第3話 児童コーナー

 僕が、各地の図書室を回り終えて戻って来ると、ちょうどパートさんが昼食休憩を取る12時近くになっていた。僕は、パートさんの休憩中にカウンター業務を交代する為、急いで準備をすると1階への階段を上がった。僕たち職員の休憩時間は、その後の13時からとなる。


 12時になり、カウンター業務をしていた浅野さんと、引き継ぎ事項の確認してから交代すると、サイドテーブルに返却処理をされた本が山積みにされて溜まっていた。僕は、それを分類毎にキャスターの付いた3段式のブックトラックという本用のワゴンに載せてから、カウンターの椅子に座った。


 お昼時間であっても、本を借りに来たり、返したり、本の場所を尋ねてくる人もいるので、カウンターでゆっくりしている時間はあまりない。僕が司書だと分かっている人は、専門的な質問をする為に待っている人もいるし、近所の知り合いの人なども気軽に話しかけてくる。そういう人たちとのコミュニケーションをとりながら業務をしていると、1時間はあっという間に終わってしまう。


 そして、13時になりカウンター業務が終わると、地下1階にある休憩室に入って、宅配で頼んでおいた弁当を食べる。僕は、料理に好き嫌いが無いのでいつもお任せだ。

 今日は14時から、桃山保育園の園児たちが来るから1時間の休憩は取れそうにない。しかし、京子さんが来るはずなので、僕の心は密かに弾んでいた。


 隣で一緒に弁当を食べている田中副館長は、さっきから大急ぎで口に食べ物を運びながら、

「紙芝居を読むのも、大変なんだよね」

 と嬉しそうに話している。

「……ただ、読むだけじゃないんですか?」

 近くのコンビニエンスストアで買ってきた、糖分の多そうなパンを食べながら、横田さんが何気ない調子で訊くと、

「ゴホン……、そんな簡単な事じゃないんだよ、横田君」

 と言って、田中副館長は、少し機嫌を損ねたように語気を強めた。

「そうですか。すいません」

 横田さんは、パンを口にくわえたまま、田中副館長の勢いに押されたように謝った。

 その様子を見て、満足した田中副館長は、表情を緩めて、

「感情を込めて、こう抑揚を付けて読むのが難しいんだよね」

 と、得意げに言った。

「うん、確かに、そうですよね」

 僕が、調子を合わせるように相槌を打つと、

「そうだろ? さすが長谷川君は、司書だから良く分かってる」

 と嬉しそうに彼は言った。

 ――司書は関係ないだろう、と内心思っていたが、ここでは黙っていた。

 すると、食事を終えた田中副館長は、さて、練習、練習、と言って楽しそうに出て行った。


「老人の変なこだわりってのは、反論しても面倒だからね」

 横田さんは、小声でボソッと言ってから、僕を見て薄ら笑いをしている……。



 僕は30分程の食事休憩をしてから、児童コーナーの様子を見る為に、1階に上がった。平日の日中は、老人と子連れの母親の割合が一番多く、小さい幼児を連れた母親は必ず何組かいる。


 ――築40年の鳴滝町の図書館では、過去数回の児童コーナーの小規模な改修を行い、その度に少しずつスペースが大きくなっていった。

 今では1階全体の5分の1くらいが児童コーナーのスペースになっている。児童用に高さが低く抑えられた2段か3段の丸みのある木製書架が並び、机も椅子も子供用に脚の短いものになっている。その他には幼児が寝転がって遊べるような6畳くらいのマットのスペースがある。


 今日は、そのマットのスペースに紙芝居舞台を置いて、園児たちは、靴を脱いでからその中に入って聞く形になる。


 僕は、児童コーナーにいる、幼児を連れた母親に声を掛けた。

「すいませんが、14時から園児たちが何人か来ますので、ちょっと騒がしくなりますので」

「あっ、はい、……何かイベントですか?」

「紙芝居をやるんです」

「あら、……良かったら一緒に聞いてもいいですか?」

「はい、どうぞ、……ただ、そこの読み聞かせの場所は園児でいっぱいになりますので、少し離れた場所からですが……」

 僕は、紙芝居をやる場所を指を差して説明した。

「分かりました。じゃあそこの机から見ます」

「はい、お願いします」

 僕は、頭を少し下げてそう言った。


 そして、事務室からさっき直した紙芝居舞台と演台を持ってきて準備を始める。田中副館長は休憩室で、さっきから紙芝居を読む練習に余念がない。彼はそれに今、生きがいを感じているようだ。



 ――そろそろ桃山保育園の園児が来るかな、僕が児童コーナーで準備を終えると、外でイベント用のポスターを貼っていた吉岡さんが、

「長谷川さん、園児が来ましたよ」

 と、僕を呼びに来たので、返事をして図書館の入り口に向けて歩いた。


 桃山保育園は、この図書館から歩いて5分くらいの所にある。しかし今日は、12名の園児たちを2名の保母さんが引率してくるので、10分以上かかっていた。


 入り口の所で僕が立っていると、京子さんともう一人の保母さんに引率されて園児たちがやって来た。京子さんは僕に気付くと、微笑みながら近づいて来て、

「今日もよろしくね」

 と小声で僕に言った。僕も微笑みながら、黙って頷く。

 そして、入り口で横に並んだ園児たちが元気よく声を揃えて挨拶している。

「きょうは、かみしばいを、よろしくおねがいします!」

 僕は、園児たちが挨拶をするのを見終わると、

「はい、ではどうぞ中へ入ってください。……他の利用者がいるから、静かにねー」

 と言って、手を広げて中に招いた。

「はーい」


 僕は園児たちの先頭で、紙芝居をするマットを敷いたスペースまで誘導をしながら、

「今日の紙芝居は『おばけのクウの小さな冒険』っていう、おばけの話だけどいい? かわいいおばけだけど」

 と、隣で歩く京子さんに話しかけた。

「うん、こわくなければいいよ」

「うん、大丈夫」

 僕は横目で京子さんを見て、微笑みながら頷いた。


 そして田中副館長が、自分で作った白いビニール製のお化けを見立てた衣装を羽織って事務室から上がってきた。背が低くて痩せている彼には、とても良く似合っている。

 それを見て、園児からは歓声が起きる。その笑い声を聞いて、彼はとても満足げだ。

 そして、彼は両手を広げてポーズをすると、準備された紙芝居を読み始める。午前中ずっと休憩室で練習していたからさすがに上手いものだ。園児たちも彼の話に引き込まれて興味津々で聞いている。


 その光景を微笑ましく見ていると、背後から島田さんが、耳打ちをしてきた。

「すいません、長谷川さん。さっき来た老人の男性が、子供がうるさいって……」


 やはり、来たか――事前にアナウンスをしていても、どうしても途中から図書館に入ってくる人はいる。来館する人の中でも、音に関して敏感な人は多くて、特に図書館の全てのエリアが、静かな所だという概念を持つ人にはクレームになりやすい。


 僕は、その場を離れてカウンターに向かうと、老人は明らかに不満の態度を表している。

「すいません、あと1時間程で終わるので、我慢してもらえませんか?」

 僕は、丁重にお詫びをすると、

「なんで図書館の中で幼稚園児に紙芝居なんて読むんだよ! しかも、あんな大勢で来て」

 と言って、怒っている。

「小さいうちから、本とか活字に慣れてもらうというのが、この図書館の方針ですので……」

 僕はそう言って、もう一度頭を下げると、

「――ふんっ」

 と、吐き捨てるように言って、老人は帰って行った。


「あの人、こないだも別の事で怒ってましたよね」

 島田さんが、僕の耳元でささやいている。

「まあ、しょうがないですよ」

 そう言って児童コーナーを見ると、京子さんが心配そうに僕を見ていたので、僕は微笑みながら頷いた。


 そして、田中副館長の紙芝居は大成功に終わり、彼は鼻歌交じりに後片付けをしている。

 園児たちも、あのおばけ可愛かったねー、とか口々に言いながら帰って行った。


 17時になり、僕は帰り支度をしていると、携帯電話にメールが入った。見ると、京子さんからだった。

 僕は、緊張しながらメールを開く。

「今日は、有難うございました。問題も対処してくれて助かりました。ではまた」

 僕はそのメールを見て、「いえ、大丈夫ですよ」とメールを送った後に、「今度また食事でもどうですか?」と追加の文面を作ってはみたが、この日は送信ボタンを押すことは無かった。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます