鬼塚守

作者 松 詩桜

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 後編へのコメント

    最後まで不思議な空気感のお話でした。
    菫ちゃんの正体はぼかされたまま。異常な強さの秘密も謎のまま。単なる責任感ではここまで強くなれないはず……捨てられていたという出自、さらに「死人」と自称しているのも裏がありそうです。
    例えば鬼塚から生じた化身、土へと還った今までの剣士たちの想いが具現化した姿、なのでしょうか。

    作者からの返信


    織田崇滉様

    お久しぶりです。
    いつもコメントをくださって、本当にありがとうございます(^^)

    「儚い神秘的な女の子」といってもらえて、そう受け取ってもらえて嬉しいです。
    「裏がありそう」というコメントには「織田さんらしいなぁ」と思ってしまいましたが(笑)
    でも、織田さんが考えたような書き方をしたほうがより昭和的というか、そんな雰囲気になったのかなと思っています。
    塚から離れられぬ霊、無念の鎮魂のために強くなり、同じ剣の道を進もうとする生者の妬みで死へと引きずり込む……というような。

    この作品はあまり深く考えずに自然体で書けた気がして(深く考えないのはあまり良くないことかもしれませんが)楽しかったです。
    改めて、コメントをくださってありがとうございました(^^)

    2019年7月31日 21:54

  • 前編へのコメント

    不思議な雰囲気。
    儚い神秘的な女の子を書くとやはり抜きん出ていますね(^ ^)