第2話 図書館司書として

 図書館が開館すると、僕は地下1階の事務室に戻って、自分の事務机でお茶を飲みながら昨日からの引き継ぎノートを見ている。


 図書館の館長や副館長などの管理職は、9時になると鳴滝町の役場の業務が始まるので、所属する生涯学習部からの電話対応で俄かに忙しくなる。どこの組織でも書類を出せ、報告しろといった事が、朝早くから起こるものだ。


 今日も僕が机に座っていると、役場の専用回線から電話が入った。

「はい、図書館の長谷川です」

「間野だけど、今日は吉田さんいる?」

「いえ、館長は今日遅番なんで、11時からです」

「そか、じゃあ……田中さんは?」

「あっ、はい、じゃあ代わります」

 僕は、電話を保留にすると、

「田中副館長、間野部長からです」

 と、隣の作業室にいた、田中副館長を少し大きな声で呼んだ。

「はい、はい」

 彼は新聞の整理をしている手を止めて、小走りで事務室に入ってくると、自分の机の電話に出た。

「はい、田中です……」


 そう言えば、今日使う紙芝居舞台の扉のところ壊れてたな――僕は工具セットを用意して、閉架書庫の奥にある物置場から紙芝居舞台を持ってくる。そして、壊れている場所を直そうと確認していると、

「長谷川君」

 と、電話を終えた田中副館長に呼ばれた。

「はい?」

 僕が作業室から顔を出すと、

「昨日また、最新号の雑誌が盗まれたんだって?」

 と言った。

「昨日の、引き継ぎノートに書いてありましたね、そう言えば……」

「間野部長が、入口の所に盗難防止用のゲートを買ったらどうだってさ。こないだ視察で行った横浜の図書館にもあったらしくてね」

「はい、でも……ゲートを買うだけじゃすまないですからね、本に磁気テープ貼ったりしなくちゃいけないから、結構大変ですよ。まあ、一応業者さんに見積もりしてもらいます」

「うん、よろしくね」

 そう言うと、田中副館長は閉架書庫に入って行った。


 

「よし、これで紙芝居舞台は直ったな」

 僕は直した紙芝居舞台を事務室の脇に置くと、ちょうど電話が鳴った。

「はい、図書館の長谷川です」

「大村小学校の吉井です」

「あっ、どうもおはようございます」

「本を探しといてもらいたいんですけど、今からメールしますので」

「分かりました」

「あるのだけでも今日の夕方取りに行くので、お願いできますか?」

「あっ、後で図書室回るので、その時でよければ持っていきますよ」

「あー、そりゃ助かる。じゃあお願いします」


 ――現在、鳴滝町には5校の小学校に2校の中学校がある。各学校には図書室があり、それに5館ある公民館の図書室も含めてネットワークが存在する。その各地の図書室の本の管理を町立図書館でしている為、こういった依頼は毎日のように入ってくる。


 11時前になると、遅番の吉田館長と横田主任、そして吉岡さんが出勤してくる。そうすると図書館の人手が増えるので、その頃になると、僕は車で各地の図書室の見回りに出掛ける。

 しかし、今日は大村小学校の吉井先生から頼まれていた本を届ける事もあったので、少し早めに外出するつもりだった。

 僕は、開架書架にある本を探し出すと、図書館システムで貸出処理を済ませ、ルート貸出用の鞄に入れた。そして、事務室で一声かけてから、業務用車の駐車場に駐めてある白い軽のバンに乗り込み、町内にある図書室を回り始める。



 僕は子供の頃から本が大好きで、学校が終わると毎日のように鳴滝町立図書館に来て本を読んでいた。

 そのうち、自然と本に関わる仕事に就くのが夢になり、大学も司書講習のある獨教大学を卒業し、司書資格を所得した。

 大学を卒業して就職活動をしていた時に偶然、鳴滝町の図書館の司書募集をホームページで見つけた。僕は、鳴滝町の職員面接の際に、司書資格を持っている事を面接官に伝えたら、役場の職員として採用された後に図書館司書として町立図書館へ配属された。


 司書というのは、国家資格であり、図書館や図書室で読んでもらう書籍資料の選定や管理をしたり、時には利用者の目的に応じた資料の提案などをする幅広い本の知識を必要とする専門職の事である。


 僕の考える図書館司書としての役割は、本を通じて鳴滝町の人々と交流をし、本の良さを広めていくことだと思っているし、そこにやりがいを感じて勤めている。



 大村小学校の吉井先生に頼まれていた本を渡し終わり、最後に大村小学校の隣にある大村公民館に立ち寄った。

 大村公民館は今ちょうど隣の駐車場のあった場所に新大村公民館を新築中で、来月には完成する予定であった。その中にある図書室も来月から移転が始まるので、今その移転作業の責任者でもある僕は、準備を始めているところだった。


 この大村公民館の図書室には職員は常勤してないので、この公民館の職員が兼務している。僕は移転全体の責任者でもある神田館長を訪ねた。

「こんにちは。図書館の長谷川です」

 カウンターの職員に声をかけると、そのまま事務室の奥に歩いて行く。そして、書類に目を通していた神田館長に声を掛けた。彼は僕の家の隣に住んでいるので昔からの顔見知りだ。

「おー、洋介君。そこ座れ」

 彼は、僕に気付くと書類から手を離して、ソファーを指差した。そして、近くにいた職員さんに振り返って、

「森田さん、ごめん、お茶持ってきてあげて」

 と、頼んだ。

「家具と什器の入札は終わりましたか?」

 僕はソファーに座りながら、神田館長に尋ねた。

「うん、業者は決まったよ。大分頑張ってくれたから安くなったわ」

 神田館長は笑って話した。

「じゃあ、図書室の本買えますかね……」

 僕は少し前屈みになって微笑みながら話すと、

「それは図書館の予算だろう? 公民館は関係ないぞ」

 と、神田館長は少し目を大きくして、口元には笑みを浮かべながら話した。

「ばれたか」

 僕は肩を縮めながら言った。


 職員の森田さんが、テーブルの上にお茶の入ったカップを2つ置いてくれた。

 神田館長は森田さんにお礼を言ってから、自分の分のお茶を一口飲むと、僕に指でもう1つのお茶の入ったカップを勧めながら、

「まあ図書室の家具は今回、相当良いものを入れたからな、それで勘弁しろよ」

 と言った。

「そうですね、綺麗な図書室になって、もう少し利用者が増えると良いですね」

 僕はそう言って、お茶の入ったカップに口をつけた。

「ここは、隣に小学校も中学校もあるんだから、もう少し子供の利用者を増やさないとな」

「……うん、そうですよね。その為に、小中学生向けの本を今度は増やしていますから――あっ、そろそろ行かなきゃ。じゃあ、来週図書室の移転の打ち合わせに来ますのでその時、またお願いします」

「おっ、分かった。来週よろしくな」

 僕は、神田館長に軽くお辞儀をしてから、大村公民館を出た。


 今回のこの図書室の移転は僕にとっても初めての経験なので、とてもやる気になっていた。もうすっかり外観が出来上がっている新大村公民館を見ながら、僕は図書館に戻る為、車を走らせた。






  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます