第5話 本がかわいそう

 その事件は、ある大手新聞社の朝刊の地方版の紙面に小さく掲載された写真からだった。……それは、ある図書館の外壁に取り付けられた返却ポストから戻された本が、建物の中の大きな箱の中で無造作に溜まっている状態を撮影した写真だった。題名は『本がかわいそう 某町立図書館の現状』となっている。


 特徴的な赤レンガの建物は、明らかにこの鳴滝町立図書館であった。確かにこの返却ポストと返却ボックスの状況は何とかならないか図書館でも度々問題になっていたが、返却ポストそのものが建物に付随しているものなので、出来る対策は限られていた。


 朝9時になると予想通り、役場の生涯学習部の間野部長から電話が入る。吉田館長は今日、遅番であったが、朝自宅で新聞を読んでこの記事に気付くと、急いで出勤していた。

「――間野ですけど、館長いる?」

 今日の間野部長はいつものような落ち着いた口調ではなく、少し早口だ。

「……はい、吉田です」

 吉田館長も緊張した面持ちで電話に出る。

「あっ、はい。じゃあ状況報告書作って、昼から、はい、分かりました」


 ふぅ、吉田館長は電話が終わると深いため息をついてから、

「写真って、そこの隣の窓から撮ったんだよね」

 と言って、吉田館長は指を差した。

「そうみたいですね、おそらく休館日でしょうね。写真撮ったのは」

 田中副館長は、窓を見ながら話している。

「とりあえず、隠すのも変だけど、カーテンでもしようか。今日の新聞読んでから、興味半分で見にくる人がいるかも知れないから……」

「――じゃあ、僕がホームセンターで買ってきます」

 いつもはのんびりしている横田さんがそう言うと、足早に車で買い物に出かけた。

「あと……、状況報告書なんだけど、昼過ぎに役場に持っていかなくちゃいけないから、午前中に長谷川君まとめてくれる?」

 と、僕に向かって言ったので、

「はい、分かりました」

 と、返事をした。


 ――図書館の返却ポストというのは、基本的には図書館が閉館している間に本を返しに来た人が利用するものである。通常、外に本を入れる投入口があって、そこに返却する本を入れると、その開口部の建物側のローラーを滑って、建物の中にある大きめのサイズの返却ボックスの中に入っていき溜まっていく。箱の底までは深さがあるので、どうしても本が落ちるときに損傷しやすくなる。その為、鳴滝町の図書館では、箱の底には衝撃を和らげる為に座布団が重ねて置いてある。……それでも、溜まった状態というのは正直、綺麗なものではない。


 今回はその溜まった状態を建物の外の見える場所からカメラで撮影されたようであった。


 箱の底板が最初は上の方にあって、本の重みで少しずつそれが沈んでいく荷重沈下式ボックスというものがある。それの上蓋の付いたものであれば、上からも見えない仕組みになっている。しかし、数十万もする高価な物で、図書館でも購入を検討していた事があったが、役場の財政部で却下されていた。


 図書館の状況報告書に添付する写真を撮る為に、カメラを持って図書館の外に出ると、新聞を読んだ何人かが携帯で返却ポストの写真を撮影している。

 僕が図書館の職員用の出入り口から出てくると、写真を撮影していた人達は、少し離れた所に移動した。そして、僕が返却ポストの外観から撮影する場所を探していると、遠巻きに見ていた男性の1人が、突然言葉を発した。

「税金で買った本なんだからな、大切にしろよ」

「はい……、すいません」

 僕は、頭を下げてから、写真を数か所撮影して館内に戻った。


 そして事務机に座り、僕は小さくため息をついてから報告書の作成を始めると、

「去年だっけ? 荷重沈下式ボックスの見積り書をもらったの」

 と、吉田館長が訊いてきた。

「一昨年ですね。……さっき、業者さんに電話して、今日の日付にした見積書を午前中にメールしてもらえるように頼んどきました」

「おー、ありがとう、それを持って行くわ。図書館でも対処法考えていますって言っとかないとね」


 すると、1階のカウンターから内線が入り、吉田館長が受話器を取ると、

「はい、……分かった。上にあがります」

 と、沈んだ声になって返事をしている。

「どうしました?」

 僕が、心配そうに訊くと、

「今日の新聞の件、説明しろって、ご老人が来てるってさ」

 と、げんなりした様子で吉田館長は言って、席を立った。

「そうだ、お詫びの文章でも貼っときますか? カウンターの所にでも」

 僕がそう提案すると、館長は頷いてから、

「そうだな……、ちょっと文面の案作っといて、後で見るから……」

 と話した。

「分かりました」

 そう言うと、吉田館長は足が重たそうに階段を上がって行った。


 その寂しそうな吉田館長の後ろ姿を見ていると、隣の席で返却日を過ぎた利用者に、電話で督促をしていた吉岡さんも、手を止めて、

「館長も大変ね、今日は」

 と言って、気の毒そうな顔をしている。

「そうだね」

 僕は苦笑いをして、

「そう言えば、さっき横山町の貝原さんからも電話があってね。返却ポストの裏側なんてどこも同じだよって言ってた。……でも、うちの新聞記事のおかげで、荷重沈下式の予算が付きそうだってお礼言われたよ」

 と話した。

「ははは、何それ」

 僕の話を聞いて、吉岡さんは笑っていた。

 

 ――この地域では、司書同士の交流が定期的にある。今日は周辺の公共図書館の司書から既に3件の慰めの電話があった。吉岡さんも、僕の1年後に図書館へ配属になった図書館司書である。その為、司書同士の交流会には僕と一緒に参加している。


 すると、吉田館長は疲れた顔で階段を下りてきた。

「報告書が出来ましたので、机の上に置いときました」

 僕がそう話すと、

「あー、ありがとう。じゃあ『丸ちゃん食堂』で定食を食べてから、そのまま役場行くわ」

 と言って、吉田館長は上着を着ると、報告書を封筒に入れてから、それを持って外へ出て行った。


 それから僕は、いつものように12時からのカウンターの業務を始めた。

 カウンターにいる間、図書館によく来る顔見知りの老婦人に、

「今日の新聞見たけど、大変ね」

 と心配そうに言われた。

「すいません」

 僕が謝ると、

「いやいや、まあ……ここも古い図書館だからね」

 と、彼女は右手を左右に振ると、周りを見渡しながら言った。

「そうですね」

 僕は、口元に笑みを浮かべながら頷いた。

「そういえば……、こないだ新しく出来た大崎町の図書館に行って来たけど、なんか工場の機械みたいなのが動いて、本を運んでたわよ」

「へえ……、そうなんですか」

「……早く、この図書館も新しくなるといいね」

「そうですね、でもいつになるやら……」

 僕が、首を小さく左右に振りながら言うと、

「ふふふ、そうね。鳴滝町は大崎町と違ってお金ないものね。……じゃあ、また」

 と言って、老婦人は微笑みながら去って行った。

 


 それから、僕はカウンター業務が終わり、休憩室で昼食を食べ終わる頃に、吉田館長が役所から戻ってきた。

「どうでした?」

 田中副館長が、事務室で吉田館長に役場の様子を訊いている。

「うん、まあそんなに大きな問題にはならないだろうって事だったけど……、もちろん町長には報告するみたいだけどね」

「まぁ……そうですよね」

「それで、荷重沈下式ボックスとこないだの盗難防止のゲートは来年度の予算で計上するって事になりそうだわ」

「あー、それは良かったですね」



 そして、横田さんが返却ポストの裏の作業を終えて戻って来たので、僕もその後に続いて事務室に入った。


「簡単に出来るかと思ったけど、手間が掛かりましたわ。結局、カーテンだとレールがうまく付かないから、ブラインドにしました」

「ああ、それはご苦労さん」

 吉田館長が、微笑みながら横田さんの労をねぎらうと、

「それで……、間野部長がね、多少お金が掛かっても、やらなければいけない事はやっていくから、ちゃんと意見してくれという話だったよ」

 と、全員に向かって言った。



 結局この件は、応急処置として、ボックスの下の座布団をさらに増やして、本が箱からあふれない程度に底を浅くして対応することになった。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます