乳首蒐集家

作者 坂井令和(れいな)

95

33人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

この作品を、パロディとしてしまうにはモッタイナイ気がします。

コレ単体でも、普通に成立している作品です。

フェチ臭プンプンですが、ソコが良いのです……。

乳好きにお勧めする、クロスオーバー作品デス!

手首もいいけど、乳首もネ!(おせちもいいけど、カレーもネ……風味)

★★★ Excellent!!!

カクヨム史上【最もお下品】で【最も笑える】作家、坂井巨匠が産み出した究極の変質者ヒーロー手塚の本歌取り作品。
今度は乳首探偵が登場!

単なるパロディかと思いきや、ミステリーとしても、ギャグとしても、ホラーとしても、完成度の高い異常なストーリー。

一時期、私はこの作者の作品に影響を受け過ぎ小説が書けない後遺症に悩まされたが、養生の甲斐あって最近ようやく復帰することができた。
闘病中は何を書こうとしても下ネタしか出て来なくなってしまうのである!
本作はそれ程に危険な小説であることを理解した上で自己責任にて閲覧して欲しい。

★★★ Excellent!!!

この作品は、同じ作者の方が書かれた「手首蒐集家」のパロディになります。

先ず、手首蒐集家を読んでみてください。狂気を感じるホラーにぞくっとするはずです。

その後に、ぜひこの作品を読んでみてください。間違いなく笑いが止まりません。

狂気がボケツッコミに、ホラーがコメディになっています。

このミステリーとコメディを合わせた持ち味が、この作者の方の魅力です。

とても面白いので、ぜひご一読ください。

★★★ Excellent!!!

 この感覚は何に似ているんだろう? 
 と考えて、遊園地に似ていると思いました。

 冷静に考えれば、ジェットコースターなる
 高いところをクソ早く走り回る野蛮極まりない乗り者なんて、誰が乗りたいと思うのでしょうか?

 しかも、乗る場所と下りる場所は殆ど一緒なのです。
 別に移動している訳でもなく、ただ高いところを走り回っただけ。
 もし事故が起きたら、怪我では済みません。

 けれど、人はジェットコースターに乗ります。
 遊園地に何度も足を運びます。
 それは遊園地というテーマパークが楽しいものだと、説得されてしまっているからです。

 本作の「乳首蒐集家」には、そのような心地良く(不思議な)説得力があります。

 ジェットコースターのように、見事にあらゆる場所に引き回したと思ったら、現実のほんの少し違う場所に下ろされます。

 その間にはセンスの良い、ネタが満載に詰め込まれています。
 まさにアイディアの宝箱とも言えるネタが多々存在するにも関わらず(僕は最終話のタイトル好きです)、
 小説の(あるいは乳の)勢いに飲み込まれて、それをちゃんと観察することを許してくれません。


 そうなると、怖いもの見たさに、もう一度ジェットコースターの列に並ばざるおえなくなります。

 なんだか、その時点で著者に僕は説得されているような、騙されているような、そんな気分になります。
 けれど、それは全然悪い感じはしません。

 むしろ、夢(もしくは悪夢?)の国に迷い込んだような感じに近いのかも知れません。あれ、それは良くないのか?
 もうわからないです。笑

★★★ Excellent!!!

蒐集家。
たかが変態と侮るなかれ。
道は極めるためにある。

――と、説得されてしまいそうな勢いの物語がここにある。

『手首蒐集家』のセルフパロディだけあって、そのルビのインパクトと使い方には作者のセンスが光る。
※『手首蒐集家』は秀逸なルビ使いのサイコホラー

笑わせるだけ笑わせておいて、ふっと落とされるラスト。

これはエロワードで引いていてはもったいない!

★★★ Excellent!!!

坂井令和(れいな)さんの代表作『手首蒐集家』のセルフパロディです。とんでもないセルフパロディきました。

グロと笑いと変態がおっぱい。じゃない。いっぱい。

がしかし。ただの変態乳首では終わりませんよ。坂井令和(れいな)さんですからね。衝撃の結末が待っています。

こちらから読んでも大丈夫ですが、『手首――』と合わせて読めばさらに楽しめると思います。ぜひセットでどうぞー。

★★★ Excellent!!!

同作者様の快作、『手首蒐集家』のセルフパロディとなっています。パロディだけあって、タイトルも似ていますね。
しかし、たった一文字違うだけで、受ける印象も全く変わってくるように、中身にもやはり大きな違いが出ています。

本家が猟奇的なら、こちらは変態的。本来ならおどろおどろしい事件にも関わらず、くだらなくも笑える内容となっています。

★★★ Excellent!!!

タイトルに惹かれて読ませて頂いたのですが、凄まじくて読みながら始終乳首について思考させられました。本当に乳首です。乳首なのですよ。乳首!
ここまで濃厚に乳首について描かれた、壮大な乳首の物語が存在するなんて思ってもいませんでした。
乳首を中心によくここまでの恐ろしくおぞましい人間性を書けるなあと感動すら覚えます。なのに登場人物達の乳首のやり取りに笑いもとまらず……会話のさせ方や地の文の強弱の付け方が素晴らしく、読者を惹き付けるのが大変お上手だと惚れ惚れしました。
読み終えたあともしばらく乳首が離れず、また覗きたくなってしまう一種の中毒性を感じます。
なにより、ルビの使い方が驚異的で、頭の中を見させて頂きたいくらいです。
つい乳首のインパクトに思考を支配されてしまいますが、表現力が高くルビを駆使した高度な言葉遊びに圧巻させられ、内容も人間の奥底が覗ける深いストーリーです。表現力や工夫を凝らす技術力が高いからこそ、ここまで乳首を読者に印象付けられるのだと思います。文章であり、同時に芸術のような作品です。
乳首から読ませて頂いてしまったので、皆様の言う手首のほうも読ませて頂きたいと思います。

★★★ Excellent!!!

「手首蒐集家」でも目が覚めるほどの「手首」を味わわせていただきましたが……さらにあの世までついてきそうな「乳首」の嵐。

手塚も相当危ない人ですが、この二人が揃った本作はもはや追随を許さない境地へと突入しています。

ある意味、芸術と賞すべき作品です!!

★★★ Excellent!!!

前作は「手首」を使ったスタイリッシュなサスペンス。
日本の社会に潜む問題点を鋭く深く抉り取り、現時点で芥川賞最有力である。

その作者が、ついに海を越えた! 
その器において、日本という国は狭過ぎたのだ。
何しろ今回は「オパーイ」である。ついに世界進出である。

男子にとって三度の飯より大切で、元旦には参り、魔物と戦うときはヴァルキリーよりも祈りを捧げる崇高な存在。
そんなオパーイは世界共通言語だ。
3話にしてすでに、緩慢な滅びの道へ進む人類に警鐘を鳴らすあたり、さすが社会派である。

真面目に凄いと思った文章が、
>胸は服に隠れていて、表情は見えない。
こんな名文、お目にかかれるのはこれが最初で最後だ。

そして作者の真骨頂・ダイナミズムが、作中でいきなり「乳首って乳輪含めますか?」と堂々と読者に問いを投げかける点である。

つまり作者は本作において、何ら「答え」を読者にあたえない。
読者が日本、引いては世界を見渡し、自身で問題に立ち向かう「知識」と「勇気」をあたえてくれる。



Presented by 宇素田 要

★★★ Excellent!!!

詳細は作品を!世界でも類を見ない異色のバディ小説です!断言します!こんなコンビあなたは見たことないはずだ!おすすめです!





前作、手首集家のパターンをなぞりながら飽きさせない新しい試みがたくさんあって楽しめます。もしかしたら手首は好きじゃないけど乳首は好き!みたいな現象も起きて来るかもしれないですね。両方読んだ方が楽しいです!乳首探偵の充実ぶりは、まるで手首集家が壮大な前ふりにさえ思えて来ます!まず!読んで見て下さい!この結果を見逃すな!





単なるパロデイに終わらず、作品の中に新しい試みがたくさんあって、前作を読んでいない方でも楽しめます!でも両方読んだ方が絶対に楽しめます!おすすめです!


見事なセルフパロディです!手首集家から先に読んだ方がいいかも知れません(〃^ー^〃)合わせておすすめです!