ぼくの大事な車が入院した件について

作者 紫藤 咲

嗚呼、素晴らしき哉、人生(かな)

  • ★★★ Excellent!!!

面白かった(語彙力ェェ)

まずこの言葉が読み終わって口から零れました。普通ならば思い出すのも嫌になりそうな題材な気がする。それを面白おかしく書いてしまうのは物書きのタフさを表している気がしてならない。

くすりと笑って、途中で背筋が痺れるような感覚を覚えた。怖いな〜 恐いな〜でした。

ハットリくんは出張鑑定してますか?って読みながら思った。

この作品は知っておくと為になることが沢山だった。これから先に出来れば経験はしたくないが覚えておくと良いかもしれない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

櫛木 亮さんの他のおすすめレビュー 105