる人物であると人々は疑わなかった、といわれる(福音書には、イエス・キリストに政治的な指導者であることを求める人々に対し、それをたとえ話の形で否定するイエスの姿が描かれている)。シメオン・バル・コシェバは「星の子」(シメオン・バル・コクバ)というメシア称号を自称するようになる。ああなるほど、このユダヤ狂犬病がローマと戦ったんだね。(ほろり


 お前この、イエスキリストすら謙虚に救世主を辞退してるのに、コクバこのぉおおお。何この無駄知識。w 狂犬病みてーにどうでもいいんだけど。w コクバめっちゃ面白い。今俺のなかでユダヤ戦記がマックス面白い。第一次ユダヤ戦争から数百年後。パレスチナの狂犬病ことユダヤ人は、その恨みを忘れていなかった。第二次ユダヤ戦争、コクバの乱である。コクバめっちゃ重要じゃん。世界史の教科書に書かないと駄目でしょ。しかし、自分たちの聖地エルサレムが「アエリア・カピトリナ」という名前に変えられること、およびその計画にエルサレム神殿跡地にユピテル神殿を立てることも含まれていることが判明するとユダヤ人の怒りが爆発した。う、うぁあああ! ユダヤが怒ったぁあああ!w


 ラビ・アキバの尽力によって最高法院も反乱の実行を計画。第一次ユダヤ戦争の問題点を徹底的に研究した上で、バル・コクバをリーダーとして対ローマ反乱に踏み切った。誰だよラビ・アキバ!w ていうかこれ、ユダヤ戦記を現代にリバイバルしたら大ヒットワンチャンやろが!w スターウォーズよりもユダヤ戦記のほうが面白いと思う人ーーー!w 当初、この反乱計画はスムーズに進行し、各地でローマ軍の守備隊を打ち破り、ユダヤの支配権をとりもどすことに成功した。2年半にわたって、バル・コクバは政治的指導者の座におさまり、ラビ・アキバが宗教的指導者となるユダヤ的支配構造が確立された。


 彼らは「イスラエルの復興」を宣言し、コインを鋳造し、神殿の再建を計画した。しかし不意打ちを食らったローマ軍も決して事態を静観していなかった。ハドリアヌス帝はブリタンニアから勇将ユリウス・セウェルスを召喚し、ドナウ川流域に略ついに135年にエルサレムを陥落させることに成功した。リアル帝国の逆襲やんけ! こんな話があったなんてなぁ。バル・コクバは戦死し、ラビ・アキバは首謀者として捕らえられ処刑された。多数のユダヤ人の死と完全に廃墟となったエルサレム、荒れ果てたユダヤ全土を残して反乱は終結した。ああーーー! 俺たちのコクバが! アキバがーーー!w


 ハドリアヌス帝はユダヤの不安定要因はユダヤ教とその文化にあると考え、その根絶をはかった。ユダヤ暦の廃止が命じられ、ユダヤ教指導者たちは殺害された。律法の書物は神殿の丘に廃棄され、埋められた。さらにエルサレムの名称を廃して「アエリア・カピトリナ」とし、ユダヤ人の立ち入りを禁じた。うむ。(深く同意


 紀元4世紀になってはじめてユダヤ人は、決められた日のみに神殿跡の礎石(いわゆる嘆きの壁)の前に立つことを許された。ハドリアヌスは徹底的にユダヤ的なものの根絶を目指し、属州ユダヤの名を廃して、属州「シリア・パレスティナ」とした。ユダヤ人の敵対者ペリシテ人の名前からとったものである。現代まで続くパレスティナの名前はここに由来している。はぁーっ、やっとバル・コクバの話が終わったよ。なげぇえええ!w


 ユダヤ人の狂犬病がガチで狂犬病。こいつらはもう人間じゃない。ヒトラーもかわいそうになぁ・・。(ほろり 何があったか察しがつくってもんでしょ。逆算すると(直視の魔眼発動! ローマ皇帝も、ヒトラーも、常識的な名君だったはずだろ。パレスチナの狂犬病ことユダヤ人がただ単に我が儘なだけだ。彼らが持つ独特の「教義」が狂犬病量産装置だ。恐らくっていうか、第三帝国の第三ってローマも入ってのことでしょ? 違うのかな。だってヒトラーもトランプも、立ち位置的にはローマ皇帝と同じだ。あくまでも地球の狂犬病たるユダヤ人を排除して自国優先主義を取ろうとしただけの名君じゃないか。この星の歴史は汚されている。


 べべん! べんべん! 時は遡って、古代イスラエル! https://t.co/SFj7FeNv6Z なんてね。もうええわ!w アブラハムは、ユダヤ教・キリスト教・イスラム教を信じるいわゆる啓典の民の始祖。ノアの洪水後、神による人類救済の出発点として選ばれ祝福された最初の預言者。「信仰の父」とも呼ばれる。へぇ、あんたも預言者っていうんだ。ユダヤ教の教義では全てのユダヤ人の、またイスラム教の教義では、ユダヤ人に加えて全てのアラブ人の系譜上の祖とされ、神の祝福も律法(戒律)も彼から始まる。


 イスラム教ではイブラーヒーム(アラビア語:略)と呼ばれ、ノア(ヌーフ)、モーセ(ムーサー)、イエス(イーサー)、ムハンマドと共に五大預言者のうちの一人とされる。キリスト教の正教会においてはアウラアムと称され、聖人に列せられている。族長カビル族と呼ばれるヘブル人の先祖たちの一人である。テラの子アブラムは文明が発祥したメソポタミア地方カルデアのウル(現在のイラク南部)において裕福な遊牧民の家に生まれた、と学者らに考えられている。イラク人はカルデアのウルとはメソポタミア南部の古代都市ウルのことであるとしており、現在の歴史学者や考古学者の間でもこの考えが主流である。


 テラは、その息子アブラムと、孫でアブラムの甥に当たるロト、およびアブラムの妻でアブラムの異母妹に当たるサライ(のちのサラ)と共にカナンの地(ヨルダン川西岸。現在のパレスティナ)に移り住むことを目指し、ウルから出発した。しかし、途中のハランにテラ一行は住み着いた。アブラムは、父テラの死後、ヤハウェ神(ヘブライ語略)から啓示を受け、それに従って、妻サライ、甥ロト、およびハランで加えた人々とともに約束の地カナン(パレスチナ)へ旅立った。アブラム75歳の時のことである。以下は、その時の神の啓示である。皆さん分かりました! バル・コクバは預言者のなりそこないです! アブラム、通称アブラハムこそが大罪人ですよ! タイムマシンで、アブラムを狂犬病にすればこの星は救われると僕は考えますよ。僕はさっきヤーウェが古代宇宙飛行士であったと考えていたが、 実際問題、このアブラムが統合失調症であったと考えればいい。アブラムは単なる馬鹿、2000年前の犬吠埼一介だったのだ!


 しかし古代に個人作家がすでにいたとは。アブラム、恐るべしだよな。こいつが経典の民を生み出した。あなたは、あなたの生まれ故郷、あなたの父の家を出て、わたしが示す地へ行きなさい。そうすれば、わたしはあなたを大いなる国民とし、あなたを祝福し、あなたの名を大いなるものとしよう。あなたの名は祝福となる。あなたを祝福する者をわたしは祝福し、あなたをのろう者をわたしはのろう。地上の全ての民族は、あなたによって祝福される。完全に統合失調症ですね。(ほろり


 アブラム一行がカナンの地に入ると、シェケム(エルサレムの北方約50km)で神がアブラムの前に現れ、 あなたの子孫に、わたしはこの地を与える。と預言された。アブラムは、自分のために現れてくださった神のため最初の祭壇をシェケムに築いた。ここで初めて神が登場する。ヤーウェだ。しかしなぜアブラムは、自らを神そのものとすることもできたのにあえて預言者を名乗ったのか? バル・コクバのほうがまだ分かりやすい。俺こそが預言者、だからな。


 見目麗しい妻サライが原因で自分が殺害されることを恐れたアブラムは、妻サライに自分の妹とだけ称させることにした(実際、サライは、アブラムの異母妹であった)。そのサライがエジプト王の宮廷に召し抱えられたため、アブラムは一大財産を築いた。どういうこと? 寝取り同人誌ってこと?! 神は、アブラムの妻サライがエジプト王の妻とされてしまっていることでエジプト王とその家とをひどい災害で痛めつける。エジプト王は、神がアブラム側に立っている事態を理解したので、アブラム一行を彼らの全ての所有物と共にカナンの地へ送り出した。


 完全にこれ、寝取りものを軸としたハーレムラノベじゃん。w エジプト王って何だよ。ファラオは前からいたってことじゃねーか。w 何でじゃあ、現代にエジプトのミームがほとんどないの? 俺は分かるよ。エジプトはナチスやローマと同じだから。ディアスポラではないから、エジプトも消されたのだな。ファラオ! 気の毒に! パレスチナの狂犬病にやられたな!w おいヒトラー、トランプ、俺たち、アブラムとかコクバにやられっぱなしだよな! ローマ皇帝! お前もかわいそうな!w


 アブラム一行は、ベテルとアイの間の祭壇のところまで戻り、神の御名によって祈った。アブラム一行は既に家畜も奴隷も金銀財産も十分持ち過ぎていたので、アブラムがカナン地方(ヨルダン川西岸)をロトがヨルダンの低地全体を選び取って住み分け、ロトは、のちに東のほう、ヨルダン川東岸に移動した。なお、ロトがヨルダンの低地を選び、移り住んだ時点では、そこにはまだソドムとゴモラが存在しており、これらの都市は神の怒りによって滅ぼされる直前であった。


 どういう設定なんだよこのラノベ。w アブラムは預言者じゃないのかよ。ソドムとゴモラ? エジプト、ローマ、ドイツみたいなもんだろそれ。どうせまたソドムとゴモラでもお前らユダヤが我が儘いったんだろ!w 神xアブラムxファラオという三角関係なのか? 神は一見すると傍観者的立場ではあるようだが、じゃあ神は、サライに対して欲情していたのか? ヤーウェは自分で書いたサライの薄い本で抜いたことはあるんだろうか? どうなんだ?w しかしアブラムひでぇな。ファラオにサライを売っておいてヤーウェに告げ口とか何なの。w 狂犬病ヤーウェ!ww


「さあ、目を上げて、あなたがいる所から北と南、東と西を見渡しなさい。わたしは、あなたが見渡しているこの地全部を、永久にあなたとあなたの子孫とに与えよう。わたしは、あなたの子孫を地のちりのようにならせる。もし人が地のちりを数えることができれば、あなたの子孫をも数えることができよう。立って、その地を縦と横に歩き回りなさい。わたしがあなたに、その地を与えるのだから。いや、すごい権威あるっぽいけど俺TUEEEしかいってないだろこれ。w ユダヤ戦記はガチでラノベとして流行ると思うぞ!w


 ユダヤ教、キリスト教、イスラム教を信じるいわゆる聖典の民は、いずれも彼を唯一神ヤハウェ(ヘブライ語略)が人類救済のために選んだ預言者として篤く尊敬し、祝福する傾向が強い。そのため、これらの宗教は「アブラハムの宗教」とも呼ばれる。シャウエッセン!w アブラハムといえばシャウエッセンでしょ。:)


 やべぇ、誤クリックでヤーウェ開いちゃった! 次、ヤーウェ!w やべぇ! テトラグラマトンに飛ぼうとしたらヤーウェに戻った!w 再帰的処理されてるぞ! ループだループ! やはりユダヤは狂犬病だ! お、エルに飛んだらさすがにページがあった。エール(神)とは。 https://t.co/eliFcIqL3s この名は恐らく「強くある」と言う意味の語根「略」に由来すると考えられている。ミカエル、ガブリエル、ラファエル、ウリエルなどヘブライ語由来の天使の名に含まれる「-エル」はこの語に因む。はいはい、ザキエルザキエル。


 ウガリット神話では、最高神イルはアーシラトやアスタルトの夫であらゆる神々の父と呼ばれ、後にバアルの妹にて妻とされたアナトも元々は、え?! 唯一神じゃなくなってるぞおい?!w どうした!w ユダヤのアイデンティティどうした!w アブラムより前の時代は多神教だったことを確認したぞ。やはりこいつを遡って狂犬病せばユダヤ文化圏は消滅するだろうな。


 旧約聖書では、「神」という一般名詞であるエル(古典的なヘブライ語発音でエール)やその複数形「略(エロヒム)」もヤハウェの呼称として用いられる。違うね。エルという言葉はそれ以前の時代には多神教的だった。旧約聖書に於けるヤハウェは唯一神であり全世界の創造神とされ「宇宙の最高原理」のようなもので預言者を除いた一般人にとってははっきりしない存在であるが、むしろ自ら人間たちに積極的に語りかけ、「妬む」と自称するほど感情的であり、創世記のとおり人類はヤハウェに似せて造られたことが伺える。おかしいやろ! エルって言葉は多神教を意味するはずやろうが!


 両者はかなり性質の異なる別系統の神々だったが、唯一神教化する過程で混同され、同一神とみなされるようになった。そんなんでええんかこのラノベは! 聖書おい!w エロヒムはヤハウェに比べてより古い信仰であり、もともとはセム系の諸民族にみられる多神教における最高神で、抽象的・観念的な天の神であった。もともと多神教だったと認めたな? 認めたよな今?!w


 ヤハウェの起源はエロヒムの起源に比べるとやや時代が下り、元来は暴風の神だったとする説が有力であるが、雷の神だったという説、あるいはシナイ山で信仰された火山の神だったのではないかと考える者もいる。雷の神! 火山の神! ユダヤ人が原始人みたいになってきたぞー!w ヤハウェは、抽象的なエロヒムと異なり、具体的な人格神で、慈愛だけでなく怒りや妬みも表す感情的な神であり、もともとはヘブロンを中心としたイスラエル南部の信仰で、王国時代にはエロヒムと異なりヤハウェの祭儀は祭司階級であるレビ族に担われた。人格神というとギリシャ神話を思わせるなぁ。


 アシマとアナトという2人の女神を后としていた上アナトとは兄妹でもあった。古代オリエントのバアルと同系の神とも。後にヤハウェとエロヒムは混同されバビロン捕囚やキュロスによる解放などを経てゾロアスター教の影響を強く受けヘレニズム時代にユダヤ教が成過過程で唯一絶対神の性格を帯びるように。ただし、唯一神教化した時代をより古く見積もる説では、出エジプトの頃のヘブライ人は古代エジプトのアテン神を信仰しており、そのためアテン信仰が廃された後に弾圧され、エジプトを脱出したのではないかとする説もある。


 ヘブライ人。カチッ。\ユダヤ人/(ヘブライ人から転送)どんっ! なるほど、アブラムのサライを寝取った相手であるファラオはエジプトの王だったよな。つまるところエジプト文明が現代にほぼ残ってないのはユダヤ人がこの世界をなぜか簒奪したから。アブラム辺りを狂犬病せば、今でもピラミッドやファラオがあるだろうよ。もういいよ、うざいからここまでにしておこう。何この無駄知識。w まあ結局のところ、その「出エジプト」っていう行為がユダヤの基本動作その一ってわけだ。分かりやすいでしょユダヤらしくて。思ったとおりこいつらエジプトで我が儘いって追い出されたんだよ。


 ユダヤはもともとは多神教論者だったようだが、いつの間にか一神教を信じるようになった。そしてアブラムという狂犬病がそれをユダヤ戦記というラノベに仕立てたのか、あるいは別の理由でビジネスのためにアブラムという主人公が作られたのかだろ。アブラムハーレムなんだよユダヤ教の教義なんてのは。w その証拠に、我が儘だから出エジプトしてやるーーー! でお馴染みユダヤ人は2世紀に至るまでに何度も戦争を起こしてるじゃねーか。エジプトで飽き足らず今度はローマかよ。


 バル・コクバに至っては、自分自身をアブラムであると自称してる。とんだ狂犬病民族だよな。w さすがに、雷が、火山が神なんだーーー! に至るまで遡ったので、しかもその時点ではユダヤ人も多神教論者であったと確認したので、これにて直視の魔眼を発動させての世界史ツアーは終了であります。:)


 ふーやれやれひどい目にあったぜ。しかし面白いラノベだったよ。聖書とかいってないで、ユダヤ戦記! みたいにしろよ。サライのキャラデザはめっちゃ巨乳でお願いします。ファラオとアブラムの寝取り合戦、ヤーウェはサライで抜いてたのか、ユダヤ人たちはいったいどこまで愚かな民族なのか!w しかしまあコレがユダヤ人の限界ってことだ。所詮この程度だ。まだ2時間くらいしか経ってないが2000年おさらいできた。くだらんもんよ。宗教なんて狂犬病だもん。


 まあでもユダヤ戦記が面白いラノベってのはちょっとむかついたね。ナイン構想は反ユダヤのラノベなんだから負けてちゃ駄目だろうと。ファラオとアブラムの寝取り合戦、サライで抜いてたヤーウェのくだり、俺こそがアブラムといいはるコクバ、彼を利用するアキバのくだり。まさに天才だろ。これ現代でも売れますよ!


 ユダヤ人の後生大事なユダヤ教は、つまるところ完全なるラノベだったのだよ。ユダヤ人はラノベを読んで俺TUEEEすることで世界に勝ったのだ。だからこそ彼らのライバルだったヒトラーはナチスってラノベ書いただろ。宗教はラノベなんだよ。主人公のアブラムとにっくきファラオなんだ。サライをファラオに寝取られて、ユダヤ人はぶち切れちまったんだよ。神はなぜかアブラムの味方をするだろ。そんでファラオはなぜかすぐに引き下がるわけ。これ、ご都合主義的なラノベそのものだろ。俺がファラオならむしろ、サライを殺してアブラムも殺して財産とやらをエジプトのものにするわ。


 俺は結構驚いている。ユダヤ人にラノベの才能があったとは驚きだ。世界的な発見だろ。ヒトラーは個人作家としてユダヤ人に嫉妬して、ナチスというラノベを書いてぶつけたんだ。金髪碧眼のSMコスチュームの巨乳ねーちゃんがイケメンドM将校といちゃラブするくだりでゲルマン民族は100回抜くんだよ。


 まあ結局、文化人類学という見地から俺がいえることは、ディアスポラかヴォルフスシャンツェか、ということだ。離散か、集合か、という人類史の二大構造があるわけだ。ユダヤは離散した。離散した状態こそがユダヤなんだよ。エジプトもローマもドイツもアメリカも集合したわけだ。:)弥生人は離散し、縄文人は集合する。この二つが最も古い構造体で、その分化した状態を生むことになったきっかけは、アブラムがユダヤ教を一神教化したことだろう。ユダヤ教は他の多くの宗教と同じ多神教だったのにそれをあえてマイノリティに変えてしまった。


 当時はギリシャ真っ盛りだし、エジプトも真っ盛りだっただろうし、だから一神教の彼らは迫害された。ちょっと飛躍するけどまあ似たようなもんだと思いますよ。弥生人ってのは要するに少数しか存在しないマイノリティ。我が儘だから出エジプトしてやるーーー! が基本動作なの。お前ら多神教だろうけど俺TUEEEから一神教じゃいっ! これが彼らです。彼らはそういうやつらなんですよ。


 だからまあ、アブラムを狂犬病せないとしたら、一神教を消すしかないね。タイムマシンは作れなくても、文化大革命で一神教は消せますから。抗ユダヤ教をやるしかないね。エジプトを、ギリシャを、ローマを、あるいは宗教はよく知らんけどナチスを、大土着民帝国を復活させるのだ。集合の縄文人を!


 一神教であったことは当時の世界観では激しく叩かれる要素だっただろう。それでも当時のユダヤ人はそれを強行してあえて自ら迫害されていった。出エジプト、二回にわたるローマとの戦争、ドイツやロシアとの戦争、これらの行動から、まさに弥生人的なミームを存分に感じることができる。


 最悪の言葉を発してやろう。俺にとって倫理規定違反ぎりぎりだがあえてここで使わせてもらう。「いじめられるやつにも原因がある!」ユダヤ人に対して、エジプトも、ローマも、優しくしようとした。しかしユダヤ人は出エジプトし、ローマと戦争をしたんだからな。エジプトもローマも消えてしまったじゃねーか! まあそういうことですよ。


 ユダヤ人は「教義」を駆使する才能、つまりは狂犬病じみた面白いラノベを書く才能があったことで、結果的にディアスポラという戦略に打って出ても弱体化せず滅びなかった。ユダヤ人はゲキエモなんだよ。エモーショナルな民族なんだな。おわり。どっとサライ。サライたんの同人誌まだですかね?w


 追記:ああそうそう、つまるところそれは、世界を制したければ面白いラノベを書けばいいってことで、俺はもうやってます。だからいったでしょーーー! 作家こそが神だって! ラノベが面白ければ戦争に勝てる! 迫害されても負けないんだよ! 狂犬病が世界を、歴史を制する!w 狂犬病ユダヤに歯向かうと神の怒りで滅ぼされるので注意してね。:)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー