しごけ!耐えろ!偉人対抗イキ我慢選手権

作者 双葉屋ほいる

間違いなく名作でした。感動して鈴口から雫が止まりません

  • ★★★ Excellent!!!

「何が幸せか分からないです。本当にどんな辛い事でも、それが正しい道を進む中での出来事なら、竿の上りも下りもみんな本当の幸福に近付く一コキですから」

 灯台守がマイサンを慰めていました。

「ああそうです。ただ一番の射精に至る為に色々の悲しみも皆、思し召しです」

 青年が祈るようにそう答えました。

―――チン河鉄道の夜 『完』

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

@dekai3さんの他のおすすめレビュー 286