消失世界

作者 不破有紀

「絶対」に彩られた儚き世界で

  • ★★★ Excellent!!!

意識を分解して電子的に再構築する。
認識を確たる物とする『電脳化』技術。

五感を補完する、互換で保管するその技術に活かされて生きる人々を描いた作品。

“数値”よ、人々を導く「絶対」で在れ。

そこにいながらそこにいない。
絶対の定義に支えられた筈の『わたし』と言う曖昧な現実。

喪失した正解=「消失病」が『わたし』を喰らい尽くす。
儚き<現実>を提示する。

『消失世界』で君を待つ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

@seas0さんの他のおすすめレビュー 138