【自虐は突然】

第245話

【自虐は突然】


 叫んでいる


 助けて

 ぼくを助けて


 なにを言っている

 何も困っていない

 何も畏れていない

 何も死にやしない


 いったい何から

 守れというのだろうか


 叫んでいる

 助けて

 わたしを助けて


 悲痛で悲哀で悲愴な

 表情で声色で

 けれど

 笑いながら

 叫んでいる


 助けて

 わたしだけを助けて

 楽になりたいの

 楽をしたいのよ


 醜いね


 ああ、なんだ。

 私のことか。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます