【挫けそうな、いじけ。】

第237話

【挫けそうな、いじけ。】


 認めてもらえないことが怖いのではない。

 認めてもらいたい、という欲求が暴走することが怖いのだ。


 受け入れらないことが怖いのではない。

 受け入れられようと自分を歪曲させてしまうことが怖いのだ。


 虚栄。自尊。

 見栄。矜持。

 保身。我執。


 それらに支配させられそうな、

 愚かな自分が、薄弱で軟弱な自分が、

 孤独な自分が乖離していくその精神の瓦解が、

 なによりも怖い。


 躍るのではなく、踊らされる自分。

 そうなってしまいそうで、

 だから私は怯えている。


 自由に躍りたい。

 素直に舞いたい。

 夢中になりたい。


 それだけが、唯一の望む自分で、在り続けたい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます