【適当な選択は、妥協とほんの少しの思い切り】

第266話

【適当な選択は、妥協とほんの少しの思い切り】


 僕の世界とみんなの世界に

 ぼくが架橋を望んだ瞬間


 ぼくの本当も本当じゃなくなる

 ごちゃごちゃになる

 崩れてしまう


 僕にすがり続けるか、

 ごちゃごちゃに対して

 鈍感になるか


 崩さずに一生閉じこもって過ごすか、

 崩してしまって屋根のない空の下

 瓦礫の中で過ごすか


 どちらが適当かなんて

 今の私にはわかりません

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます