俺たちの歴史は給湯室から始まったと言えるのかもしれない

作者 一式鍵