【わたよりもよわく】

第215話

【わたよりもよわく】


 身体が よわい、力が よわい

 心が よわい、意志が よわい

 だから よわい をぼくは認めた

 そして よわい と名札に 大きく 書き出して

 見られる 全てに 貼り付けた


 でもね

 勘違いを していたよ

 よわいから 許される と勘違い

 しっぱい しっぱい


 よわいに 覆われて 囲まれて 安心していた

 よわいに さえ 甘えているのだ

 だから ぼくは よわいのだ


 けれど 本当はぼく 強く なりたいみたい

 僕が 強くなりたい と つよく望んでいるから

 私が 強くなりたい と つよく考えているから


 だから ぼくは やわいだけ

 ぷにゅぷにゅ ほわほわ やわいだけ

 形が ちょっぴり 歪むだけ

 かたいが ほんのり 足りないだけ


 だから いいの

 これから 今から 戻るのだから

 歪んだ形を 戻すのだから

 やわく ぬくく ふわふわと

 ぶつかる 全てを 包ませながら

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます