第14話:しっかりと背負って

 冬の早朝の空は、まるで深海のように深い深い藍色で、見つめていると沈んでしまいそうだった。東の空に向けて明るい色になるグラデーションが綺麗だ。吐き出す白い息は、水の中で浮かぶ泡のみたいだ。

 夜明け直前のほうが、深夜よりも人が少ない。耳を澄ませば、どこか遠くから車が走る音が聞こえた。それもだんだん聴こえなくなり、一瞬だけ静寂が訪れる。

 風が吹き、建物の間を通る風が騒ぐ。葉っぱが落ちきった木の枝が風を裂く音が、ひゅうと心に差し込んだ。

 後悔するな。

 間違ってなんかいない。

 自分にそう言い聞かせながら歩く歩道は、いつもより二割り増しで冷たく感じた。

 僕は奪った。それを無かったことにはもう出来ない。だからせめて、正しかったと信じよう。

「よう。すっきりした顔なのか、今も悩みまくってる顔なのか、それはどっちよ?」

「後悔したくない顔……かな」

「いいねぇ。青春だ」

 楽日がいる病院の駐車場で、父さんは紫煙を燻らせて言った。

 冬空の空の下に、煙草の赤い光が軌跡を描く。

 昨日僕を追い返した時の父さんの、溶岩みたいな重い熱は冬の空気に冷やされて、じんわりとした温かさだけが内に残っているようだった。

「俺はお前が死んだら、楽日を恨むぞ」

 咥えた煙草の赤がひときわ強く光り、ゆっくりと空気に揺れて灰が落ちた。

 悲しそうな声に、できる限りの優しさと誇らしさを混ぜて、父さんの言葉が駐車場で転がる。

「――ま、つっても、止めねぇんだけどな?」

「止めないんだ」

「止めたいさ。楽日を今すぐ安楽死させて、例え誰に恨まれようともお前を守りたい。でも、同じぐらいにお前の邪魔をしたくない。悩みに悩んで、すっっっっっげぇ考えた結果、父さんはお前の背中を押すことにした。誰よりも大切なお前が、決めたことだ」

「……ありがとう」

「あーあ……てめぇ後で覚えとけよ。ぶん殴ってやる。親不孝者が」

 父さんは僕の頭を腕で挟み、逆の手でぐりぐりと撫で回した。雑な愛情表現が心地よくて、こうしてもらっている今が心地いい。

「大丈夫。父さん。大丈夫だよ」

「お前の大丈夫は当てになんねえよ。ま、いいや。とにかく、お前がやりたいようにやればいい。早く行け。こうしてお前といたら、俺の気が変わるぞ」

 僕を離した父さんは、僕の背中を思いっきり叩く。

 ちりちり痛む背中が熱を持った。

 僕を送り出した父さんを振り返ると、「あ」と思い出したように言う。

「俺が教えたって言ったら楽日めっちゃ怒るだろうから、秘密な?」

「……締まらないなぁ」

 父さんは、歯を見せてニッと豪快に笑って、煙草の煙を冬の空に泳がせた。


 ――――――――――


「父さんが教えてくれたんだ」

「言わないでって言ったのに……!」

 僕を見てあからさまに顔をしかめた楽日に、僕は迷わず父さんを売った。

 昨日繋がれていた点滴や電極は全部外されていた。ああいうのは、必要だからされるものだ。必要なくなったら外されてしまう。どうしようもなく、手の施しようが無ければ、後は負担を減らすことのほうが大切なのだろう。

「帰りなさい」

「嫌です」

「も、なんで来るのよー……。あんたが来るのが分かっていたら、私が逃げたわ」

「この寒い中それは駄目だって」

「そうだけどさー……」

 楽日は病室のベッドに正座する。唇を尖らせる彼女の表情は、今まで見ていたものと変わらない。体の中がボロボロだと思えないほどだ。顔色も悪くないと思う。

 そんな楽日は、人差し指を実にゆっくりとした動きで僕に向ける。

「駄目」

「えーっと……?」

「帰って」

「ごめん。それは出来ない。あと、楽日のそれ奪うからよろしく」

「だーから! そうなるから駄目だって言ってんのよ!」

 病院だからだろう、抑え気味に楽日は叫んだ。

「そう言われてもさ、色々悩んでたはずなのに、楽日の顔見たら簡単に『ああ、間違ってないな』って思っちゃって。僕もかなり分かりやすい人間だったみたいで」

「どういうことよ」

「そうだなぁ……」

 色々考えたのも、悩んだのも結局、楽日が大切だったからなのだ。単純に死んで欲しくなかった。隣に居て欲しかった。それだけだ。

 で、なんだっけ。ああそうだ。


「僕の子供を産んで欲しくて」


「ぶっ! えほっ! あ、え、なに……を……!」

「うん。言葉にすると吐きそうなほど緊張するね。うん。駄目だなぁ、これ」

 楽日に言われたお返しに言ってみたけれど、これは駄目だな。ムードも何もあったものじゃないのに、それでもここまで緊張する。

 僕の顔が熱くなっていく事はもちろんのこと、それ以上に赤くなった楽日は、目に涙を一杯に溜めていた。それはどういう涙だろうか。

「何で泣くのさ」

「恥ずかしいのよ……! 馬鹿……! この……ばか……!」

 羞恥に任せて僕を叩いてくる楽日。恥ずかしいのは僕も同じなのだから、許して欲しい。楽日の病室が個室でよかった。

 シーツもベッドも壁も白い部屋で、楽日の頬は真っ赤だった。きっと、僕も赤いだろう。

「だから、楽日には生きて貰わなきゃ困る。だから、奪う」

「でも……それじゃ禄が……」

「睡蓮がくれた」

「…………え……?」

「睡蓮がさ、くれたんだよ」

 楽日の顔から赤みが引く。僕の言葉を理解するや否や、また僕を殴った。

 でも、楽日の手には全然力が入っていなくて、だけど、今までで一番痛かった。

「……」

「楽日?」

「…………何言えばいいか……わかんないの……」

「きっと『ありがとう』でいいんだよ」

「納得できない」

「しなくてもいい。忘れなければ、それで」

「馬鹿ばっかり……」

「そうだね」

 クロを呼ぶと、黒い狼はつい、と僕を見上げた。あとは、クロに命令するだけで全部終わる。

 楽日はそれでも止めてくるかと思ったけれど、何も言ってこなかった。クロは足音も無く、楽日に歩み寄り、頭を擦りつけた。ふわふわの毛を撫でて、楽日は溢す。

「……ありがとう……かぁ……」

「納得なんて出来ないよ。それでも、これから先、間違ったとだけは思わない。後悔だけはしない。僕は、楽日と睡蓮から奪ったことを、後悔しない」

「うん……分かった」

「それじゃ……いいね?」

「……うん」

 ――クロ、奪え。

 クロが走る。楽日を掠めた疾走は一瞬で終わり、僕の傍にクロが座った瞬間、とんでもない虚脱感と息苦しさが襲ってきた。

「く……かはっ……!」

「禄……!?」

「だい……じょうぶ……」

 ゆっくり蝕まれれば、自覚症状は少ないのだろう。だが、健康体からいきなり内蔵のあちこちをボロボロにすれば、これぐらいの苦しさがあって当然だ。覚悟はしていた。

 息苦しさは次の瞬間に緩和していく。内臓が修復されていく。楽日から奪った病と傷は、いつか見た睡蓮の腕の傷のように消えていく。

 一度乱れた呼吸はゆっくりと整っていき、一分もせずに何事も無かったかのように落ち着いた。

「禄……? 大丈夫……?」

 心配した声が僕を包む。「大丈夫だよ」と微笑んだら、「よかったぁ……」と楽日はほっと胸を撫で下ろした。

「楽日は? どう?」

「健康ってすごいわ」

「それはよかった」

 自分の体に触れ、楽日は驚いたように言った。僕が一気に苦しんだのと同じように、楽日も一気に辛くなくなったのだろう。いや、自覚症状が無いって言っていたから、体が軽くなったように感じたのかもしれない。

 僕と自分の体が無事なことに安堵した楽日は、クロの頭を撫でた。

 それから、ゆるく握った拳で、僕を軽く突いてくる。

「ばか」

「ごめん」

 俯く楽日の顔は、どこか翳っている。素直に喜べないのは、僕も同じだ。睡蓮が終わりを望んだのだとしても、僕と楽日は、彼女を犠牲にしたという自責の念からは逃れられないだろう。

 僕は、一生背負って生きていこう。自責の念を持っても、それ以上の感謝を忘れないように。

「これからどうしようか」

「今はわかんないわよ。はっきり言って、大混乱。私、つい数時間前に目が覚めて、あんたのお父さんに『内臓ボロボロ。どうしようもない』って言われたのよ? そしたら今度は禄が来て、これだもん。死の宣告に絶望する暇も、状況を理解する間も無かったわ」

 楽日は大きく息を吸いこむ。

「ね、禄の家に行こ。勝手に抜け出したら怒られそうだけど、睡蓮、眠ってるんでしょ?」

「……うん。そうだね」

 病院着の楽日に自分が着てきたコートを渡して、外に出る。

 空はもう白んでいて、楽日と僕は白い明かりの下をゆっくり歩いた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます