天才舞踏家が神を斬るには

作者 國信

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全61話

更新

  1. 第一章
  2. 一話 天才舞踏家になれる
  3. 二話 戦神は諦めない
  4. 三話 この国では、芸術活動が禁止されている
  5. 四話 観たこともないくせに
  6. 五話 月が力を与えた
  7. 六話 ダンス以外はだいたい失敗する
  8. 七話 これだけは譲れない
  9. 八話 小さな動きも見逃さないように
  10. 九話 男のくせにびびりすぎ
  11. 十話 そんな奴はひとりもいねえ
  12. 十一話 良い姿勢の条件
  13. 十二話 とても許せることではない
  14. 十三話 覚悟があるから
  15. 十四話 お前が必要だと思う
  16. 第二章
  17. 十五話 まるで踊っているかのようだった
  18. 十六話 いかれた新人がいるってな
  19. 十七話 見損ないました
  20. 十八話 これが天才ってやつか
  21. 十九話 地獄に落ちるでしょう
  22. 二十話 隊長はお前を評価してる
  23. 二十一話 女装してくれ
  24. 二十二話 街で殺し合いが始まるかも
  25. 二十三話 手を繋いだら、もう大丈夫
  26. 二十四話 なんか怪しいなあ
  27. 二十五話 この容姿なら莫大な金に
  28. 二十六話 まともに吹けないよね
  29. 二十七話 どんな手を使ってでも
  30. 二十八話 美しい花にする
  31. 二十九話 今日、あなたに勝ちます
  32. 三十話 宮廷騎士になるまでは
  33. 第三章
  34. 三十一話 その姿、お似合いですよ
  35. 三十二話 私を恨んでくれて構わない
  36. 三十三話 衛兵なのだから
  37. 三十四話 潜入してきてほしい
  38. 三十五話 聖霊とともにある
  39. 三十六話 正義の行いだと信じている
  40. 三十七話 愛されてるではないか
  41. 三十八話 まさに指導だった
  42. 三十九話 どれだけ心酔させられるか
  43. 四十話 愚か者どもめ
  44. 四十一話 仕方なく衛兵になった
  45. 四十二話 まさかこんな感情を抱くなんて
  46. 四十三話 アイリスさんが、特別なんだ
  47. 四十四話 ずいぶん逞ましくなった
  48. 四十五話 敵の手に落ちてしまったのね
  49. 第四章
  50. 四十六話 芸術を愛する者
  51. 四十七話 初めての恋に浮かれている
  52. 四十八話 幸せだった
  53. 四十九話 すでに魅了されていたんだ
  54. 五十話 気配を殺し続けろ
  55. 五十一話 かつての戦神と同じ
  56. 五十二話 ダンスパーティが開かれる世の中
  57. 五十三話 家族思いの良い子
  58. 五十四話 他人を強く魅了すること
  59. 五十五話 第三支部の奇跡
  60. 五十六話 こんな戦場のど真ん中で
  61. 五十七話 体に異変が起こっている
  62. 五十八話 弟として、苦しませたくはないんだ
  63. 五十九話 体だけあっても意味がない
  64. 六十話 家族ごっこ
  65. 最終話 世界には僕ら二人だけ