人が去ることが僕への罰なのだそれがどうした僕ここにいる #短歌

作者 犬吠埼一介

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全16話

更新

  1. エロ美女秘書エリィとSPYザヴァツキの珍道中始まるよ
  2. くの① 立方体都市 いやーこれがまじで面白いんだよなぁ!
  3. くの2⃣ 蛮勇は世界を巡る え、まだ読んだことがないのかい
  4. くの燦 そのたま! べ、べつにたまたまじゃないんだからね
  5. 屈指級 さながら元素のように主人公とヒロインは出会った
  6. 苦の娯のいってんじゃねええええ王冠なんだよぉおおおっ
  7. くのろっくんろぉ降霊術師の待ちな、しぇけよーありよー
  8. くの七 従前より十全に、耳と尻尾の狭間に詩歌入ってるぜ
  9. 付録① 雨降って地固まる。雨に歌えう゛ぁっていうじゃん
  10. 付録② んほぉおお俺らのナミさぁああ大澤「連れていけ」
  11. 付録③ やっていこうぜ、かもーん、大澤めっぐぅううみー
  12. 付録④ 理想を追っている誰が何といおうと追っているんだ
  13. 付録⑤ めし漫画をどれだけ愛好してるのかはわかるまいよ
  14. 付録⑥ 話は全部聞かせてもらった、な、何だってーっ?!
  15. 付録⑦ ふふんいいもん俺なんてクラスに4人愛人いたもん
  16. セカボクのプロットだから好きに読んで参考にしてくれ🐰