小説の『天才』を発見して世に出すにはどうすればいいか考えてみる

作者 こりい(古里衣)

54

20人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

面白いですね!!とゆーかこんなしっかりとした自己啓発本の類いが無料小説投稿サイトに落ちてて良いんですか!!

身辺の関係でランキングを徘徊していたところ、ちょっと目について、読んでみたらビックリしました。
ランキング一位にあったので沢山ページがあるのかと思いきや、まだ更新序盤なようで少しだけ残念。無限に読みたかった。。

この本は作家志望者がどんな気持ちで作品を書くべきか、という断片的な評論ではありません。世の天才作家たちはどう生きているのか、そこに言及と考察を重ね、だからと言って読み手にその価値観を押し売ることはしません。
 でも、新人作家だとかまだスタートラインに立っていない作家志望者も、間違いなく見習うべき先例たちなんですよね。そこから学習を得て、自分なりに噛み砕いて実践に繋げよう、と思える人は読んでて面白いでしょう。

人によっては受け入れられないかもです。何でもかんでも“凡人”って言葉で諦めちゃう人とか、“努力”の意味を疑う人だとか。大学生以上の人向けだと思います。

僕は大好きでした。本田宗一郎、松下幸之助、松田公太、柳井正……世の成功者の多くは、自分達の意見より世間のニーズを尊重し、迷った時は自分の信念を押し通しました。それを知っていた僕はまず、1話目を読んだ時点で死にました。好きです。

それから何話目か忘れましたが、イイ人は意見を求めるな、これにも同意です。批評に対してすぐ傷付いてしまう繊細な人、情報の取捨選択が出来ない人は、批評を求めるべきではないです。

最後に千と千尋の神隠し。もう、なんというか、僕もこの本が書きたかった!ってくらい同意でした。でもまぁ、書けなかったでしょうけど……。

ここまで書いてあることが全て自分の創作理念に適っていると、気持ちが良いものですね。これからも読むんで更新待ってます。

★★★ Excellent!!!

どんな作家にも書きたいことがあるから、書いているはず。
でも、その『書きたいこと』がみんなの感性とズレていたら?

そんな埋もれた、才能あふれる作家さんにお勧めするのがこの作品。
小説を書く人はもちろん、日々の生活で伝え方に困っている人なら参考になる内容です。