【だっこ&りりーす】

第197話

【だっこ&りりーす】


 何も感じないように

 感情を排除する努力をしてみた


 込み上がる前に、笑いに蓋をし

 溢れ出す前に、悲しみを掬い

 吹き出す前に、怒りを冷やした


 けれど

 腹は減り

 喉は渇き、

 尿意を催し、

 眠気に襲われる


 どもれもこれもが

 実態の伴わない、化け物のようだ

 突き放すにもすり抜けて

 粘っこくも纏りつき

 切り裂いても虚しく空を裂くだけ


 定期的に私の元へやってきては

 無様な私を見下すのだ

 いや、もしかしたら私が

 奴等の元へ向かっているのだろうか


 その度に私は

 蓋をし、掬い

 冷やさなければならない


 これが生きるということなのか

 なんの罪があって

 こんな罰を受けているのだろうか

 なんの理由があって

 私は受け入れているのだろうか


 私は早く無に帰したい

 そう、だからこそ私は

 一番新しく、一番原始的な、目の前の

 この感情から順番に

 排除していかなくてはならないのだ

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます