「そして、涙は海になった」略称:ティアシー

作者 ザヴァツキ 新作「ティアシー」執筆わよ

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全57話

更新

  1. 人物紹介:エリィ&ザヴァくん&ティムっちゃん
  2. 九番目 「そして、涙は海になった」略称:ティアシー
  3. プロローグ
  4. 第一章 別世界ダイバー
  5. 第二章 進みゆく遷移
  6. 第三章 気心を知ろう
  7. 第四章 イモータリティ
  8. 第五章 カンワキューダイ
  9. 一番目 「立方体都市」 サーガのすべての始まりかしら
  10. 第一章 立方体都市
  11. 第二章 価値観戦争
  12. 第三章 クオリア
  13. 二番目 「蛮勇は世界を巡る」 行ってみたいな火星へと
  14. 第一章 デイドリーマー
  15. 第二章 邂逅
  16. 第三章 交錯
  17. 第四章 獲得
  18. エピローグ
  19. 三番目 「そのたま! その銃弾が、確かにセカイを変えたのだ」 蟹工船オマージュなラノベわよ
  20. 第一章
  21. 第二章
  22. 第三章
  23. 第四章
  24. 第五章
  25. 第六章
  26. エピローグ
  27. 四番目 「さながら元素のように僕らは出会った」 銀河
  28. 第一章
  29. 第二章
  30. 第三章
  31. 第四章
  32. 第五章
  33. 第六章
  34. エピローグ
  35. 五番目 「割られよ、凍てついた王冠よ」 階級的革命譚
  36. 第一章
  37. 第二章
  38. 第三章
  39. 第四章
  40. エピローグ
  41. 六番目 「降霊術師の街」 拳からアレなファンタジー枠
  42. 第一章 濃霧に包まれた世界
  43. 第二章 光と影の導師
  44. 第三章 導師グレフの暴走
  45. エピローグ
  46. 七番目 「耳と尻尾の狭間にて」 詩歌もあるのですわよ
  47. 耳と尻尾の狭間にて
  48. 108の機関誌
  49. 八番目 「100万ポイントの純情」
  50. 漫画なので割愛で
  51. 番外編 サムシングかしら
  52. ティアシーの"プロット"わよ。ぜひ参考にしてね
  53. ティアシーの"シナリオ"わよ。ぜひ参考にしてね
  54. ぜんぜん執筆中の部分わよおほほ☕🐰
  55. エッセイ「ウサギがエッセイを始めたようですわー」
  56. 第一章 世界の価値のほとんどよ。芸術を嘯きながら、目を背けてて、ごめんな
  57. 第二章 みんな大好きオリジナリティの話についてウサギも一家言してみたケド
  58. 第三章 SNS活用するってどんな感じ、こうすれば勝つようってことかしらね
  59. 第四章 悪戯っていう文字列からすらも興奮を感じ取れるって偉人がいったズラ
  60. 第五章 豆に書くのがいいんだよコーヒーでも飲みながらラノベの気分転換にネ
  61. 第六章 エッセイタグにグルメネタがあるじゃねぇか、書評はどうした、書評は
  62. 第七章 電書会という組織は伊達じゃないなぜなら全権を掌握してるのですわー
  63. 第八章 だっだっだ、うおお、テンプレじゃない、蛹になって本格ファンタジー
  64. 第九章 したらばをね、1000本は食べないと、本当の酒飲みにはなれんのよ
  65. 第⑩章 ラーメン、つけ麺、人望超あるザヴァみ感くんの神保町カレー街ばなし
  66. 第⑪章 SNSをやりまくれば小説の技術も磨けるって話を聞いたんですけどー
  67. 第⑫章 半額令嬢は今日も往く。店員さん、値札が曲がっていましてよ、おほほ
  68. 第⑬章 そもそもスカしてるだけの野郎よりか熱血漢のがマシなんじゃねーのか
  69. 第⑭章 インターネット著述家ザヴァツキはいう。ローカリストたれってことで