day -10:イイやつ

一週間と三日前。


 懲りる様子も見せず、また一週間が始まった。

 目覚し時計を止めて、しばらく停滞。その後起床。

 制服に袖を通し、食卓に着く。母の用意した朝食は簡素なものだが、不味くはないし――何より朝食を用意してくれているというだけで、感謝に値する。感涙のあまり視界がぼやけるほどだ……なんて、眠いだけだが。

 野菜ジュースを飲み干した。

 食べ始めた所で、父親は会社へと出勤していった。ニュースを映すテレビで時間を確認すれば、僕もあと二十分の内には出かける必要がある。

 昨夜のおかずの残りが多い。

 卯生やら渡砂やら毬雲やら、他人についてばかり意見しているのも不公平なので、翻って見て自分はどうなのかと考えてみる。僕が育った家庭は良くある両親共働きの家庭で、両親ともそれなりの教養と学歴を持ち、健全な教育を僕に施し、健全な教育を受けられるだけの教育費を提供してくれている。一人っ子である僕に、しかし重荷となるほどの期待をするわけでもなく、かなり好きなように生きられるだけの自由を許してくれている。家庭内での会話も途絶えず、夫婦喧嘩を何度か見てはいるが離婚するほどでもなく、仲睦まじい良い家庭なのだ。

 だから、もし僕が異常だったとしても、それは両親や家庭のせいではない。

 僕が自殺したとしても、それは僕の責任であって、両親は余計な心を砕く必要などないのだ。

 箸を置いた。

「ごちそーさま」

「はーい。後五分よー」

「うぃーす」

 顔を洗い、口を漱ぎ、キシリトールのガムを噛み締めて、バッグに教科書を放り込み、靴を履いて、包み紙でガムを包み、ゴミ箱へ捨て、玄関のドアを開ける。

「はっしれー」

「いてきま」

「いてきな」

 後少ししたら母親も家を出るはずで、慌しい毎日である。

 変わり映えのない朝の空気を吸い込んだ。



 *   *   *



 のんびりと一日が過ぎてゆく。当然のように、保呂羽卯生は出席していた。昨日のメールについて聞いてみようかとも思ったが、それほどのことでもないだろうと思い直し、やめておいた。いくら幼馴染といっても、もはや他人同士。同じクラスとはいえ、席が近いわけでもないし、きっかけのない話題で盛り上がるほどの友人でもないわけだ。何より男子女子だし、活動圏が微妙に違う。

 二限と三限の間。

 二限の英語(会話)が早めに終わり、別段急ぐでもなく教室へ向かって歩いていた。会話の授業は別教室なのだ。と……、A組の渡砂が視界に入った。

 何をするでもなく人の目を引く奴ってのはいるもので、渡砂瀬々斗も間違いなくその素質を持つ一人だろう。一般人とどこが違うのかはわからないが、こう、視界に入ると思わず視線を向けたくなってしまう。カリスマ、とは違うか……役者体質、芸能人体質? 政治家の息子だからだろうか。どれにしたって、僕には備わっていない素質である。

 にしても、一人で歩いてるな。彼は友人連中に囲まれていることが多いってのに。A組の授業は終ったのか? そもそもなんで廊下をうろついて……あ、まずいぞ、こっちに気付きやがった。

 二限終了のチャイムが鳴った。

「よ。卯生の幼馴染君じゃないか」

 話し掛けられた。だから僕はアイツの付属品でもなんでもない。

「どーも」

「悪いな。あんな良い奴の彼氏をやらせてもらっててよ」

 人懐っこい感じの笑みを浮かべてくる。

 何で話題が卯生中心で、しかもそういう方面なんだ……と思ったが、よくよく考えてみれば僕はアイツに振られたばっかりだった。当の恋人である渡砂が、その出来事を知らないはずがないので……これは一種の気遣いというやつだろう。

 ならつまり、こちらもそれらしい対応をするべきか。

「いや……。まぁ、確かに僕なんかじゃ釣り合わないだろうしね。取り立てて取り得のない僕より、渡砂の方がずっと保呂羽に相応しい。精々アイツを幸せにしてやってくれ」

「おい、拗ねるなよ」

 渡砂はそう失笑した。しかしそれから、ちょっと考えるようにして繋げる。

「つっても……、卯生は可愛いし、優しいし、さっぱりしてるし、頭も良いし、明るいし……惚れるのもわかるな。俺が言うべきことじゃ、ないか。幼馴染君の言う通り、精々頑張らせてもらうな」

「……呼び方戻してくれないか?」

「おっと。悪いな、水梳」

 周囲を生徒の集団が通過してゆく。。

 しばしの、両者沈黙。人の波が途切れた所で、渡砂は言葉を続けた。

「――最近、有名人だよな」

「僕が?」

「お前がだよ。水梳軌跡君」

「……噂の的になってるだけじゃないか。恥の上塗りに次ぐ上塗り。下地の色が何色だったかなんて、もはや推測すらつかない。笑いたければ笑えば? 僕は気にしないぜ」

「だから拗ねんなって」

 ぱんぱんと肩を叩かれる。馴れ馴れしいというか……僕は真似できないコミュニケーションだよな本当。……なんて考えていたら、若干顔を近づけて渡砂は言った。

 斬り込むように。

「何か企んでるんだろ」

「――、いや……」

 何……?

 反応に一瞬詰まる。

「上手くやってると思うぜ、水梳は。多分ほとんどの生徒が――お前が『わざと』恥の上塗りをしていることに気付いてない」

「…………」

 渡砂を睨むようにする――が、無駄だ。自分の理論に自分で納得しきっている顔だ。卯生から聞いたのか……? いや、上手く行ってないといってたし……。それも嘘……ではないだろうな、あそこであの嘘をつく意味が不明だ。

 なら、自分で気付いた……のか。

「誰にも言わねーよ。言ったところで俺に利益はないわけだし、信用してくれ。あ、勿論ゆすったりするつもりもないからな」

 冗談めいて、そう言う。

 確認――して、おくか。

「……どうして気付いた?」

「面白ぇな、サスペンスドラマみてー。俺、結構ああいうの好きなんだぜ。ま……、何となくだよ。ここでもう一回拗ねられたら、はいそうですかごめんなさいで済んでた話だ」

「何となく?」

「……お前が学校休んでないからだよ」

「――あー」

 成る程。そこは気付いてしまえば、不自然に見えるところだ。

「これだけ恥かいてりゃ、不登校にもなりそうなもんだ。そうじゃなくても、休みがちになるくらいが自然だろ? 精神的に追い詰められるだけで、人間体調壊すんだから」

「体調が悪くて、精神的にも負い目があったら、簡単に登校を諦める……か。にしては、僕は健康的過ぎるってこと」

「ああ。つまり、恥をかいたとして、それを苦にしてねーんだろ」

「それは何かしら別の狙いが在るだろうから、ね。はぁん……なーる」

 コイツは名探偵か。

 だとしたら僕は、罪を認めて膝を折り、両手を床につかなきゃいけないのか?

「だからって他人に言うつもりも、ましてや理由を聞くつもりもねーから、安心しとけって。目に付いたから声をかけただけ。俺みたいに気付く奴もいるかも知れないから、気ぃつけとけよーって」

「どうかな……。渡砂みたいに勘が良い奴がたくさんいられるのも」

「俺を買いかぶるなよ」

 遮るように。

 ここで何故か、名探偵役であるはずの渡砂瀬々斗の方が――歪んだ顔を見せた。……何だろう? 卯生と上手く行っていないのに関係が……あるのだろうか。人懐っこい笑顔に、爽やかな立ち振る舞い、優れた洞察力、他人に深入りしない気遣い。勘だけじゃなく、良い奴じゃないか。

 と。三限開始のチャイムが不意をつくように響いた。

「おっと」

 見渡せば、歩いている生徒もほとんどいない。

「お。悪いな、引き止めちまって。じゃ――またな」

「……ああ、うん」

 さっと手を振って、A組教室へ向かう渡砂。

 僕もC組教室へと急ぐ。

 のんびりしていたところを、横から突然轢かれた気分だ。油断ならない。

 ただまー……、不登校はしづらいところがあるんだよな。両親に怪しまれる、つまりは警戒されてしまうと、選択できる自殺の幅が狭くなるからだ。方法を早いところ見つけてしまわないと、いけないってことか。そうだな……ぽろぽろ休む、くらいはし始めておいて良いかもしれない。

 渡砂の助言(?)を反芻しつつ、先生の居ないざわめく教室の中、席に着いた。

 次は数学か。



 *   *   *



 他に特筆することもなく、その日は終る。

 卯生は放課後何処かへ行ってしまったし、部活も無かった。

 そう思っていたら、メールが来ていた。卯生からだ。またもや無題。昨日のメールについて何かしらの説明でもされてるのかと思ったが、違った。しかし簡潔に、また、一言だけ。

「泣いてたよ」

 ……か。

 誰がもどうしてかも訊く必要はない。携帯電話をベッドへ放る。


 明日早速休むかどうするかを考えて、結論を出した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます