【限定】

第232話

【限定】


 私に限って言ってしまうならば

 幾ら偉そうな言葉を吐いたとしても

 幾ら立派な理屈を捏ねたとしても

 幾ら清廉な思想を説いたとしても

 私が無能であることに違いはない


 垂れ流している能書き

 履き違えている能無し


 幾ら能書きを重ねても

 私は私で

 能無しは能無しだ


 何も変わりはしない

 偽りの騙りでしかない


 無常もない

 虚しさのみが心を濁し

 悔しさのみの沈殿を知る

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます